赤ヘル応援記 ~「勝っても負けても」赤ヘルカープをこよなく愛するブログ~

2014年4月から始めたランニングについても綴っています。初フルで3時間35分、ベストは3時間23分58秒です。

 

<

山本浩二・衣笠祥雄・高橋慶彦・江夏豊らが在籍したカープ黄金期から応援し続ける関東在住カープファンの応援ブログです。
2014年4月、47歳から始めたランニングについても綴っています。初フルで3時間35分を達成、ベストは3時間23分58秒。さらに上を目指しています。

「優勝を目指す」 栗原健太カープで契約更改

2011-11-30 23:36:23 | カープを語る
4000万円増の年俸1億6000万 プラス出来高払いで一発契約。

カープ残留を決めた栗原健太がマツダスタジアム内の球団事務所で契約更改に望み、
来季への抱負を語ってくれました。

「すごく評価してもらった。優勝目指して1年間やっていきたい。」

今季は、終盤で打点王争いに加わりましたが、
開幕は5番で迎え、31試合目126打席目までホームランが出ないという辛いスタートでした。
4番に復帰したのもトレーシーが離脱した5月末。
その後復調するまでに多少時間もかかり・・・。
2年連続でホームランは20本を割ってしまいました。

それでもカープの4番として、ゴールデングラブ賞と初のベストナインに選出。
来季への大いなる期待を込めての4000万円増と言えるでしょう。
加えて打点での出来高付き契約。

「モチベーションになる。自信はありますよ。」

2012シーズンはぜひ開幕からシーズン終了まで4番を務めて欲しいものです。
そして初のタイトルも。

栗原健太が輝きを取り戻せば、きっと自ずとチームの成績は上がることでしょう。
きっと優勝争いが出来るでしょう。

「ずっとカープのユニフォームを着ていたい」と思ってもらえるように・・・。



現在カープ関連ブログランキングに参加中、愛すべきカープ同様にランキング上位を目指しております。
お帰りの際にはぜひバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 
2011年のシーズンが終わりました、お疲れ様です。このブログはこれからも変わらずカープを応援していきます。
今後もカープともどもよろしくお願いいたします。
コメント

2012年のキャッチフレーズは「破天荒」に決定!

2011-11-24 22:29:23 | カープを語る
来年のキャッチフレーズが決定しました。
破天荒

へぇ・・、という感じでしたね最初見たときは・・・、破天荒・・・。
今期の「逆襲」というキャッチフレーズがとてもピッタリしていただけに違和感を少し覚えた言葉でした。

球団は
「今季のキャッチフレーズ“逆襲”は(終盤までCS進出に望みをつなぐ戦いをして)成果は出た。
その上を行き、全く新しいものを達成する意味でつけた。」


その破天荒ですが、どうやら本来の意味を私履き違えていたようです。

間違った意味「豪快で大胆な様子」
うーん・・・、ここまでの人生、こっちで捉えてた。
本来の意味「だれも成し得なかったことをすること」
これを正しく使っている人は現代ではわずか17%しかいないそうです。

野村監督はこの言葉を使用する来年に対し、
「選手がもう1つ殻を破るというか、荒々しくめちゃくちゃやるようなこと、
勝負どころで突拍子もないことをするのも必要。」
「とにかく勝負にこだわる。その1点でしょう」
と。

「今まで誰もなしえなかったことをする」
新境地を切り開く意味の英語は「GROUND BREAKERS」。

我がカープよ、殻を破って荒々しく突き進め!



現在カープ関連ブログランキングに参加中、愛すべきカープ同様にランキング上位を目指しております。
お帰りの際にはぜひバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 
2011年のシーズンが終わりました、お疲れ様です。このブログはこれからも変わらずカープを応援していきます。
今後もカープともどもよろしくお願いいたします。
コメント

廣瀬も残留決定! さあ、あとは黒田博樹の入団を待つばかりだ!

2011-11-23 00:00:54 | カープを語る
正式な記者会見は後日のようですが、前日の栗原に引き続き廣瀬も残留発言をしてくれました。
「逆指名で入団し、11年間、広島にお世話になった。
やっぱり、このチームで優勝したい。気持ちは固まりました。」

栗原同様に、やはり愛すべきカープで優勝を経験したいのが本音なのですね。

本人のブログでも
「20代ではなかなか殻を破れず、悔しい思いばかりしてきましたが、
でもカープファンのみなさんは応援をくれた。
みなさんの熱い声援をこれからもバッターボックスや背中に受けたいと思います。」
と綴られていました。

来年もまた始まりの鐘が鳴るぅを聞くことが出来るのですね。

オフにしっかりメンテしてもらい、来季はまたフルで外野の一角で出場してもらいましょう。
残る外野2枠は、丸、松山、岩本、天谷、赤松らで争ってもらい・・・。


しかし、本当に今の野手陣は左打者の多いこと。
他にも嶋、前田智徳、東出、木村、石井、松本。内外野ともに左打者がズラーリ。
ゆえに、栗原・廣瀬の存在は大きいです。

入団以来ずっとカープの選手ではありますが、「FA権でもしや」とも心配していただけに・・・、
残留宣言を受けた今、
来季に向けあらためて得た戦力のようにも感じてしまいますね。
他のセ・リーグ5球団に比べ、我がカープだけが着実に来季への戦力を確保しているようにも感じます。

そして否が応でも次に期待してしまうのが、メジャー投手・黒田の獲得!

選手が、ファンが、皆が待っています。
正式な本人のコメントをひたすら心待ちしましょう!



現在カープ関連ブログランキングに参加中、愛すべきカープ同様にランキング上位を目指しております。
お帰りの際にはぜひバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 
2011年のシーズンが終わりました、お疲れ様です。このブログはこれからも変わらずカープを応援していきます。
今後もカープともどもよろしくお願いいたします。
コメント

栗原健太、来季もカープのユニフォームを着るっ!

2011-11-21 16:02:05 | カープを語る
日本シリーズが終わりました。
ホークスがやはり総合力で他の11チームを上回っていましたね。本当に今年の鷹は強かった。
これに対しドラゴンズは・・・、最後の最後で貧打を露呈してしまいました。
勿論ここまで上り詰めてきたのは強力な投手陣があったからこそですが、余りにも打てなさ過ぎました。

というより・・・、やはりパ・リーグ強しを感じさせたシリーズでしたね。

一夜明けて・・・。
今季国内FA権を取得していた栗原健太内野手が、
マツダスタジアム内で記者会見を開き権利を行使せずに残留することを発表しました。

報道されていた通り、1年契約のようですが。

栗原のコメント。
「FA権を行使せずに残留することを決めました。
初めてのFAで悩んだが、12年間広島で優勝を目指してやってきて、
来年も優勝を目指してやりたい気持ちがあった。
それが残留の一番の理由です。」


まずは4番栗原が、愛すべきチームカープに残り来季も戦ってくれることが決まりました。
きっとみんな後に続いてくれることでしょう・
廣瀬・・・、そして黒田も・・・。


選択が間違っていなかったことを来季証明するためにも、
チーム一丸となってレベルアップして行って欲しいものです。

いよいよストーブリーグに突入。
どうやらジャイアンツは今オフもFA権を取得している選手に猛アプローチを掛けるみたいですし・・・。
資金力で戦力をアップさせることしか考えていないチームには負けられませんよねっ!




現在カープ関連ブログランキングに参加中、愛すべきカープ同様にランキング上位を目指しております。
お帰りの際にはぜひバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 
2011年のシーズンが終わりました、お疲れ様です。このブログはこれからも変わらずカープを応援していきます。
今後もカープともどもよろしくお願いいたします。
コメント

栗原、廣瀬のFA組、残留濃厚!

2011-11-19 16:02:21 | カープを語る
まだ正式な契約には至っていませんが、どうやら・・・、

栗原&廣瀬の残留濃厚!になってきました。

栗原は1年契約を希望、来年オフはまたわかりませんがともかく日本シリーズ終了後に契約する方向との報道。
一方、渡米中の廣瀬はすでに来季に向けて始動しているとの情報が入り球団からの3年契約の提示を受けているとか。

ともに貴重な右のレギュラー陣です。
他球団が、
チームそのものの体制が決まっていないチーム。
内紛でゴタゴタしているチーム。
今シーズンが終わっておらず来季への始動が未だなチームがいる中、
いち早く、そして着実に来季に向けて動いている我がカープです。

新助っ人も一人決まりましたしね。そして吉報が待たれるのが黒田の復帰。
本人からの正式なコメントがまだ出ていませんし、まだまだ予断を許さないところがありますが、
きっと戻ってきてくれることでしょう。

名誉や地位や、お金ではないものを求めて・・・。
権力闘争に巻き込まれることもなく、ただ愛すべきチームでプレイしたい・・・。

そして選択したチームが・・・、広島カープ。

これまでFA権という勝ち取った権利で金銭面を中心により有利な条件を提示するチームへ移籍することが多かった野球界ですが、
ジャイアンツの一連の騒動を見るたびにそれも崩れつつあるのではと感じる今日この頃。

選手である以上グランドで活躍してナンボですから。
余計な雑音がなく野球に打ち込める球団こそが、選手にとって最も求められる環境なのでからす。

きっと黒田もそれを求め我がカープを選択してくれることでしょう・・・。

喉元すぎれば熱さ忘れる。

そう、もう我がカープは2011シーズンを終えています。
今年も色々ありましたが、回顧するのは止めておきましょう。

気持ちはすでに2012シーズンなのですから!



現在カープ関連ブログランキングに参加中、愛すべきカープ同様にランキング上位を目指しております。
お帰りの際にはぜひバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 
2011年のシーズンが終わりました、お疲れ様です。このブログはこれからも変わらずカープを応援していきます。
今後もカープともどもよろしくお願いいたします。

コメント (2)