簾 満月「バスの助手席」

歩き旅や鉄道旅行のこと
そして遊び、生活のこと
見たまま、聞いたまま、
食べたまま、書いてます。

万座・鹿沢口駅(JR乗り潰しの旅・吾妻線)

2020-01-17 | Weblog



 吾妻線には18の駅があるが、その内の14駅が無人駅である。
有人駅は渋川、中之条、長野原草津口と川原湯温泉の4駅のみだ。
過疎化の進む沿線にあって、八ッ場ダム工事による沿線の付け替えが
なければ、廃線もやむを得ないと言われた時期もあったらしい。



 しかし沿線には、これだけ有名処の温泉を控え観光資源は豊富で、
その玄関駅としている割に、駅員が不在の駅ばかりではどうなのか、
と思ってしまうが、それは鉄道を利用して訪れる観光客が如何に少
ないかと言うことらしい。



 何年か前、二泊三日の温泉めぐりをした折りには、渋川でレンタカー
を借りて動き回った。
電車・バスを乗り継ぐより時間的にも効率的で機動的に行けるからだ。
旅行前調べたところ、バス代も結構に高いし、その割に便数の少ないと
ころも有り、更に乗り継ぎの利便も良くないときたら、公共交通機関の
選択肢はなくなってしまう。
時間がかかれば、更にもう一泊どこかで宿を取る必要があるから、勝負
は目に見えていた。



 長野原草津口駅を出て、群馬大津、羽根尾、袋倉に停車を重ねる。
ここら辺りまで来ると、周辺には山が迫り吾妻川の流れもより狭くなる。
やがて吾妻線の実質的な終着駅と言ってもいい万座・鹿沢口駅に到着する。
ここでは多くの列車が折り返し、この先の大前まで行く列車は一日2.5往
復しかない。





 万座と鹿沢が中黒(・)で結ばれているのは、駅名を決めるに当り、
両温泉の間で対立が有り、その折衷案を取ったからだと言う。
その万座温泉は、軽井沢の奥座敷として知られ、活動中の火山も近く
にある、標高1,800m地点にある温泉で、バスで45分ほどの距離だ。
又標高1,500mの高所にある鹿沢温泉までは、バスで40分ほどの距離ら
しいが、ここにはまだ行く機会が無い。(続)



にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村

コメント   この記事についてブログを書く
« 長野原草津口 (JR乗り潰し... | トップ | 終着駅 大前 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事