イタリア料理

イタリアのお菓子 ババ(Babà)

去年の暮れに、ナポリ近郊に住む友人がお土産に持って来てくれた、ナポリ名物のお菓子ババを食べました。
ババは小麦粉、卵、砂糖、塩、イーストを混ぜて練った生地を発酵させて、型に入れて焼き、ラム酒入りのシロップに浸したお菓子です。
硬くなったオーストリアのお菓子クグロフにワインとシロップを浸したものが、ババの原型だそうです。それがパリで、今のようにキノコ型にラム酒入りのシロップに浸したババが出来たのは、1835年だそうです。そしてパリで修業をしたナポリの菓子職人がナポリでババを作るようになったと言われています。





友人がくれた、カンパーニャ州サレルノ県にあるアマルフィ町の近くにある有名なお菓子屋さんのババ。このババは、ラム酒ではなく、リモンチェッロ(リモンチェッロは、ナポリの海沿い周辺が原産で、レモンの皮で作られたリキュール)で浸されています。原材料を見ると、リモンチェッロに使われるレモンは、アマルフィ周辺で作られる名産のレモンで、バーボンバニラと砂糖の代りにアカシアの蜂蜜が使われています。


食べる前に冷凍室入れておくように。と言われていたので、冷凍室入れておいて出してみると、シャーベット状になっていました。ラベルをよく見るとアルコール度数は15%(リモンチェッロは普通30%以上のアルコールが含まれていて、冷凍庫に入れておきます)。それで凍ってしまったようです。
でも少ししてすぐに溶けました。


ババ。親指程の大きさです。冷たいババを口に含むと、甘さは控えめで、レモンの皮のほろ苦い風味のリモンチェッロがしみでてきます。

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

コメント一覧

michi
こんばんは!暑い夏にぴったりのお菓子ですね😊先程、スーパーでマグナム個包装をみつけ、やったー!と思ったら、2€50、、、一旦保留にしました笑。
subasio
michi様へ
こんばんは。冷たくてリモンチェッロが爽やかでいいのですが、小さいとはいえ、何個も食べると、酔っぱらってしまいそうです。
マグナムアイス、同じヨーロッパでも、フランスは高いのですね。その値段だったらジェラート屋さんで食べた方がいいですね。
イタリアでは、バールで買って2€位、スーパーでは3個入りで4€50位です。
名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「イタリアのお菓子」カテゴリーもっと見る