SUBARUのラトビア便り。

ラトビアの伝統・人・自然・暮らし、全てが大好きな店主がお店のことや自身の活動、ラトビアについて綴っています。

2016年夏 ラトビア買付日記 その3

2016年06月14日 | 《16'夏 ラトビア滞在》
ラトビアの夏はイベントが盛りだくさん!

毎年この時期はオペラ・フェスティバルが開催されています。
今年はヴェルディ特集で、椿姫を観てきました。
1年ぶりのオペラ座は建物を見るだけでも美しいのに、素晴らしいオペラを鑑賞できました。


オペラの後はちょうどこの日開催されていたイベント「教会ナイト」のコンサートへハシゴ。
毎年一回開催されているこのイベントでは、リガやラトビア中にある教会が夜間開放され、コンサートや様々な催しが開催されています。
Rīgas Sāpju Dievmātes教会にて23時からスタートしたコンサートで、歌声に包まれてきました。


毎週土曜日に開催されているKalnciema ielaのファーマーズマーケット。
新鮮な食材や手作りアイテム、美味しいケータリングやライブなどを楽しめます。
この日は雨でしたが、それでもあれこれお買い物を楽しみました。


中央市場も散策。
今の時期はイチゴがいっぱいで甘い匂いに満ちています。


スピチェリ街区のフリーマーケットにて。


今回の滞在ではビンテージアイテムを結構仕入れてます♡




お誘いいただきオペラ・フェスティバル最終日のファイナルコンサートへも行ってきました。
ヴェルディのオペラの中から有名なアリアばかりのコンサートでした。
主役クラスの歌唱と大オーケストラの編成という、迫力満点のステージに大興奮!!
3日間で2回もオペラなんてラトビアだから出来る贅沢です(#^^#)


友人の紹介で初めてお会いするアクセサリー職人のおじいちゃんのお家へ行ってきました。
可愛らしくて仲睦まじいご夫妻がおもてなししてくださり、丁寧に工程を説明してくれました。


気の遠くなるような手仕事から生まれるおじいちゃんのアクセサリー。




銅製でデザインがとても私好み!格好よくて素敵!
これ以外にも色々と仕入れています。




この時期のラトビアはLIGO/夏至祭に向けて大盛り上がりです。
LIGOの準備イベントも連日あちらこちらで開催されています。
この日は書籍でも紹介したフォークロア仲間のゲルマンスくんに誘ってもらったイベントへ。




















花輪を作って、歌を歌って、焚火を燃やして・・・・。
心温まるほのぼのした時間を過ごすことが出来ました。

あぁ、毎日楽しい!!!
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 2016年夏 ラトビア買付日記... | トップ | 『バルト三国と北欧の手仕事... »

コメントを投稿