自主映画制作工房Stud!o Yunfat 改め ALIQOUI film 映評のページ

映画作りの糧とすべく劇場鑑賞作品徹底分析(ネタバレ)
ブロガー37名による「00年代映画ベストテン」発表

フラガール [監督:李相日]

2006-10-08 12:05:00 | 映評 2006~2008
知ってか知らずか、私の思い込みか、これまで見てきた様々な映画が頭をよぎる
ストーリーの基本ラインは「フルモンティ」と「リトルダンサー」足したような感じ(ってことは「ウォーター・ボーイズ」にも似てるんだ)。女の子たちが何かに挑むってところで「スウィング・ガールズ」な感じもする。このままこの町で決まりきった人生送るのやだなあ・・・ってのもよくある設定だが最近だと「シムソンズ」がそれだ。
ダンスに反対していた親が子供の夢をかなえさせてやるため地域社会の方針に反する行動をとるところは、「リトル・ダンサー」の父親と少年の関係そのものだ
落盤事故でこの中の誰かの肉親が犠牲になったと言って蒼井優の方に岸部一徳か松雪泰子かどっちか忘れたけどが近づいてきて蒼井優の隣のしずちゃんに伝えられるシーンは、「プリティ・リーグ」で、この中の誰かの夫が戦死したと言ってトム・ハンクスがジーナ・デイビスの方に近づいてきて、彼女の隣の女性にお悔やみを伝えるシーンと酷似している(もっとも「フラガール」はその前の怪我人が運び出されるシーンで、豊川悦司と富司純子が健在なのがはっきり示されるため、続くシーンで蒼井優がどんなに不安がっても、観客はその気持ちに同調することができないのだが・・・)
その他、机の下でステップを踏む足・・・「Shall we ダンス?」、嫌がってたトレーナーが練習生の一途な思いに根負けし基礎を教え始めるあたり・・・「ミリオンダラー・ベイビー」、"本物"の芸を覗き見する憧れのまなざし・・・「さらば我が愛」、ついでに一人黙々と踊る蒼井優の姿に「花とアリス」がだぶってきても仕方あるまい。
以上、中にはこじつけ気味なものもあるし、例にあげた映画だってもっと過去の何らかの映画を出典としているだろうし、だいたい映画なんてものは(昨今は特に)模倣芸術としての色合いが強い。「皆が彼の真似をしたが、彼は誰の真似もしなかった」(※1)なんて言われる映画監督はもう世界には残っていないのではないだろうかと思う。
(※1…スピルバーグがアカデミー授賞式でキューブリックを追悼して言った言葉)。

この映画はベタなドラマと言える。様々な映画の直接・間接の影響があろうとなかろうと、どっかで見たよな展開、期待通りの展開を見せて、最後は大体の登場人物たちがお互い理解しあってハッピーエンド。
不特定多数の共感得ることを目的とした娯楽作として申し分ないものに仕上がっているといって言いだろう。それはつまり通俗的ってことなのだが、同じ通俗ベタ女の子がんばる系ドラマでも例えば「シムソンズ」や「スウィングガールズ」なんかより深く感じるのは、きれいごとだけ並べずに、成功の影にある犠牲や汚い面も見せているからだ。
夢をあきらめざるを得なくなった友人。炭坑閉山という時代の流れに空しく抗いやがては消えていく運命にある古い人たち。保守と変革のぶつかりあいで亀裂の走る町。肉親の死と向き合うメンバー。

親が死ぬかもしれないというのに、フラダンスの巡業を続けるくだりは、その行為自体、多くの人たちの不興を買うだろう。だが、あのシーンはそのような状況設定をする作者の意向に疑問を感じるよりは、登場人物たちが間違った決断を下してしまったシーンとして認識したい。
地域の理解もなく自分たちでさえいい事なのかうまくいくのかよくわからない新しいことを続ける人たち。彼らは毎日が暗中模索でいつも決断を迫られる。当然毎回正しい決断をするとは限らない。時には間違った事もしてしまうのである。そうした取り返しのつかない失敗というものも新規立ち上げにはつきものだ。だからこそラストに成功した時の感動が強まるのだ。
そうはいってもその後のコーチとの別れのシーンと、あっさり考えを変えて町に残るコーチ・・といったシーンは、イカニモすぎて苦笑すらさそう。私の責任ですと言い張ったコーチがあっさり前言撤回する様はなんともかっこ悪い。だがどんなにみっともなくてもバカみたいに笑ってろというコーチの思想とは矛盾がない。
この別れのシーンは駅のプラットホームで女の子たちがコーチから教わったフラダンスを涙ながらに披露する。事前に「フラダンスには手話の要素がある」とコーチがうんちくたれるのをへぇぇと聞き流していた何気ないシーンがこういうところの伏線になっているあたり、脚本家(※2)の力量を感じる。ただしコーチとの別れという状況設定の作り方が前述のようにちょいとわざとらしいのが難点なのだ。
(※2・・・脚本は李相日と羽原大介の共同。羽原は「パッチギ!」が代表作だろうが、それよりも「ふたりはプリキュア」で予定調和的女の子がんばって努力する善人は報われるストーリーをたっぷり書いている。ああいうところで腕を磨いてんのね・・・)

ベタベタな脚本とはいえ、そこらのホンより優れていると思ったところをもう一つ。
娯楽映画の基礎中の基礎「映画開始の早い段階で物語の最終目的を提示する」
この映画ではタイトル前のプロローグでそれがしめされる。主人公と思しき女の子(早苗)がフラダンサー募集のポスターを見つめる。そしてそのポスターをひっちゃぎって友達の女の子(紀美子)にフラダンサーになりたいという夢を熱く語る。
もちろん熱く語る早苗があんま見た事ない女優で、かたや紀美子は映画でCMで有名な蒼井優だから、ほんとはどっちが主役かくらい判るのだが、演出的に導入部では蒼井優は脇役である。
蒼井優など何も知らない人間(例えばハリウッドのアメリカ人)が見たら、この映画は早苗がフラダンサーになる夢をかなえる物語だと思うだろう。
話が進むにつれ演出のスポットは徐々に紀美子に移っていき、早苗がドタバタと失敗して皆の笑いを誘う一方で、紀美子は生活環境や家族関係の紹介、フラ以外に行き場のなくなったところが示されるが、主役として物語を引っぱりはしない。
だがやがて、主人公の交代が起こる。早苗が遠く北海道への引っ越しを余儀なくされ夢をあきらめざるを得なくなる。
そこでそれまで友達に誘われたから+親と喧嘩して他に行き場がないから、という極めて受動的な動機でフラダンスのレッスンを受けていた紀美子の心情が劇的に変わる。彼女は親友から夢を引き継いだのだ。ここから他の全ての人に嫌われても歯を食いしばってプロのフラダンサーになることを決意する。
引き継ぎというシチュエーションを挟むことで主人公に共感しやすい物語としている。ここが平凡なベタドラマではあまり見られない点だと思う。その早苗から紀美子に夢が託される場所が、最初に早苗が紀美子に夢を語った場所であるというところも美しい。この脚本はこういう細やかな反復が上手い
「引き継ぎ」はコーチから生徒へのそれも描かれる。前半で覗き見していたコーチのダンスを、後半すっかりモノにしている紀美子。行為の反復が上の世代から下の世代への引き継ぎを表す。
ついでにそれが子から親への夢の逆引き継ぎというか伝染をもたらしているところも素晴らしく、人から人へと気持ちが伝わっていくことで時代や社会が変わっていくことが、いわきの地でシミュレートされているかのようだ。
ここまできたらついでに紀美子が後輩たちにダンスの指導するシーンでもあれば良かったのにと思うけど。

そんなこんなで、ベタドラマ嫌いのつもりだった私もいろいろと不満はありつつ、概ね満足できる佳作であった。
とは言え、アカデミー賞はどうだろうか?「リトル・ダンサー」や「フルモンティ」の好きなアカデミーにはうけるかもしれないが、二番煎じと一蹴されて終わりな気もする・・・

監督は李相日。これまで「69」「スクラップ・ヘブン」と見てきたが、どちらも「惜しいとこで傑作になり損ねて凡作止まり」だった。やっと凡作を越えて佳作を作ったところを良しとしたいが、安パイな通俗ベタドラマである本作よりも、前二作の方が映画作家としてはアグレッシブだった気もする(特に「スクラップ・ヘブン」は)。
このままリスクの少ない通俗ドラマの世界に留まるのだろうか。その方がいいような気もするし、残念な気もするし・・・塩田明彦みたいに両方使い分ける監督になるのが一番いいかも。

おおっと、最後に。
しずちゃん、いいね。むろん演技が上手いというわけじゃないが、誰よりも次の行動が気になる。存在感ありすぎ。今年の新人賞くらいはとれるんじゃなかろうか

*******
↓面白かったらクリックしてね
人気blogランキング

自主映画撮ってます。松本自主映画製作工房 スタジオゆんふぁのHP

コメント (6)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
« レディ・イン・ザ・ウォータ... | トップ | 知らなかった ベルイマンの... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
納得 (マダム・クニコ)
2006-10-09 21:44:20
>登場人物たちが間違った決断を下してしまったシーンとして認識したい。



納得です。面白い解釈ですね。

私もしんさんと同様、本作は、文句をつけながらも佳作だなあ、と評価しています。

それにしても、スポ根系ドラマは、すたれませんねえ。

コメントどうもです (しん)
2006-10-11 18:51:53
>マダムクニコさま

名作っていうか佳作って感じですよね。あまり映画に興味ない人に進めやすく、そういう人たち相手に話題を映画にもっていくとっかかりにいい作品だと思います。

これからも世界中でスポコン映画がつくられウダツのあがらなかった監督が世界に羽ばたくきっかけとなっていくのでしょうね。おいしいジャンルです。
ベタ好き (aq99)
2006-10-24 23:01:28
>ここまできたらついでに紀美子が後輩たちにダンスの指導するシーンでもあれば良かったのにと思うけど。

コレ、ゼッタイほしかった!



羽原大介って「プリキュア」の人なんですか。

ちゃんと見てなったのを後悔しています。

「69」に関しては、宮藤官との相性がよろしくなかったのかと・・・。



キム・ギドク。彼だけは、特異な人じゃない?



コメントどうもです (しん)
2006-10-26 20:28:01
>aq99さま



そうだそうだキム・ギドクがいたじゃないか

模倣から遠い男が・・・・って思ってたら、キム・ギドク引退宣言だって

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/08/22/20060822000031.html



まったく、バカだな
引用 (kimion20002000)
2006-11-19 03:22:48
TBありがとう。
たしかに、映画というのは、引用の塊みたいなものですね。
この映画のリアリティは、やはり、炭鉱の閉鎖に伴う地域社会の激変というテーマが、観客の(あるいは係累を通じての)記憶を揺さぶるところだと思います。
そこが、方言も伴って、懐かしいような、胸が痛くなるような、感情を呼び起こします。
コメどうもです (しん)
2006-11-24 05:02:33
>kimion20002000さま
北海道出身の私は夕張のことを思い出しながら観ました。閉山からリゾートへと転換図ろうとした点は同じでも明暗わかれたところが寂しいかな、街自体の経済力の違いなのかと・・・いろいろ考えさせられました。
方言は楽しかったけど、松雪泰子に「なまってて全然わかんない」とわざわざ言わせる説明的すぎる演出はちと残念でした

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映評 2006~2008」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

21 トラックバック

フラガール (何を書くんだろー)
「フラガール」評価 ★★★★★★★★★★(絶対的賞賛作品)『あらすじ』 昭和40年、福島県いわき市。炭坑町として賑わいを見せるも時代の移り変わりより石炭から石油へとエネルギーの需要は移ってゆく。そんな町で暮らす高校生の早苗は、通学路で見つけた「 ...
フラガール/場所を巡って             (マダム・クニコの映画解体新書)
 冒頭、斜めの構図が提示される。  少女が2人、将来への不安を語り、ボタ山から斜めに滑り降りる。  集会所の「一山一家」の額が傾き、炭坑が斜陽産業であることが分かる。 窓、戸、カメラのファインダーなどから、のぞき込むシーンが多用される。 本作 ...
フラガール (ネタバレ映画館)
でかい・・・しずちゃん。
★「フラガール」 (ひらりん的映画ブログ)
ホントは「レディ・イン・ザ・ウォーター」を見るつもりだったけど・・・ 時間の都合で邦画の「フラガール」。 予告編は何度も見てるのであらすじは大体判ってるけど・・・。 炭鉱娘が感動させてくれるのか???ってちょっと心配。
フラガール (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  私、生粋の東北人です・・・  
映画『フラガール』 (コラムニスト宣言)
 これは、まさに「躍る=踊る」フィルムだ。  歴史的役割を終えつつある炭坑に見切りをつけ、女たちが躍り出る。男を支える、という役回りからも舞い降りる。教師のダンスを初めて間近に見た女たちの胸は躍り、フラダンスに自分たちの夢を託す。女たちは、愛を ...
フラガール (映画を観たよ)
すんごくステキな映画! いつも通りの展開だと思ってたんですよね。 最初は色々あるけどみんなで解り合って頑張って最後には大成功!っていう展開だと思ってたら違った! いや、展開はいつも通りなんだけどフラにかける思いが違う! だって生活と未来が懸かってい ...
今年の邦画ベストワン候補「フラガール」 (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
米アカデミー賞にも 日本代表として出品されますね。 そんなに期待せずに見たのに 今のところ今年の邦画ベスト1に 選出したい 「フラガール」が 9月23日より公開されます。 昭和40年 エネルギー革命により閉鎖が迫る炭鉱のまち。 そこでは北国をハワイに ...
『フラガール』 (Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐)
「いくぞ! フラガール!」 ハワイアンのメロディと、情熱的なフラダンスに、魅了されっ放しの約2時間。 身も心もすっかりハワイの気分です。(笑) 東北発の炭鉱娘のハワイ行き物語は、実に面白くて、嬉し泣き・悔し泣き…、涙、涙のサクセスストーリーで、私た ...
「フラガール」■転換期に何を選ぶか? (映画と出会う・世界が変わる)
この作品の概要を読んだときには、「プロジェクトX」か「スウィング・ガールズ」のような内容を予想したのであるが、実は違った。時代が変わるとき、環境が変わるとき、それも自分の人生や生活の中心にあったものが消えようとしているときに、人々はどのような選 ...
フラガール (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <池袋シネ・リーブル> 監督:李相日 脚本:李相日 羽原大介 音楽:ジェイク・シマブクロ 昭和40年。もはや時代遅れとなりつつある常磐炭坑では、人員削減と共に新たな町興しとしての行楽施設の建設が計画されていた。常夏の島ハワイ ...
フラガール 06年205本目 (猫姫じゃ)
フラガール 2006年   李相日 監督松雪泰子 、豊川悦司 、蒼井優 、山崎静代 、岸部一徳 、富司純子 久しぶりに、姉君とデイト。 彼女はスネーク何とかって言う飛行機の映画をご所望でしたが却下。で、今、今年見た映画をざっと見返したのですが、、、 ...
「フラガール」 涙は心の汗だけではない、楽しいだけの笑顔もない (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
いやぁ、これはもう我が子の運動会か発表会を見てる親の心境やね! ついこないだ、初めて幼稚園児の運動会に参加して、こんな世界があったのか!親になってよかったよ!!と特権的に思ったところだったのに、映画で追体験できるなんて。 で、誰の目線で見てるの? ...
『フラガール』 (ラムの大通り)
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 「まいったな。 まさか、李相日監督の映画で涙が出るとは思わなかった」 ----『69 sixty-nine』のこと、 いつもよく言わなかったものね? でも、これもあ ...
『フラガール』 (Cinema雑感)
『フラガール』 ★★★ (2006年 日本 120分) 監督:李相日 キャスト:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、富士純子、岸辺一徳、山崎静代 昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。オイルにおされる石炭の影響は当然の如く炭鉱に及び、
37 フラガール (毎週水曜日にMOVIE!)
この試写会もすごく盛況。私もとても見たかったのでうれしかった。だいたい松雪泰子はきっぷがよくて素敵だし、蒼井優は宮崎あおいと並んで、今後の日本映画を支えていくでしょう。 昭和40年。炭鉱の町常磐は石油に取って代わられる時代の波においていかれそう ...
『フラガール』 (京の昼寝~♪)
人生には降りられない舞台がある・・・。まちのため。家族のため、友のため、そして自分の人生のために、少女たちはフラダンスに挑む。   ■監督・脚本 李相日■キャスト 松雪泰子、蒼井優、豊川悦司、山崎静代(南海キャンディーズ)、富司純子、岸部一 ...
フラガール(9/23公開) (第八芸術鑑賞日記)
 11/1、アミューズCQNにて鑑賞。8.5点。  これは傑作。ベタな展開ながらも、必要なシーンを丁寧に描ききることで名作に仕上げている。  昭和四十年、福島県いわき市。廃れゆく炭鉱の町という舞台がもう反則だ。それだけでお涙が頂戴できる。さて、そんな町に村 ...
NO.177「フラガール」(日本/李相日監督) (サーカスな日々)
邦画のエンタテイメント・シネマの最高峰として、 堂々とアカデミー(外国作品)賞を競えばいい! 僕がとても注目している映画の、製作・配給会社にシネカノンがある。 代表は李鳳宇。1960年生まれの彼は、1989年にシネカノンを立ち上げ、「シュリ」「ブラス」「 ...
フラガール at アミューズCQN (備忘録)
今年度のアメリカ、アカデミー賞の日本代表作品は実際にあったことを題材にした笑って泣けるドラマ。 「フラガール」 2006年日本  監督:李相日 出演:松雪泰子    豊川悦司    蒼井優    富司純子 公式
『フラガール』'06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ昭和40年、本州最大の炭鉱・常磐炭鉱では大幅な人員削減が迫り、かつての基幹産業としての隆盛は見る影もなくなっていた。そんなまちを救うため、この北国に“楽園ハワイ”を作り上げるという起死回生の一大プロジェクトが持ち上がる。目玉はフラダンスショー。盆...