SUBARUのラトビア便り。

神戸にあるラトビア雑貨専門店SUBARUの店主がラトビア共和国やお店のこと、自身の活動について綴っています。

ラトビア流 簡単リンゴケーキの作り方

2014年01月24日 | 《13'-14' ラトビア生活―暮らしぶり》
よく遊びに行くお家で頻繁に出てくるケーキが美味しいので作り方を教わってきました。
リンゴがたっぷりあったのでリンゴケーキになりましたが他のフルーツでも作れます。
友人は全て目分量だったので、ここに書いてあるレシピは調整しながら試してみてください(^_^;)

《用意するもの》
直径23cm・深さ6cm程度の円形焼き型(底が外れるタイプ)
クッキングペーパー
リンゴたっぷり(他の果物でもOK)
砂糖200cc程、卵2個、小麦粉200cc程、ベーキングパウダー ティースプーン1/2杯

1.焼き型にクッキングペーパーを敷いて、下から半分くらいの高さまで切ったリンゴを並べます。


2.砂糖と卵をボウルに入れてミキサーで混ぜます。
砂糖が溶けきるまで混ぜるか、食感が少し残るまで混ぜるかはお好みで。


3.2.に小麦粉とベーキングパウダーを入れてミキサーでしっかり混ぜます。


4.これくらいまで混ぜたらOKです。
この生地を10分間寝かし、その間にオーブンを温めます。


5.1.の上に4.の生地を流し込み、下まで浸透するよう焼き型を振ります。
上からチョコチップやナッツ等のトッピングをしてもOKです。


6.強火で30分ほど焼いたら完成です!
(私は180度~160度で様子を見ながら焼きました。)


じゃじゃ~ん!素朴で美味しいケーキの出来上がり♪
バターが入っていないので重くありません。
一日寝かして食べるとリンゴの果汁がしっとり浸透して更に美味しかったです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« イベントのお知らせ:2/7(金... | トップ | 2/1~スタートです→写真展 S... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
RIGA STRADINA UNIVERSITATEから (ヒロ)
2014-01-28 19:16:45
初めまして。某大学病院の医師です。本日ラトビアの大学から2人の衛生学と内科の女医さんが研修見学に来ました。1ヶ月日本で研修されるそうです。彼女らへのミニ講義のため、ラトビアの予習をしていたらこのブログにたどり着きました。美しい国NO1に認定されるくらいすばらしい国のようですね。いつか行くときはよろしくね!と彼女らにお願いしました。Rigaでの生活楽しんでくださいね。ブログ楽しみに拝見させていただきます。
はじめまして! (スバル)
2014-01-29 00:55:18
コメントありがとうございます♪
ラトビアは本当に美しく奥深い国ですのでいつか訪問なさってください。
日本人とラトビア人のメンタリティは似ている箇所が多いので、
研修に来日されたお二人はすぐに馴染まれるのでないかと思います(^_^)

引き続きブログ頑張ります!

コメントを投稿