SUBARUのラトビア便り。

ラトビアの伝統・人・自然・暮らし、全てが大好きな店主がお店のことや自身の活動、ラトビアについて綴っています。

(撮影:2013.06 Limbaži)





*お知らせ*
◇2016.03.15 『持ち帰りたいラトビア:SUBARUとめぐる雑貨と暮らしの旅』誠文堂新光社より出版しました。→
◇2017.07.28 駐日ラトビア共和国大使より感謝状を拝受しました。→
◇2017.10.25 ウズマニーブ1stミニアルバムをリリースしました。→
◇2018.03.16 体験ギフトの「SOW EXPERIENCE」で各種ワークショップを掲載中!→
◇2018.09.20 ラトビア投資開発庁のパンフレットを執筆しました。→
◇2018.09.26 関西日本ラトビア協会の常務理事を拝命しました。→
◆2019.09.17 神戸市須磨区に移転オープン!!
◇2020.03.13 『TRANSIT47号 バルトの光を探して』に協力しました。
◇2020.11.18 リトルプレス 『SUBARUのラトビア紀行 Lodziņš Nr.1』発刊しました!
◇2022.01.08-02.13 ラトビアフェア@教文館エインカレム/東京銀座

イベントのお知らせ:ラトビアフェア@札幌市中央区/zee

2022年01月21日 | イベント情報


ラトビアの上質なブランドアイテムをお楽しみいただけます。
参加ブランド[Pappus / ArsTela / Isona / LM Creative / STUDIO NATURAL]。
SUBARUからは陶器をお届けします。

会期:2022年1月21日(金)-30日(日)
会場:札幌市中央区南1条西24丁目1-6 レクシブ裏参道5F zee
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ラトビアの木工兼バスケット工房から届いた商品たち。

2022年01月14日 | 商品紹介
昨年入荷していたのに投稿できていなかった商品の紹介です。
ラトビアの木工兼バスケット工房からは2便に分けて大量に届いていました!

柳編みのバスケットあれこれ。
デザインも用途も色々です。




カトラリー類、トレイ、ポットマット等の木工台所用品もたっぷり届きました!




柳編みのオーナメント類も色々入荷。愛らしい!


既に売り切れているものもございますが・・・、
これらの商品はSUBARU店頭、オンラインショップの他、
東京銀座の教文館エインカレムさんで開催中の「ラトビアフェア」でも紹介しています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ラトビアフェア@東京銀座/教文館エインカレム、始まっています!

2022年01月12日 | イベント情報
教文館エインカレムさんで今年も『ラトビアフェア』が始まりました!
同じフロアのギャラリーで個展開催中の帽子作家(兼、写真家!)の黒田真琴さんから素敵なお写真をいただきましたので紹介します。

4回目となる今年もエインカレムの皆様がとても丁寧にディスプレイしてくださっています。
写真を見るだけでもワクワクするような売り場です♪
巣巣さん、sunday treatさん、SUBARUのそれぞれがラトビアで見つけてきた手仕事たちをご無理のない範囲でどうぞお楽しみください。

※黒田真琴さんの「帽子展 happy vibes」は1月17日(月)までです。


























ラトビアフェア

北欧にほど近いバルト三国の一つラトビア。首都リガの森の中では、毎年6月に伝統的な民芸品のマーケットが盛大に行われています。
ラトビアの手仕事に魅了された、SUBARU、sunday treat、巣巣の3人の店主がセレクトした選りすぐりのバルトの雑貨を、教文館4階のエインカレムでお楽しみください。

会場:東京都中央区銀座4-5-1 教文館4階 エインカレム
会期:2022年2月13日(日)まで
教文館公式サイト

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

イベントのお知らせ:ラトビアフェア@東京銀座/教文館エインカレム

2022年01月07日 | イベント情報
今年もラトビア雑貨の先輩、巣巣さん、sunday treatさんと一緒に教文館エインカレムさんでの「ラトビアフェア」に参加させていただけることになりました。
3店それぞれがラトビアで集めてきた手仕事をご無理のない範囲でお楽しみいただけましたら幸いです。



ラトビアフェア

北欧にほど近いバルト三国の一つラトビア。首都リガの森の中では、毎年6月に伝統的な民芸品のマーケットが盛大に行われています。
ラトビアの手仕事に魅了された、SUBARU、sunday treat、巣巣の3人の店主がセレクトした選りすぐりのバルトの雑貨を、教文館4階のエインカレムでお楽しみください。

会場:東京都中央区銀座4-5-1 教文館4階 エインカレム
会期:2022年1月8日(土)-2月13日(日)
教文館公式サイト

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新年のご挨拶

2022年01月06日 | お知らせ


Laimīgu jauno 2022.gadu !

明日からの営業再開に向けて今日は年末にできなかった大掃除をしています。
今回の年末年始は恒例の親族旅行に行かなかったので、家族でのんびり過ごしました。
長らく会えていなかった友人達にも会えたり、ゆったりとした良いお休みになりました。

さて、仕事始めなので今年の目標を・・・。
1つ目.リトルプレス第2号の発行。
1号から1年以上経ってしまったので、今年は確実に2号を形にしたいです。
ネタだけなら10号分以上溜まっているので少しずつ、少しずつでも。

2つ目.ラトビア語の勉強。
初級、中級のラトビア語教室を並行して受講して、確実なものを身に付けたいです。

3つ目.クアクレの練習。
毎日楽器に触るルーティーンが出来上がったので、今年も継続してより深みのある音を目指したいです。

4つ目.風邪をひかない!
高齢出産だったことが数年間尾を引いたようで、そよ風でも風邪をひくような体質になっていたのが昨年少し改善。
今年は出来ればジムにも通って筋肉を増やし、健康で元気に過ごしたいです。

コロナ禍でなかなか見通しが立てにくいので昨年と同じような目標になってしまいました。
今年は会いたい人に気兼ねなく会えて、自由にどこへでも行けて、子どもに何も制限しなくてもいい年になればと願うばかりです。
そしてラトビアに行って友人や職人さん達に会ったり、リガの街を気ままに歩いたり、美しい自然の中で過ごせたらいいのになぁ・・・。
冒頭の写真が懐かしい・・・。

ラトビアに再訪できる日を心待ちにしながら、今出来ることを楽しむ毎日を送りたいと思います。
2022年もどうぞよろしくお願い申し上げます!


※新年は明日1月7日(金)より通常通り営業しております。
営業時間11:30-17:30、-日曜・月曜・祝祭日 定休
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする