ロード・マーシャル時事報告場

ロード・マーシャルによる日記等である。閲覧するにはトップページにある警告(規約)に同意すること。

街頭演説

2018-09-15 07:26:23 | Weblog
午前6時台に法律を無視して街頭演説を行う、日本共産党や立憲民主党の言う「目的」ほど信用できないものはない。

実際法律を守っていない実績を絶賛構築中なので、彼らが政権を握れば「公約」はもちろん、既成の法律から憲法まで無視し放題であろう。

ああ、そういえば立憲民主党議員で元首相の管直人氏が硫黄島で「約束」した、「1柱(人)の遺骨も残らず回収する」という事について、全く音沙汰がないのだが、進捗状況について、管直人以外にも立憲民主党は公式に表明したらどうかな。


しかしまあ、ここは倭の国で、体験例を挙げれば「差別はしてはいけない」と「差別をする」が両立する不思議なところである。
2020年のオリンピックに向けて、少なくとも体裁だけは良くしようと必死なようだが、果たしてオリンピック後それがどうなるか楽しみである。
差別される側からの見方では、1936年ベルリンオリンピックの時のような、見かけを良くしようと一時的にユダヤ迫害を緩めたナチスなドイツと非常に似通ったものを感じる。

すぐに反動で「してはいけないけどする公然の秘密の締め付け」があるだろう、とまで予測。
健常者のいくらかも巻き添えを喰らうかもしれないが、そういうやつらを見かけたら是非大声で笑ってやりたい。
本音と建て前の陰湿さより、明朗な方が「人として良い」という「建て前」がこの国にはあるので、これはきっと「いい行い」になるに違いない(本音がどうあれ)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« リハビリHoI2(1941年冬まで) | トップ | 航空機×○属性 (追記 リハビ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事