ロード・マーシャル時事報告場

ロード・マーシャルによる日記等である。閲覧するにはトップページにある警告(規約)に同意すること。

右翼にいる左翼予備軍

2018-05-22 04:30:00 | Weblog
よく第二次大戦の独ソ戦について、フィンランドをドイツ同盟国扱いすることに憤慨する右翼がいる。

ソ連の侵略(冬戦争)から土地を奪還すべく、ドイツとは異なるスタンスで戦争をした(継続戦争)と。

しかしこの文言は、共産圏の核はきれいな核という左翼の言い分に通じるところがある。

いかにそれまでにソ連がフィンランドに対して行った所業がひどくても、少なくとも1941年6月時点でフィンランドがドイツの供与を受けたうえに軍事通行権について許可し、
ソ連に侵攻した事実は、ソ連当局から見ればドイツ同盟である。

そのようなわけでフィンランドの起こす戦争はきれいな戦争、という一部右翼主張はそのまま左翼に通じる部分であるので、彼らは左翼予備軍と言えよう。
コメント