イタリア料理

ブッラータチーズ

今日近くにあるオリーブの木を見てみると、とっても小さなオリーブの実がつき始めていました。



実になり始めのオリーブ。このまま大きくなって欲しいです。

今日スーパーに行くとブッラータチーズ(Burrata)が2割引きで売っていたので買いました。
ブッラータチーズは南イタリア、プーリア州のアンドリア町で作られたのが始まりだそうです。製造方法は途中まではモッツァレラチーズと同じで、まだ熱いモッツァレラチーズを袋状に形成して、その中にストラッチャテッラと呼ばれる、生クリームと細く切ったモッツァレラチーズを合わせた物を詰めて口を閉じて作られます。
一度アンドリアの近くに行った時に、出来立てのブッラータチーズを食べた事があるのですが、びっくりするほど美味しかったのを覚えています。




伝統的にはアスフォデルという植物の葉で包まれているのですが、それっぽく作られたビニール製。食べる前に常温にしばらく置いておきます。

重さは300gで、カロリーは100g当り217kcal。値段は約550円でした。
中華マン見たいですが、普通は上部の閉じた部分は巾着のようになっています。


中身は濃厚でとろりとしています。開封後は24時間以内に消費しなければいけません。




トマトと、トーストしたパンにのせて、オリーブオイル、黒コショウをかけていただきました。

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

コメント一覧

信天翁(あほうどり)
此方は午前3時なのでお早うございます。

いつも斬新な食材で心躍ります。
有難うございます。

事後報告になってしまいますが卵と野菜のトマト煮を自分なり気に作ってブログにアップさせました。もしお気を悪くさせるような記事の料理になっていたらゴメンナサイ。
subasio
信天翁(あほうどり)様へ
おはようございます。ご連絡していただきありがとうございます。ブログも拝見していました。丸ナスがとっても美味しそうです。お料理も美味しそうに出来て嬉しく思います。少しでもお役に立ててよかったです。
名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「食材」カテゴリーもっと見る