ロード・マーシャル時事報告場

ロード・マーシャルによる日記等である。閲覧するにはトップページにある警告(規約)に同意すること。

自身の生物学振り返り

2018-11-17 08:25:58 | Weblog
当ブログが生物学を志した理由は以前述べたと思う。
また高校時代の「生物」は、全国的に見てもかなりの学力レベルにあったと、個人的には思っている。

しかしこれは本当に「好きだから夢中」だったかというと、良くも悪くもちがう側面が見えてくる。


生物に突出した成績を残していた反面、他の学力はあまり良くなかった。
(自称)進学校のなかであまり良くなかったのだから、世間一般での度合いは判らなかったが、これは私にとって一つのコンプレックスであり、一つの決断を下す理由となった。


「他の学力はもはやついていけない、ならば生物だけは絶対にトップをキープし続けよう」

という、ストイックというか、特化型の授業の受け方をしたのだ。

授業の合間の休憩時間は、友人が持ってきた生物の東大過去問(この友人もまた変、かつ面白い奴である)を解いてみるというほどに。

まあ、結果としてセンター試験その他が良かったので問題なかったが、ふと思う事がある。

「一つのことに特化しろ」

とよく“才能ある人”は言うが、なるほどそれは言葉では理に適っているが、果たして“一般人”が現在社会で生き抜くための手法足り得るのか、という点を最近、自身のこれまでの生物学を振り返って思う次第。
コメント