ロード・マーシャル時事報告場

ロード・マーシャルによる日記等である。閲覧するにはトップページにある警告(規約)に同意すること。

終戦の夏、本音と建前の8月

2018-08-10 09:24:44 | Weblog
時期的に、終戦のニュースがちらほらと出てきた。

この時期は日本国民の、「本音と建前」、そして「甘さ」が良く分かる。
すなわち、

「平和、反戦」
を公式に宣言するのと同じ比率で、

「空襲、原爆の悲劇」
が重大視される。

このように不都合な結果に「本音と建前」で対処し、さらには「敗戦日」を「終戦記念日」とするなど、実に面白い。


まだ、
「全ては無駄であった
あらゆる犠牲もあらゆる労苦も無駄だった
果てしなく続いた飢えも乾きも無駄だった
しかも我々が死の不安に襲われながらなお義務を果たしたあの時も無駄だった
その時倒れた370万の死も無駄だった
祖国を信じてかつて出征して行った幾百万の人々
こんな事の為に兵士達は死んでいったのであろうか
こんな事の為に17歳の少年は沖縄の海に沈んだのだろうか
その後数日にして私は自己の運命を自覚するに至った
私は政治家になろうと決意した」

として、責任を誰かに擦り付けて騒ぐ方が生産的である。


加えて、この「日本ルール」でのアプローチが国際社会で通じると信じて疑わないこの「甘さ」よ。


こんな事の為に、我々は差別されなければならないのか。

まあ、「ナポレオンと同じ失敗はしない」と言った絵描き落第生と同じ失敗はしない、
と書いてみる。
あれだ、ブログでギャーギャー騒いだとて行動が伴ってない。
行動していないのなら、失敗もなにもないわけで。

以前述べた如く、現在日本社会がこのスタンスなら、こちらもその制度に則り対処するくらいだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 8月9日 | トップ | 8月15日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事