福祉と許認可申請の専門家 行政書士 平松智実のブログ

成年後見 知的障害 飲食店 各種許認可申請 行政書士平松智実法務事務所 立川 羽村 福生 あきる野 昭島 青梅 八王子

親や兄弟姉妹を後見人にするメリットとデメリットは?知的障害のある方の後見人の選び方

2020-02-08 22:03:11 | 成年後見

こんにちは。

許認可申請と福祉の専門家、平松智実法務事務所の平松智実です。

 

知的障害のある方の親なき後を考えるときに成年後見制度の利用は必ず検討することになると思います。成年後見制度の利用についてのご相談で多いのは「後見人を誰にするべきか」といった内容です。後見人を赤の他人にすることに抵抗がある方も少なくなく、親や兄弟姉妹を後見人にしようと考えているというお話をよく聞きます。

 

第三者の専門職を後見人にすることも親や兄弟姉妹を後見人にすることも、どちらもメリットとデメリットがあります。後見人が選任されるとよっぽどのことがない限り解任されることがないことからも、どのようなメリットとデメリットがあるのかをよく把握しておくことが必須となります。

 

今回は親や兄弟姉妹などの親族が後見人になることのメリットとデメリットを知的障害のある方の親なき後の対策という視点からお話していきます。

 

親や兄弟姉妹が後見人になることのメリットはなんといっても知的障害のある方ご本人のことをよく知っている人であるということです。成年後見制度の肝はご本人の意思の尊重、ご本人がどのような意向であるかを把握することが重要であるので、その点で長年一緒に生活をしていた親や兄弟姉妹に勝る人はいないと思います。

 

また、財産管理を見ず知らずの人に任せるということに抵抗があるという話もよく聞きます。そういった意味でも親族が後見人であるということは安心感があるかもしれません。

 

逆にデメリットは相続や財産に関する争いが絡んだケースです。後見人である親や兄弟姉妹と成年後見制度を利用している知的障害のあるご本人が相続人となると、後見人の他に代理人を立てなければなりません。そしてそもそも、親族間で相続争いや財産に関して争いがあるような場合に親族が後見人に選ばれないということがあり得ます。

 

親や兄弟姉妹が後見人になるデメリットのもっとも大きいものは年齢です。成年後見制度を利用する方より後見人となる方の方が高齢もしくはほぼ同年代であるということがほとんどだと思います。親が後見人では、「親なき後」の対策とはなりませんし、兄弟姉妹が後見人であっても成年後見制度を利用している知的障害のある方よりも先に亡くなることや認知症になり後見人の仕事ができなくなる可能性が高いと言えます。

 

後見人としての仕事ができなくなれば後見人が交代することになりますが、何も知らない新しい後見人に任せるというのも不安ではないでしょうか。そのようなことまで考慮して後見人を決める必要があるため、とても難しい選択です。ただし、後見人になってほしい人がいたとしてもその人が後見人に選ばれるとは限らないのでご注意ください。

 

このようなことはあくまでも一般的論に過ぎません。それぞれの事情が異なればメリットとデメリットも当然異なります。ご相談いただければ、現状やご希望を伺った上で成年後見制度の利用についてご助言させていただきます。お気軽にご連絡ください!

⇓ ⇓ ⇓

平松智実法務事務所のお問い合わせページ

 

立川市・昭島市・福生市・国立市・国分寺市・あきる野市・羽村市・八王子市・日野市・青梅市・武蔵村山市・東大和市・日の出町・瑞穂町であれば無料でご指定の場所まで伺います。その他の地域についてもご相談ください。電話、メールでのご相談を日本全国から受け付けています!

コメント   この記事についてブログを書く
« レンタカー事業をするために... | トップ | 後見人へ支払う報酬はいくら... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

成年後見」カテゴリの最新記事