自主映画制作工房Stud!o Yunfat 改め ALIQOUI film 映評のページ

映画作りの糧とすべく劇場鑑賞作品徹底分析(ネタバレ)
「10年代映画ベストテン」募集中!

武士の一分 [監督 : 山田洋次]

2006-12-12 00:27:38 | 映評 2006~2008
妻の不貞を知り、今すぐ離縁する、と怒りを露にするキムタク。
三隅研次演出の市川雷蔵なら、壇れいはその場で斬られてそう・・・壇れいが手込めにされるシーンでもおっぱいの片っぽくらいは出させただろう・・・

 キムタク:盲人だからといって油断めさるな
 笹野高史:目が見えないからといって油断されぬようにと・・・
黒澤明演出だったらこんな感じか
 三船敏郎:メクラだからって手加減するこたねえ
 左ト全:メクラだからって油断されますなとおっしゃってただよ
山田洋次監督の性格か、テレビ局の制作だからか、放送に不適切な言葉は巧みに避けられている・・・

物語は要約すると「許せねえ、ぶった切る」というものである。過去二作品に比べてものすごく単純で、深みはないが代わりに熱い
台詞は時にものすごく説明口調となるが、説明的にくどくど喋るのは主に坂東三津五郎である。それはそれで恩着せがましかったり、ねちっこく嫌らしかったり、高飛車な感じが出たりで、「有り」と思わせてしまう。ずるいのか、うまいのか
説明台詞の多さがこれまでの山田洋次作品を包んでいた生活感を薄れさせている気がする。しかしそれでもなお俳優たちの見事な演技とそれを引き出す山田演出は凄い。
キムタクの熱さ、冷酷さ、それに盲人みたいな動きに、壇れいの可憐さもいいのだけど、主役2人より脇が光る。
笹野高史さんは、長いキャリアの中でもベストアクトといっていいのではないだろうか。時にユーモラスに、時には命がけで夫婦に尽くし、そして2人を幸せに導いていく。薄汚いじいさんの姿をしているが実は2人の守護天使であるかのよう。とても愛すべきキャラに作られている。
桃井かおりさんもさすが上手い。登場シーンでは全部持っていく。
前回、鬼の爪で成敗された筈の緒形拳まで復活して「長い散歩」の予告編観た後だけに宣伝みたいと思いつつも、貫禄ある演技に舌を巻く。

前二作、(「たそがれ」と「隠し剣」)は、階級社会の抱える矛盾、身分の違いを越える男女が新しい時代への扉を開きつつある様とか、あるいは時代の流れの中で消え行く武家社会への挽歌といったものが作品に溢れていた。特に「隠し剣」には
しかし、本作にはそういった社会性という観点からの現代へのメッセージは乏しい。
前二作で高い身分の上司に命令され、心ならずも真剣勝負に赴いた武士はいない。
妻を手込めにしやがった悪党をタタッ切らなきゃ気が済まん、という非常に個人的な理由である。
加えて、バカ殿と思われていた主君が実は、部下の仕事をちゃんと評価していて温情ある処遇をしてくれたことがわかる。階級制社会の肯定とまではいかないが、いい人になら権力を集中させてもいいと考えているともとれる。
武士であるキムタクは百姓である笹野高史を頭ごなしにどなりつけ、またそうすることに疑問を感じていない。
少なくとも主人公たちは社会の矛盾に気付いていないし、新しい時代の必要性も感じていないように思える。

けれど、それはわざとそのようにしているのかもしれないと思った。この映画のファーストシーンで妻は夫の毒味役という仕事が藩主の眼前で行われるものだと思っていたため、何も知らないのだな、と夫に笑われる。妻は世間知らずであることがわかる。
夫はそんな妻を笑える程度には世間を知っているが、それでも2人ともまだ若いのに、親もなく子もなく、中間が一人いるだけで、張り合いのないお毒味の仕事以外は妻との暮らしがすべて。結局2人とも世間知らずどころか、自分たちの家の外のことにもそんなに明るくない。社会とか時代とかそんなことを考える余裕もなく、考えねばならないことも起こらない。
物語も2人の家でのやり取りがメインとなり、ダイナミズムは微塵もないが、夫婦と徳兵だけの狭い世界の中に押し込められることで濃密になったドラマが展開していく。
妻の不貞を許せないのも、献身的に使える徳兵を罵倒するのも、それしか知らない生き方をしてきたゆえに仕方がない。失明し藩主の役に立たなくなったから死のうと、短絡的に考える。
けれど夫以外何も知らずに生きてきた妻の思いを受け止め、2人だけの世界に入っていく。そして夫婦でともに生きていくことの大切さを噛み締めるにいたる。
夫婦(男女)の有り様を描くという点では山田時代劇で最も見事に決まっていた。
社会とか時代とかそんなものより、ただひたすらに妻と夫の絆を描きたかったのだろう。

作品のウリである殺陣について書くと、隠し剣のように師匠と猛稽古するシーンが用意されているものの、稽古で身につけた技で敵を斬るような作劇の面白みはない。せいぜい敵は卑怯なことしてくるぞとか、敵は盲人が相手だから油断するのでその隙をつくとか、精神論とか心構えが語られるくらいなので、弱い。
それでいよいよ対決となるのだが、ここでは作劇とか殺陣とかでなく効果音で盛り上げる工夫が見られて面白かった。
そのシーンまでの効果音については、正直いって、安易すぎる雷の音とか雨の音の使い方とか、今ひとつだったが、クライマックスの闘いにおける音響は凄かった。盲目の剣士が頼りとする音の重要さと、音があだになりピンチを招くところとか真似できない。
敵は時代がかった喋り方で、ゆっくりと免許皆伝の腕前であることを伝えてくれる坂東三津五郎。対決の場には侍らしく一人だけで現れるが、いざとなると屋根に登るという微妙に卑怯な手を使うところが面白かった。

ちなみにセルジオ・レオーネ風(またはイーストウッド風)に演出すれば、三津五郎をしとめたキムタクを離れたところから鉄砲か弓矢で狙う手下がいて、そいつを笹野高史が仕留めて闘い終了・・・

*******
↓面白かったらクリックしてね
人気blogランキング

自主映画撮ってます。松本自主映画製作工房 スタジオゆんふぁのHP

コメント (7)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
« 朝日ベストテン映画祭(20... | トップ | ヨコハマ映画祭(2006年度) »
最新の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なるほど (kossy)
2006-12-15 00:04:09
最後に笹野さんがもう一活躍ですかぁ~
そうなったら中間の一分。
でも彼だったら、返り討ちに遭いそうな・・・
いやいや (しん)
2006-12-15 00:42:02
>kossyさま
いやいや、実はああ見えてすげー強い剣の達人なんです。
三津五郎が負けたのも実は笹野さんが口上を述べに行ったときに鬼の爪でひゅっっとやっていたからで・・・
レオーネ版 (aq99)
2006-12-15 19:08:43
音楽も自然の効果音が満載で、まさにモリコーネ風だったラストの決闘。
日本版「最終絶叫計画」みたいな映画が作られたら、ぜひやってほしいですね~。
徳平のほくろから、毒液がドピュっとなら、山田風太郎風。
コメントどうもです (しん)
2006-12-17 02:00:52
>aq99さま
モリコーネといえばアカデミー名誉賞受賞だそうでおめでとうございます。モリコーネならラブシーンとかもっとエロい曲かけそうだけど

ラスト三津五郎を斬った後、枯れ木の色が真っ赤に変わったらチャン・イーモウ風
社会性 (マダム・クニコ)
2006-12-19 11:45:40
>社会性という観点からの現代へのメッセージは乏しい。

鋭い指摘ですね。
同感です。
私は女性蔑視の思想が気になりました。

ところで、別件で推薦していただき、ありがとうございました。
コメントどうもです (しん)
2006-12-20 01:58:45
>マダムクニコさま
シネマぴあに私が推薦したブログ、あれもこれも1次審査通過して、結構見る目があったんだなあと一人ほくそ笑んでいました。
二次選考でよい結果が出ることを願っております。
小市民 (kimion20002000)
2007-08-17 23:42:07
TBありがとう。
僕もこの物語を「小市民劇」と思いました。
それはそれで、「小市民の一分」というコンセプトを出したかったのかな、と。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映評 2006~2008」カテゴリの最新記事

15 トラックバック

「武士の一分」正攻法の秀作 (ももたろうサブライ)
監督 山田洋次 藤沢周平原作のいわゆる海坂藩物第3弾。  一分=分際・体面というような意味 「花よりもなお」はそれを笑い飛ばす傑作だったが、こちらはそれを正攻法で描いた作品。 毒見役の下級武士が貝毒にあたって失明するということから物語は展開する ...
武士の一分 (活動写真評論家人生)
 動物園前シネフェスタ  これほど前宣伝した山田洋次監督作品があったろうか。「男はつらいよ」のおか
★「武士の一分(いちぶん)」 (ひらりん的映画ブログ)
SMAPのキムタク主演の時代劇。 彼のファンの人は、「キムタク」とは呼ばないそうですが、 良い意味のあだ名なので、敢えて。 結構スマップ好きなひらりんなんですっ。
映画「武士の一分」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「武士の一分」 山田洋次監督による藤沢周平時代劇映画化三部作の最後の作品。 「武士の一分」とは、侍が命をかけて守らなければならない名誉や面目の意味。 舞台は江戸時代末期、東北地方にある架空の藩である海坂藩。下級武士・三村新之丞(木村拓哉 ...
武士の一分 (ネタバレ映画館)
徳平(笹野高史)の子孫は上京し、やがて鈴木建設社長の運転手へ・・・
武士の一分 (Akira's VOICE)
オーソドックスな物語に新鮮味は無くとも, 見終わった後に残る感情は優しく心地良い。 でがんす。
「武士の一分」 山田洋次、宝刀を抜く (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
藤沢周平=山田洋次モノ三部作(続きもんではないが)の完結編で、主演にキムタクときたら失敗するわけにいきません。 『男はつらいよ』シリーズの後釜にと思ったのに2作で終わった『虹をつかむ男』シリーズや、『1』『2』が評判よかったんで『3』を撮ったらも ...
武士の一分/「知る」ということ (マダム・クニコの映画解体新書)
男性にとって都合の良い女性像が描かれており、観ていて気分が良くなかった。だが、若者の成長物語ということで観れば、それなりに得るものはある。 goo 映画  「武士の一分」にこだわるあまり、献身的な愛を捧げてくれる妻・加世と話し合うこともせず、即刻 ...
武士の一分 (いろいろと)
監督 山田洋次 出演 木村拓哉、檀れい、笹野高史 ほか 「たそがれ清兵衛」 「隠
武士の一分 (とにかく、映画好きなもので。)
 一分とはどういう意味なのだろうと、考えてみた。  近習組に勤める下級武士である三村新之丞(木村拓哉)は、上方の毒見役という役目を負っていた。その役目にはあまり意義を感じず、嫌悪感を持って接していたが、美しい妻・加世(檀れい)と ...
武士の一分 (こころね*)
譲らない心。 譲れない愛。 命をかけて、守りたい愛がある。 ストーリー:幕末時代の海坂藩(山形県庄内地方に実在した庄内藩がモデル、現在の鶴岡市)。 藩主の毒見役を務める侍、三村新之丞は妻・加世と慎ましくも幸せに暮らしていた。 だがある日、毒 ...
武士の一分(12/1公開) (第八芸術鑑賞日記)
 12/21、渋谷シネパレスにて鑑賞。6.0点。  『たそがれ清兵衛』に始まる山田洋次の時代劇第三弾。今回も藤沢周平から原作を採り、華やかなチャンバラ劇ではなく、下級武士の孤独な戦いを描く。もちろん人情ドラマでもある。  城中で毒見役を務める下級武士の三 ...
武士の一分 07019 (猫姫じゃ)
武士の一分 2006年   山田洋次 監督   藤沢周平 原作木村拓哉 檀れい 笹野高史 小林稔侍 緒方拳 桃井かおり 板東三津五郎 キムタクって、童顔すぎるよねぇ、、、 山田監督の、時代劇三部作最終章。 なんだケド、微妙だなぁ、、、 ま、勝手に、もっ...
mini review 07067「武士の一分」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
カテゴリ アクション 製作年 2006年 製作国 日本 時間 121分 公開日 2006-12-01~2007-02-16 監督 山田洋次 ストーリー 毒見役の下級武士、三村新之丞は、美しい妻・加世と中間の徳平と平和な毎日を送っていた。ある日、毒見の後、新之丞は視力を失うほど...
『武士の一分』’06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ下級武士の三村新之丞(木村拓哉)は、妻の加世(檀れい)とともに幸せに暮らしていた。しかし、藩主の毒見役を務め、失明してしまったことから人生の歯車が狂い始める・・・。感想直ぐにTVでやると思って、待ってたけど予想以上に早かったな~『たそがれ清兵衛...