闘うインテリアデザイナー

スタイルイズスティルリビングのデザイナー齊藤が日々の現場で考える家作りと庭づくりとは?闘うお仕事日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ステップソウルな一日

2005年03月16日 15時55分03秒 | テレマーク
知らない人には「音楽かダンスの話題?」って言われてしまう「ステップソウル」。実は、テレマークスキーやクロスカントリースキーの種類なんです。スキーって通常斜面を滑るものなので、登りには向かない道具ですよね、でもこのステップソウル、板の裏にうろこ(ステップ)が刻まれているのです。なので、登り良し、滑り良しってわけです。通常、山スキーやテレマークスキーで山に入る場合は、シールといって登り用の滑り止めを取りつける。で、滑る時には取り外すのですが、この作業がいらないので、「ステップソウル」は軽快なんですね。(ただしハードな滑りには向いていない)前置きが長くなったけど、先日カルフというメーカーのステップソウル板を購入したので、さっそく我が家の相棒と山に出かけた。スキー場ではないので、誰もいないし、変な音楽も聞こえない。新雪の「キュッ、キュッ」という音を聞きながら、標高差300mのハイクアップ &滑り2本と150mの1本を楽しみました。
この記事についてブログを書く
« 下落合のタヌキと緑を救おう! | トップ | 細木数子は知りませんって。 »
最近の画像もっと見る

テレマーク」カテゴリの最新記事