世界雑感☆新しい世界は日本から始まる☆

世界の激動を感じつつ、日本経済への応援メッセージを徒然に綴るページです。
ご訪問ありがとうございます。

【バブル崩壊で新興国は貧しいままなことに、日本は高値掴みしたことに気づく】新興国通貨は、買えない⑦

2019-01-15 00:02:01 | 世界共通

前回からの続き)

 いまのマーケットを見ていれば誰でも感じられるように、長らく続いた先述のスキーム―――世界の投資家が日本超低金利マネーを借りて消費や投資を謳歌すること―――も、ようやく限界、つまり「資産バブル」の本格的な崩壊が迫ってきました。その先に新興国(と・・・アメリカ?)そしてその国民が直面するのは、返済不可能の借金の山となるでしょう。このとき、かの国々の人々の多くは、残念ではありますが、自分たちがじつは相変わらず貧しいままだった---本稿前段の数字を使えば、鉄鉱石を原石のまま「10」で売ることしかできない自分たちに、これに付加価値を付けて「30」「40」・・・で売ることができ、それにふさわしい生活レベルを享受できる日本人のようにはなっていなかった---ことに気が付き、愕然とすることでしょう。そしてそれは、アベノミクス推進者とこれを支持する投資家らが、自分たちが、これら諸国の資産をいかに「高値掴み」してしまったか---本来なら「10」の価値しかないものに、円安外貨高で「10」をはるかに超える価値があると錯覚して「20」「30」~で掴んでしまったこと---に気が付いて愕然とすることでもあります。

 両者の痛みが少しでも小さいことを願わずにはいられません・・・し、少なくとも、わたしたち日本人だけでも、いまからその損害を最小化するアクションを起こすべきと思いますが、どうでしょうか・・・

(「新興国通貨は、買えない」おわり)

金融・投資(全般) ブログランキングへ

ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
« 【世界経済は日本からの借金... | トップ | 【米大統領「終わりなき戦争... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

世界共通」カテゴリの最新記事