SUBARUのラトビア便り。

ラトビアの伝統・人・自然・暮らし、全てが大好きな店主がお店のことや自身の活動、ラトビアについて綴っています。

「東京オリンピック・パラリンピック富士市文化プログラム 3か国音楽コンサート」、終了しました!

2021年07月24日 | イベント情報
先週末「東京オリンピック・パラリンピック 富士市文化プログラム 3か国音楽コンサート」出演のため、静岡県富士市へ行ってきました。
新幹線を降りると富士山がどどーーん!


会場の富士文化会館ロゼシアター、大ホール。




富士市はスイス、モンゴル、ラトビアのオリンピック事前合宿予定地です。
「それぞれの国を身近に感じる機会を」と企画された今回のコンサート、出演は玉川アルプホルンクラブさん(スイス)、セーンジャーさん(モンゴル)、ウズマニーブ(ラトビア)、そしてホスト国日本より富士市少年少女合唱団・若柳吉智乃社中さんでした。
昼過ぎに順次楽屋入り、それぞれが入念にリハを行い本番を迎えました。


ウズマニーブのセットリストはこちら。
合間のMCでラトビアの概略や楽器の説明を行いました。
ラトビアのフォークダンスの雰囲気を少しでも感じていただきたかったので、ラストのCūkas driķosでは観客の皆様に手拍子で御参加いただきました。

1. Diždancis
2. Ai, Jānīti, Dieva dēls
3. Saulīt, mana krustamāte
4. Pūt vējiņi
5. Cūkas driķos

壮大なスイスの山々を感じるアルプホルンの響き、広大な草原や草原を駆ける馬が目に浮かぶような馬頭琴の音色、合唱団の皆さんの可憐で元気な歌声・・・、出演者でありながら舞台袖から楽しみました!!
フィナーレは出演者全員で「ふじ山」を。それぞれの特徴が出ていて面白かったです。

コンサート終了後にセーンジャーさん達と撮影してもらった写真。
いい思い出になりました。



ちなみに・・・、ロゼシアター1階通路ではオリンピック応援企画としてスイス・ラトビア・モンゴルの風景写真パネルを展示中です。
期間等はコチラでご確認ください。




また7月23日以降はロゼシアターガレリアでスイス・ラトビア・モンゴルの選手等身大パネルが展示されているそうです。



翌日は、全駅から富士山を望める(!)鉄道、岳南電車へ。
お目当てはスイス・ラトビア・モンゴル応援電車で、フリーパスを買って沿線の観光を兼ねて乗車してきました。










今回のオリンピックには親友の親戚であるガティス選手/Gatis Čakšsが槍投げで出場します。
ただでさえテンションがあがったこの応援電車、車内でガティス選手のポスターを見つけて大興奮でした!



こうしてとっても充実の富士市遠征を終えました。
さすが富士山のお膝元、コーンもこんなに愛らしい!
次は富士山登頂を目指して再訪したいです!


このような舞台で演奏する機会をいただき光栄でした。
関係者の皆様、ご来場いただいた皆様、本当に感謝しています。
楽しくて誇らしい時間をありがとうございました!!

Sarauj, Latvija!
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« SPEAKER STACK第4話、寄稿し... | トップ | ラトビアからバスケットが届... »

コメントを投稿