ぷらりスナフキン~旨いもの探求徒然~


人生の楽しみの1つは美味しい食にて心と身体が満たされる事☆日々の飲食体験を綴ります☆どこへ行くかは…ケ・セラ・セラ~

2019年 新年のご挨拶

2019-01-03 14:06:09 | 日記

明けましておめでとうございます

平成最後の年末年始、いかがお過ごしでしたか?

ぷらりは…
年末体調芳しくなく、
ラムネみたいな丸い粒やカプセルを大量に頂いておりました

「美味しく食べる」っていうことがどんなに素敵な事か改めて再認識させられました

有難や有難や

イノシシのように猪突猛進なスタートは切れませんでしたが
お酒も美味しく飲めるまで回復
至福です

さてさて…
お正月を迎えるご馳走「おせち料理」について

おせち料理(御節料理)は、「御節供(おせちく)」という神様にお供えしていた料理が原型。

暮らしや食文化が豊かになると山海の幸を盛り込んだご馳走となり、また正月三が日に主婦を家事から解放するという意味を含め、保存の効く料理が中心となりました。
おせち料理は「めでたさを重ねる」という意味で基本は四段重ねになります。

◇一の重:祝い事にふさわしい祝い肴と口取り(酒の肴になる甘い料理)を詰めます。

・数の子…鰊の腹子で、子孫繁栄を願って

・田作り…片口鰯を畑の肥料として使い、田畑が豊作になったことに因み五穀豊穣を願います。五万米の字を当て「ごまめ」とも呼ばれることも

・黒豆…邪気払いの意と黒く日焼けする程まめに働けるようにとの願いを込めて

・たたきごぼう…地中深くに根を伸ばす牛蒡を食べて、家の基礎が揺るぎないものになる事を願って
・紅白かまぼこ…赤は魔除け、白は清浄の意

・伊達巻…形が巻物に似ている→知識が増えますようにとの願いを込めて

・昆布巻き…昆布は「よろこぶ」に通じる縁起物

・栗きんとん…黄金色に輝く財宝に例えて豊かな1年を願う料理
・ちょろぎ…長老喜、千世呂木と書き、長寿を願う
・錦玉子…黄身が金、白身が銀に例えられ財運向上を願って

◇二の重:縁起のいい海の幸を中心に焼き物を詰めます。

・鰤…大きさによって名前が変わる出世魚。出世を願います。

・鯛…めでたいと語呂合わせ。恵比寿様が持つ魚である鯛は、祝いの席の食卓を飾るものとされていました

・海老…長いひげをはやし、腰が曲がるまで長生きする、長寿を願う

◇三の重:山の幸を中心に、家族が仲良く結ばれるようにと煮物を入れます。

・れんこん…穴があいていることから、将来の見通しがきくようにと願う

・くわい…大きな芽が出てめでたい。また、子球がたくさんつくので子孫繁栄を願う

◇与の重:忌み数字とされている「四」は使わずに「与の重」とし、酢の物などを詰めます。

・紅白なます…水引をかたどって平安や平和を願います。

・小肌栗漬け…小肌はコノシロという魚の成魚になる前の名前で出世を願う。粟は五穀豊穣

◇五の重:年神様から授かった福を詰める場所として空っぽにしておくか、家族の好物や予備の料理などを入れるそうです。

代表的なおせち料理の紹介でしたが、各家庭ならではのおせちが様々あるかと思います。
ひとつひとつに意味が込められ、祝いの年明けにご馳走を頂くという日本の文化。
この素敵な文化を大切にして次の世代へしっかりと継承していきたいものです。

以上、豆知識でした


お雑煮

ぷらり家は和出汁に鶏肉、大根、人参、牛蒡、葱、舞茸、乾しいたけ、三つ葉、焼いたお餅を醤油ベース
仕上げにいくら
これを頂くと、新しい年がスタートしたんだなぁ
と実感


本年も徒然なるままに美味しいものを求めて食べ歩き、つらつらと書きしたためて参りたいと思いますので拝読くださる皆さま、どうぞよろしくお願い申し上げます
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« すしざんまい 仙台一番町店 ... | トップ | だし茶漬け えん エスパル仙... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事