SUBARUのラトビア便り。

ラトビアの伝統・人・自然・暮らし、全てが大好きな店主がお店のことや自身の活動、ラトビアについて綴っています。

(撮影:2013.06 Limbaži)





*お知らせ*
◇2016.03.15 『持ち帰りたいラトビア:SUBARUとめぐる雑貨と暮らしの旅』誠文堂新光社より出版しました。→
◇2017.07.28 駐日ラトビア共和国大使より感謝状を拝受しました。→
◇2017.10.25 ウズマニーブ1stミニアルバムをリリースしました。→
◇2018.03.16 体験ギフトの「SOW EXPERIENCE」で各種ワークショップを掲載中!→
◇2018.09.20 ラトビア投資開発庁のパンフレットを執筆しました。→
◇2018.09.26 関西日本ラトビア協会の常務理事を拝命しました。→
◆2019.09.17 神戸市須磨区に移転オープン!!
◇2020.03.13 『TRANSIT47号 バルトの光を探して』に協力しました。
◇2020.11.18 リトルプレス 『SUBARUのラトビア紀行 Lodziņš Nr.1』発刊しました!
◇2021.11.03-27 ラトビアの手仕事展@ヘリテージ/福岡県福津市→
◇2021.11.17-12.25 Very Berry Christmas 2021@新新宿高島屋
◇2021.12.07-19 ラトビア日本友好100周年記念事業 Expanding Lights@六本木ヒルズ
◇2021.12.11-12 フリフス北欧市@Keitto/大阪府大東市

ラトビアの秋分の日、Miķeļdiena/ミチェリュディエナ

2021年09月23日 | ラトビア情報


今日は秋分の日。
ラトビアではMiķeļdiena/ミチェリュディエナと呼ばれる季節の節目の日です。
秋分の日あたりで作物の収穫の時期を迎えるラトビアでは、古来から豊穣の神様Jumis/ユミスをお祀りして収穫への感謝と翌年の豊穣祈願を行ってきました。
コロナ禍でなければ、ラトビアのあちらこちらで収穫祭の市も立ち、秋の恵みを感じる楽しい一日になります。

明日からは日ごとに日照時間が短くなっていきます。
季節は巡ります。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする