『平成 十六夜日記』  

時代の風を感じながら心豊かに生きたい。
広尾に在住。グルメな話題もお楽しみに。









チワワとおばあさん

2008年04月28日 | Weblog
中学校の真向かいにある公園に
今日も お弁当を持って出かけました。
この場所へ行くのは
三度め。

ふしぎなのは
三度とも 違う時間に 行ったのに そのたび
どこからか チワワを連れた一人のおばあさんが現れて
写真を撮っているわたしに 話しかけてくること。

子犬はベンチの下に じゃれてはいって来て
人なつこいんでしょうね(笑
八重の 桜の花が 今日は たくさん
落ちていました。
わたしが
「みんな散っちゃいましたね。。でも、綺麗でしたね~」と言うと、
「ホントに この桜は 綺麗でねぇ 毎年 毎年 綺麗に 咲くんですよ」
と おばあさんは 桜木を見上げて 嬉しそうでした。

チワワを連れた このおばあさんと わたしは
なぜか 初対面のような 気がしなくて しばらく
ふたりで 桜の木をみつめていました。
ね なんだか 不思議な 話しでしょう?(微笑

子犬の名前は 聞き忘れたけど わたしは いつだったか
お友達が やはりおばあさんが飼っていた チワワの名前の由来を
楽しそうに話していたのを 思い出して
ひとり くすくすと笑って いたのでした。

コメント

桜草

2008年04月07日 | Weblog
「おはようございます」
門の外から 声をかけると、庭の手入れをしていたご主人が 軍手をはずしながら 出ていらした。
わたしは 絵葉書を二枚差し出した。桜草と乙女椿と。
「あの、 この間 写真を撮らせていただいたので、 下手ですが。。」
ご主人は 大事そうに受け取ると 帽子に手をやった。
「こりゃ 手紙にせんと とっとかんと。。」 温和な顔が綻んだ。
わたしは 恥ずかしくなって 「奥様に よろしくお伝えください」と
すぐさま 門を離れた。

今朝 バスを待つ間の出来事。
思えば この家の ブロック塀に 零れ落ちた乙女椿の花びらを
雨の中 何枚も何枚も 写真を 撮ったことだった。
あのときは 携帯で撮ったのだろうか。
いまも わたしのなかに 鮮やかに その花びらの色は残っている。
すあま色の 思い出として ずっと 残っている。
ここ何日か バスに乗る前の 許す限りの時間、この家の庭の乙女椿や
庭の外にも毀れ咲く 可憐な桜草を 撮らせていただいていた。
今朝 見上げると もう 乙女椿のほうは その美しい時期を越していた。
なんどか ポストにいれようかどうしようかと 迷っていた 自製の絵葉書を
今日は お渡しできて よかった。
コメント

このまま  

2008年04月05日 | Weblog
あなたの 好きなものは
ひとつ 残らず 言えるわ

お気に入りのユーミンの曲を くちずさみながら
散歩でみつけた ちいさな菫を 鉢に植えてみた。
日当たりのいい 東向きのキッチンで
のびのび 育っている。
わたしが 育てると 甘やかしすぎてしまうかも。(笑





コメント

やさしさに包まれて

2008年04月02日 | Weblog
幾重にも重ねた 夢色の花びら

わたしには

時折 バラのように見えるのです。




               写真:「乙女椿」 
コメント

アクセス状況

3月29日 (火) 閲覧数 595 訪問者数 169 順位 7319位/2450468ブログ中

☆にほんブログ村ランキングに参加しています☆

PVアクセスランキング にほんブログ村