SUBARUのラトビア便り。

ラトビアの伝統・人・自然・暮らし、全てが大好きな店主がお店のことや自身の活動、ラトビアについて綴っています。

(撮影:2013.06 Limbaži)





*お知らせ*
◇2016.03.15 『持ち帰りたいラトビア:SUBARUとめぐる雑貨と暮らしの旅』誠文堂新光社より出版しました。→
◇2017.07.28 駐日ラトビア共和国大使より感謝状を拝受しました。→
◇2017.10.25 ウズマニーブ1stミニアルバムをリリースしました。→
◇2018.03.16 体験ギフトの「SOW EXPERIENCE」で各種ワークショップを掲載中!→
◇2018.09.20 ラトビア投資開発庁のパンフレットを執筆しました。→
◇2018.09.26 関西日本ラトビア協会の常務理事を拝命しました。→
◆2019.09.17 神戸市須磨区に移転オープン!!
◇2020.03.13 『TRANSIT47号 バルトの光を探して』に協力しました。
◇2020.11.18 リトルプレス 『SUBARUのラトビア紀行 Lodziņš Nr.1』発刊しました!
◇2021.11.03-27 ラトビアの手仕事展@ヘリテージ/福岡県福津市→
◇2021.11.17-12.25 Very Berry Christmas 2021@新新宿高島屋
◇2021.12.07-19 ラトビア日本友好100周年記念事業 Expanding Lights@六本木ヒルズ
◇2021.12.11-12 フリフス北欧市@Keitto/大阪府大東市

イベントのお知らせ:LATVIA:SUSTAINABLE ECO-LIVING @横浜高島屋

2021年10月18日 | イベント情報


今年2021年は日本とラトビアが国交を結んで100周年の記念すべき年。
友好100周年記念POPUPツアー第2弾が横浜高島屋で開催されます。
SUBARUからはバスケット、木製台所用品、織物、手編みミトンなど、豊かな自然から生まれる手仕事の数々をお届けします。
ラトビアが誇るハイブランドと併せてお楽しみください!

*************

ラトビア:サスティナブルエコリビング

バルト三国のひとつ、北欧ラトビアはバルト海に面し、国土の約半分がみずみずしい森や湖に覆われる自然豊かな国。
今年、日本との友好100周年を記念して、環境を保護しながら自然と共存し、伝承される手仕事を大事にするラトビアからサスティナブルなファッションアイテムとお土産としても有名な伝統柄のミトン、バスケットなどをご紹介いたします。

会期:2021年10月20日(水)-26日(火)
会場:横浜高島屋 1階正面特設会場
高島屋公式HP

《取扱いブランド》
婦人服:[Pappus(パップス)][Renate Rose(レナテ ロゼ)]
バッグ:[VASKALA(ヴァスカラ)]
アクセサリー:[RO STUDIO(ロ・スタジオ)][VERBA(ベルヴァ)][Ginta(ギンタ)]
ストール:[Ars Tela(アルステラ)]
キャンドル:[Munio Candela(ムニオ キャンデラ)]
雑貨:[SUBARU(スバル)]

主催:駐日ラトビア共和国大使館
コーディネート及びイベント運営:Ambiance












コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする