SUBARUのラトビア便り。

ラトビアの伝統・人・自然・暮らし、全てが大好きな店主がお店のことや自身の活動、ラトビアについて綴っています。

イベントのお知らせ:ラトビア日和 コンサートとワークショップ

2016年12月01日 | イベント情報
今年もラトビアを代表するクアクレ奏者のライマ・ヤンソーネとDJモンスタが来日しています!!
全国ツアーの真っ最中ですが、神戸では私の所属するラトビア音楽ユニット・ウズマニーブ&DJモンスタによるコンサートと
ライマ・ヤンソーネによるワークショップを2日に分けて開催することとなりました。
最近のウズマニーブは3人編成でしたが、今回はライマさん達と来日中のウナ・ウラを含むフルメンバーでお届けします!
かなり貴重な機会かと思いますので、是非ともお越しくださいませ。
あ~、本当に楽しみ♡

ライマ&DJモンスタの下記以外の公演情報はハーモニーフィールズさんのHPでチェックしてみてください。
沖縄、茨城、滋賀でコンサートが開催されます。


12月7日 ラトビア日和 コンサート ~ラトビアの伝統音楽に触れる~

バルト三国真ん中の国、ラトビア共和国にはいつも音楽が溢れています。
国土を覆う美しい自然と伝統文化の中で培われてきた音楽をお楽しみください。
今回ウズマニーブは帰国中のUnaUllaを含むフルメンバーで演奏します。
スペシャル・ゲストにラトビア人のトップDJであるDJMonstaを迎え、
ラトビア民謡や合唱などこの日限りのプレイをお楽しみいただけます。
ラトビア人アーティストが二人参加するという滅多にない機会です。
是非その音楽に触れてみてください。

日時:2016年12月7日(水) 19:00OPEN/19:30START
料金:2,000円+1ドリンクオーダー
会場:space eauuu 神戸市中央区元町通2-6-10 ミナト元町ビル3F   
ご予約・お問合せ:バルティックフェスタ事務局(SUBARU内)
        078-331-1884/subaru_zakka[at]ybb.ne.jp

DJ Monsta/DJモンスタ
ラトビアで最も経験を積んだDJ。
エレクトロミュージシャン、スクラッチDJ、ターンテーブリスト、プロデューサーも勤める。
近年はラトビアの伝統楽器、合唱、自然の音なども取り入れている。
2016年 世界DMCオンライン選手権(world DMC Online Championships)11位
2014年 ラトビア“Red Bull Thre3Style”選手権チャンピオン

UZMANIBU/ウズマニーブ
2014年結成。ラトビア共和国に伝わる伝統音楽を演奏するアンサンブル。
ラトビア人の日々の暮らしの中で生まれ、伝わってきた素朴で心に沁みる旋律を奏でている。
溝口明子(クアクレ)、秦進一(ヴァイオリン)、Aki(パーカッション)、Una Ulla(ボーカル)


12月11日 ラトビア日和 ワークショップ ~ラトビアの伝統音楽を奏でる~

バルト三国真ん中の国に暮らすラトビア人は通称「歌と踊りの民」と呼ばれ、無数の民謡が今も歌い継がれています。
この度、ラトビアの伝統楽器クアクレの奏者として名高いアーティストであるライマ・ヤンソーネを講師に迎え、
ラトビアの伝統音楽のワークショップを開催することとなりました。
当日はクアクレ、類似楽器のカンテレや他のお持ちの楽器を持参してご参加ください。
皆さんでラトビアの伝統音楽を奏でましょう!

※日本語通訳、サポートがありますので安心しててご参加ください。
※部屋の定員がございますので必ずご予約願います。

日時:2016年12月11日(日) (14:00受付開始)14:15~15:45
料金:1,500円
会場:100BANスタジオ 神戸市中央区江戸町100 高砂ビル 503号室
ご予約・お問合せ:バルティックフェスタ事務局(SUBARU内)
        078-331-1884/subaru_zakka[at]ybb.ne.jp

Laima Jansone/ライマ ヤンソーネ
ラトビア音楽アカデミーを卒業後、フィンランドのノルトラッドアルク09のマスタークラスにて
フィンランドの伝統楽器カンテレについて知識を深め、パウリーナ・シルヤーラーから即興演奏を学ぶ。
以降、国内外で精力的に講演を公演を行い、現在はクアクレ演奏における正真正銘の名手として、近年その地位を確立している。
彼女の演奏スタイルは即興性を重視しており、瞑想と衝動、古代と現代の音楽が相互に作用している。
二度と再現出来ない刹那の衝動を感じ取って演奏しているのである。
彼女の手にかかればこの伝統的な楽器クアクレは一変する。
静寂の期待感から爆発を彷彿とする音まで、ユニークで活力あるサウンドスケープを引き出すのである。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 京都高島屋でのイベント、あ... | トップ | 梅田蔦屋書店でのブックフェ... »

コメントを投稿