イタリア料理

今迄訪れたイタリアレストランやイタリア料理の事等を書いています。

ラッツィオ州 ヴィテルボ県 ヴィトルキアーノ町のレストラン カーサ イオッツィア(Casa Iozzia)

2020-02-19 13:06:39 | 日記
カーサ イオッツィア(イオッツィアの家)は、ヴィトルキア―ノの町から少し離れた、ヴィッラ サン ミケーレ(Villa San Michele)というホテルの中にあるレストランです。他にも、バジリコというカジュアルなレストランも営業しています。ふたつのレストラン共、シチリア出身の、ロレンツォ イオッツィアさんがシェフをしています。
カーサ イオッツィアは、シチリアの料理をベースに作っているそうです。

行ったのは、去年の10月の初旬で、入口の前にあったオリーブの木に実が沢山ついていました。


ホテルとレストランの入口。





モダンな店内は、最近多くなってきたテーブルクロスなしのテーブル。


トマト、アンチョビー、バジリコとパン。



スフィンチョーネ(トマト、タマネギ、オレガノ、アンチョビーのシチリアのフォカッチャ)。



エビのスポンジ。

リコッタチーズを挟んだパネッラ(ひよこ豆の粉をお湯で練って、揚げた、シチリアの料理)。

干し鱈のコロッケとジャガイモのピューレ。バルサミコ酢。










タコのサラダとバジルアイス。


ガスパチョと干し鱈のアイス、オリーブ、干し鱈の皮。


ウニ、ジャガイモ、コンブと抹茶の風味。



マグロ、ホタテ、豚の皮で作った、豚のバラ肉に見立てた料理。グリンピースとツナソース添え。


ホタテ、温泉卵とそら豆。

プランクトンで和えたリガトーニとタルトゥーフィ ディ マーレ(貝の一種)、カボチャのパウダー。


黒にんにく、レーズン、フェンネル、松の実、イワシ、パン粉のスパゲッティ。


スパートラ(太刀魚科の魚)とラズベリーの甘酢ソース。

フォアグラとポップコーン。





チョコレートとパッションフルーツ。





食後の小菓子。


コメント   この記事についてブログを書く
« そら豆畑 | トップ | 蕪、キノコとグアンチャーレ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事