井原すがこの想い

暮らしやすい町、安心して生活できることです
女性の声を活かします
一緒に考え、行動し、声を届けていきましょう

豪雨災害について 委員会で ・ 翁長前知事 県民葬

2018年10月09日 | 政治

 

   

県議会の常任委員会が始まりました。私は土木建築委員会に属しているので、本会議の一般質問で聞き足りなかった7月豪雨に関する県の対応と今後の方針などについて、少し詳しく質問しました。川の氾濫や土石流防止のための砂防ダムなどは、大変急がれる対策だと思うのですが、なかなか前向きな答弁が得られず残念でなりません。ダムの放流については、愛媛県のダムの緊急放流のような最悪な事態にならないよう、事前放流の方法を見直してほしいを要望しました。こちらもダムの利水に重点が置かれていて、災害のための安心・安全は後回しといった姿勢が見えてきて満足な返事がいただけませんでした。

山口へ通じる道路の並木は少しずつ色づいていましたし、空もすっかり秋でした。9月定例県議会は12日に閉会となります。

沖縄県の翁長前知事の県民葬が行われ、玉城デニー知事の言葉に胸を打たれましたが、総理の代理として出席した菅官房長官の追悼の言葉は何が言いたいのか・・・中身がなく空虚に響きました。

         クリックしてご覧ください

      後援会HP     議会報告28号      フェイスブック

コメント