ロード・マーシャル時事報告場

ロード・マーシャルによる日記等である。閲覧するにはトップページにある警告(規約)に同意すること。

「メーデー!」フラグ対策(未完ループ)

2017-08-08 05:15:02 | Weblog
航空機事故調査番組「メーデー!」に湧く「メーデー民」なるものが、

事故機の機長が「ベテランでした」と言われると条件反射的に

「ベテランはフラグ」

と述べているが、案外これは正しい。

人間の信頼性ほど不完全なものはない。
ベテラン、すなわち慣れは、欠如を産み、大惨事を招く。

もちろん航空安全業界も対応している。

ベテランと新人をペアで組ませるのだ。
ベテランの安定性と、新人ならではの緊張感を両立させる方法だ。

しかしこれはベテランと新人との間にフラットなコミュニケーション関係が成立する前提が必要であり、
実際には新人がベテランに対して萎縮して事故が後を絶たない現状もある。

あるいは、コスト的な理由でそのような人員配置が出来ないこともあり、それが大惨事を招くこともある。
(とある空港で新人同士のペア(給与未払い過重労働)で飛行機が滑走路でひっくり返ったことも。)

資金難になると、真っ先に削られるのは実は目に見えない小さなことである。
しかしその小さなことが重大な意味を持っており、結果として「時間・コストの節約」のはずが「会社倒産」という事もある。

エンジンの取り外しに200時間かかるところを、ボルト4本で済ませて「カイゼンだ!!」とホルホルしてたら離陸中にエンジン脱落&脱落エンジンが制御系統すべて切った挙句に別のエンジンに激突、吹き飛ばし、その時点で如何なるパイロット(コンピュータ)でも墜落しかない事態に陥り、乗客乗員全員死亡(地上の人も道づれ)という事もある。

そんなわけで操縦要員の関係で運行上トラブルを起こしているユナイテッド航空が次の大事故を起こすのではないかと当ブログは推測しているわけである。
30年ぐらいかけた賭け、であるな。

もちろん、「万全」ほど「怪しい」ものはないのだから、「対策に満足」していれば、以前の日記にも書いたがそれは再発の第一段階である。


追記 イタリアファイター

ゲーム「ストリートファイター」では「俺よりも強い奴に会いに行く」的な言葉があるらしいが、HoI2においてそれは愚手である。
こと緊迫した情勢にしか手が出せないイタリアにとっては「俺よりも弱い奴に会いに行く」にも、相当の注意と覚悟が必要である。
スペインはいただくとして、ヴィシーフランスはドイツと同盟を結ぶ覚悟が必要だ。
ドイツと同盟を結べばソ連戦は避けられないので、如何にドイツの足を引っ張らずにバルカンをうまく食していくかも、かなりのテクニックがいる。
トルコを食ってバクーを抑えてソ連をガタガタにしつつドイツに寄与し、インド方面~中国に足を伸ばすのも手ではあるが、長大な海岸線の防衛が今度は頭の痛い問題となる。
イギリス本土を叩いての問題解決を図ろうにも、そこを守りきる兵站確保の観点から海軍力の増強は必須だ。

イタリアファイターでは、「俺よりも弱い奴に会いに行く」だけでも大変なのだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ハンニバル博士とエヴァキャ... | トップ | わずかな情勢を見つけて隙入... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事