goo

ぞうさんヴィオラ




黄色にブルーの縁取りのぞうさんヴィオラ、素敵な色です。
かわいいというより、ゴージャス感があります。
去年も思ったのですが、素敵なのに眺めていると、
ちょっぴり、悲哀を感じてしまいます。
人間の手で、種が出来ないようにされてしまったヴィオラ.........。
種が出来ない種は、F1種なども前からありますが、
F1種は種の袋などで確認しない限り、見た目では分りません。
でも、ぞうさんヴィオラは、種を結ぶことなく、ただ枯れていきます。
買って育てながら、こんなことを思うのも変かもしれませんが、
種子法廃止以来、種子のことが色々と気になります。
F1種は、「自殺する種」とも呼ばれていて、種が出来ると、
植物が自ら毒を出して、自分の種を殺すのだそうです。
何だか、イヤですね..................。
最近まで、F1種は園芸植物だけのことだと思っていたら、
食べている市販の野菜の8割りくらいはF1種と知って、
びっくり.............。
「自殺する種の野菜なんか食べて大丈夫なの?」と疑問...........。
ミツバチの減少は農薬のネオニコチノイドといわれていますが、
F1種も原因のひとつとして疑われています。
F1ではなく、種が出来る自然な品種は固定種といいますが、
来年から野菜を育てるなら、固定種にしようと思います。
種のこと、野菜のこと、食のこと.......色々考える日々です。



























コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 雑草のドライ... 雑草流フラワ... »