自主映画制作工房Stud!o Yunfat 改め ALIQOUI film 映評のページ

映画作りの糧とすべく劇場鑑賞作品徹底分析(ネタバレ)
ブロガー37名による「00年代映画ベストテン」発表

カメレオン [監督:阪本順治]

2008-07-09 22:33:10 | 映評 2006~2008
個人的評価:■■■■□□
[6段階評価 最高:■■■■■■(めったに出さない)、最悪:■□□□□□(わりとよく出す)

批評家うけのよさとは裏腹にどうも好きになれなかった阪本順治監督作品。
-------
個人的阪本作品評価
いつもの6段階で

■□□□□□ トカレフ
■■■□□□ 顔
■■■□□□ 新・仁義なき戦い
■■□□□□ KT
■■■□□□ 亡国のイージス(→くそみたいなシナリオを演出でなんとか観れるレベルに引き上げた手腕は評価している)

他にも観たかもしれんけど印象に無い
-------

しかし今回はじめて彼の作品ですっごく楽しめた。

その理由は阪本演出にあの「日本のトム・クルーズ」藤原竜也がピタリはまったからである。

阪本作品に感じる不自然さ。
台詞がわざとらしく感じる、演技が下手に見える・・・のは俺だけかも知れんが、どの俳優も一個前の台詞が喋り終わるのを待っている。台詞のかぶりがない。その辺がなんともダサくてテンポも悪い。
拍車をかけるように、カットもあまり割らず、引き気味のショットが多く、照明にも構図にもカメラワークにもこだわりを感じない凡庸なつまらないショットばかりが並び、人間の生の感情が伝わってこない。
今回もその辺は変わらない。
しかし、主要キャラがドサ周り芝居一座ということで、台詞のわざとらしさはむしろ味があると感じられる。

何より藤原竜也の存在がデカい。
無駄に全力、All Time熱演の竜也である。編集とかカメラワークとか構図とか照明とか、そんなデコレーションなど必要ない。そんなもの生の竜也にとってかえって邪魔になろう。竜也が全身から噴出す演技をノーカットで見せ付けてくれればそれだけでゲラゲラ笑えるのだ。演出が凡庸だったりシナリオがめちゃくちゃなほど竜也の熱きオーラは光り輝く。

●異常者が女を拉致るごとくに地下道につれこみ股間握らせる竜也
●女が撃たれた後、ぴくぴくわなわなとした表情へゆっくりズームするカメラ
●ヤクザの事務所に丸腰でおしかけ、ヤクザ全員ボコボコにする竜也
●国会に乗り込む竜也

竜也ファンなら大満足の100%竜也が楽しめる作品だ。
芝居の濃さも、アホさも熱さも並みの日本映画男優の50%ましくらいで演じてくれる竜也は、でかいスクリーンが似合う

そしてなんといっても素晴らしいのは竜也のアクションだ
アクションシーンもカット数は最小限。しかしその吹き替えなしの物凄くスピーディな格闘を見せられれば竜也すげーと笑いながらも感動すら覚える。個人的なこと言わせてもらえばカット割りすぎのどこぞのグリーングラスのアクション演出よりはるかに面白い。
ぶん殴りぶん殴られぶん投げられる様がノーカットで延々続くのに恍惚すら覚える。竜也はパワーはないがその機敏さを活かしスピーディに動き回り水面切りのような足技でパワーで勝る敵の足をすくって倒す攻撃法を多用。根性だけで敵に殴り勝つインディやマクレーンや、力だけでねじ伏せるスタローンより戦い方が理にかなっている。

格闘戦では二度にわたり竜也と戦う女の敵がいる。この女もキレのある動きが素晴らしいのだが、竜也も女だからと手加減せずボコボコ殴り、腕をへし折り、最後は首の骨をひねってとどめを刺す。竜也もあの女もかっこよかった。

銃撃戦において、「男たちの挽歌2」のパロディと思しき場面がある。
こちらを参照→[挽歌2 映評]
敵の中ボスと銃をかまえて対峙し、お互い一度銃をすててから拾って撃ちあう。
ここも阪本流に引き気味ショットでカットもそんなに割らずに描く。ジョン・ウーのどアップと細かく刻んだ編集によるエモーションばりばりなシーンには全くおよばないが、パロっただけのシーンだからフフっと鼻で笑って許してやる。ただしここで竜也と戦う敵が、それまでは丸腰の女の子を背後からライフルで撃つなどの卑怯漢として描いていたのに、急に達也との対決で漢に化けるのが納得いかない。
パロディ元の挽歌2の黒メガネの殺し屋は、レスリーの背後に立ってもレスリーが振り向き銃を構えるまでは、自分の銃を下に下ろしていたり(それでも早撃ちでレスリーに勝つ)、大ボスから「お前の分だ」と札束の山を渡されても一瞥だけくれて、強い漢との死合いに行くことを選んだりと敵ながら漢気MAXな人物として描かれていたから、最後のユンファとの美しい戦いに納得ができるのである。

それでもなんでも、竜也の濃い芝居とキレのいいアクションに支えられた本作を、阪本順治最高傑作と呼ぶのになんのためらいもない。
ただし、元傭兵の敵の隊長との対決がなかったので5点を用意していたが1点減点させていただく。

他に良かったのは、物語のちょうど真ん中辺に用意された芝居一座と竜也たちの宴会シーン。
酔った勢いで舞台で得意の演目をはじめる老優三人。観客は竜也ら若者5人だけ。やんややんやと囃し立てとても楽しそうな七人。ロングで写しているカメラがゆっくりとステージに近づき、谷啓の見事なサックス演奏なども写し、そしてカメラはステージ上から客席を写すと、いつの間に集まっていたのか数十人の観客が楽しそうに笑いながら手拍子している・・・のをワンカットで写す。これだけでも楽しくもどこか寂しさを感じさせる印象深いシーンだが、ここを境に物語は激しくも悲しい後半のアクションパートへと移行していく。
前半の締めくくりとしての仲間同士の楽しき日々を象徴するシーンを用意して、物語に感情の大きな起伏をつける。
やはり伊達に評価されてはいないんだなあ・・・と、なんか映画の呼吸を知り抜いている感じがすごいと思った。

********
↓面白かったらクリックしてね
人気blogランキング

自主映画撮ってます。松本自主映画製作工房 スタジオゆんふぁのHP

コメント (4)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
« ノーカントリー [監督:ジョ... | トップ | つぐない [監督:ジョー・ラ... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
微笑ましさと哀愁。 (BC)
2008-07-18 23:11:04
しんさん、はじめまして☆
トラックバックありがとうございます。(*^-^*

細身の藤原竜也のキレのある俊敏なアクションは画になりますね。(*^-^*

中盤の芝居一座と藤原竜也たちの宴会場面は
微笑ましいのと同時に哀愁を感じさせる印象深い場面でしたね。
やっぱ (sakurai)
2008-07-19 08:40:58
「男挽」ですかああ。さすがです。
あたしは結構好きなんですよ、阪本作品。
「クラブ進駐軍」とか、「ぼくんち」(これは微妙・・・)、「魂萌え」も彼だっけ?
で、これは全体に漂う微妙感がたまりませんでした。
変に現実離れしてて。
なんでかなあ、と考えると、竜也ですよ。彼が出たとたん、そこはマジカル・ワールド。
その辺は松優と似た空気を感じます。
でかいスクリーンでこそ!!でかいスクリーンじゃないと、あの顔のでかさは映えない。
やっぱ、映画スターですね。
こんばんわ。 (michi)
2008-07-21 19:06:55
TBありがとうございました。
私からのTBが不調なので、コメントにて失礼いたします。

>素晴らしいのは竜也のアクションだ

ホント凄かったですよね!
今まで彼のアクションを観たことがなく、
想像したこともなかったので意外だったのですが、
凄く迫力とスピード感があり、
楽しむことができました。
コメントどうもです (しん)
2008-07-22 01:34:00
>BCさま
ほんと、よく動けるやつだなあ・・・と思いまして、年の割にがんばる元ヒーローもいいですが、竜也は若さゆえのスピードで独自性を確立していて良かったです

>sakuraiさま
そうです。竜也です。われら一般人とは別の生き物です。スクリーンせせましと暴れまくる彼が素晴らしいです。優作にもアホさでなら勝っています

>michiさま
とにかく速い速い竜也です。濃い芝居と、速いアクションを堪能できましたね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映評 2006~2008」カテゴリの最新記事

16 トラックバック

カメレオン (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
この映画の長所と短所は、共に藤原竜也の存在だ。陰謀に巻き込まれた主人公が、仲間や恋人の復讐に立ち上がるクライム・アクション。故・松田優作を想定して書かれたという主人公は虚無的で危険な男だが、耐えた末に爆発する展開は昔のヤクザ映画と同じで古臭い。いっそS...
カメレオン/藤原竜也、水川あさみ (カノンな日々)
私の場合チネチッタ以外ではこの映画の情報は全く見聞きしてないんですけど、いったい公開規模はどれくらいの作品なのかな?映画の存在自体もわりと最近になって知ったような気もします。でも予告編の印象はなかなかいい感じに思えたのでチョイスしてみました。『DEATH NO...
カメレオン (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「カメレオン」とは、危険をいち早く感知し、その場の状況・感情により、すばやく体色を変化させ、長い舌で狙った獲物を捕らえる生き物。 物語:まるでカメレオンのようにいくつもの表情をもち、時折ゾッとするほど冷め切った顔を垣間見せる伍郎。疑いすら持たせず人...
カメレオン(映画館) (ひるめし。)
変幻自在
カメレオン (映画初日鑑賞妻)
★★★★★ かわいそうなほどカワイ子ちゃん顔だった藤原竜也、ずいぶんオトコになったねー。 閻魔様みたいに鬼気迫る怒りの表情だった。
映画「カメレオン」を試写室にて鑑賞 (masalaの辛口映画館)
 「カメレオン」@東映本社第一試写室 映画の話 まるでカメレオンのようにいくつもの表情をもち、時折ゾッとするほど冷め切った顔を垣間見せる伍郎。疑いすら持たせず人を欺き金を稼ぐ、あてのない人生。ある日、いつもの様に完璧に獲物を騙しきった伍郎たちが偶然、拉...
2008-53『カメレオン』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2008-53『カメレオン』(更新:2008/07/18) 評価:★★★☆☆(★★★★☆の間) 今は亡き、松田優作の為に書かれた遊戯シリーズの脚本を現代風にリメイクして、藤原竜也で映画化。 ハードボイル...
■『カメレオン』■ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:日本映画、阪本順治監督、丸山昇一脚本、藤原竜也・水川あさみ共演、30年前に松田優作主演を想定して執筆された脚本。
「カメレオン」:平野一丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}10円?なんだ、これ? {/hiyo_en2/}何でしょうね。謎だわ。 {/kaeru_en4/}10円じゃあ、いまどき何にも買えないだろう。昭和の時代ならまだしも。 {/hiyo_en2/}でも、なんか愛嬌がある看板でいいじゃない。 {/kaeru_en4/}愛嬌があるといえば、映画の「カ...
カメレオン (迷宮映画館)
うーーーん・・。微妙感が漂う映画なのだが、その微妙感が映画の魅力なのかも。
「カメレオン」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2008年・東映/監督:阪本 順治) 企画・黒澤満、脚本・丸山昇一、製作・セントラルアーツ…懐かしい名前である。かつて1970年代後半から'80年代にかけて、数々のB級アクション
【映画】カメレオン (新!やさぐれ日記)
■動機 ポスターと予告編がカッコよかった ■感想 思ったのとはちょっと違うかな? ■満足度 ★★★☆☆☆☆ あんまり ■あらすじ 幾度となく変化を繰り返してまるでカメレオンのように生きる伍郎(藤原竜也)は、ターゲットに疑いすら持たせずに欺いて金を稼ぐ...
カメレオン (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  染まらない・染められない、これがオレの生き方  
『カメレオン』 @丸の内TOEI (映画な日々。読書な日々。)
まるでカメレオンのようにいくつもの表情をもち、時折ゾッとするほど冷め切った顔を垣間見せる伍郎。疑いすら持たせず人を欺き金を稼ぐ、あてのない人生。ある日、いつもの様に完璧に獲物を騙しきった伍郎たちが偶然、拉致現場に居合わせてしまった事をきっかけに、暗い闇
カメレオン (江戸川心歩・傑作娯楽小説全集)
 詐欺師の集団<山村一座>のマネージャー:野田伍郎たちは、結婚詐欺の帰り、大臣秘書が、口封じのために、かどわかされる場に出くわし、証拠の動画を撮った。 黒幕は、総理大臣の厚木!! 「記憶にございません」と居直っている。 証拠の動画を持っていることがばれ...
(映画)カメレオン (ゼロから)
仲間を殺された恨みを晴らすべく、単身で敵地に乗り込み皆殺しにするところは、やはり松田優作をイメージして脚本が作られていることを感じました。