自主映画制作工房Stud!o Yunfat 改め ALIQOUI film 映評のページ

映画作りの糧とすべく劇場鑑賞作品徹底分析(ネタバレ)
ブロガー37名による「00年代映画ベストテン」発表

2006年度 マイ・ベストテン 外国映画篇

2007-01-02 21:50:29 | 私の映画年間ベスト
2006年に観賞した外国映画30作品の中から、独断と偏見によるマイ・ベストテンおよび勝手に個人賞を発表します。
基本的には2006年度に初公開された作品で、かつ私が映画館で初めて観賞した作品を対象にしています。ただし長野県松本市を中心とした映画鑑賞を行っている関係で東京より1年遅れで初公開される作品もあり、もちろんそれも対象としています。
外国映画観賞リストは→こちら

*******
2006年、外国映画ベストテン
1位 メルキアデス・エストラーダの三度の埋葬 [米] 監督:トミー・リー・ジョーンズ


2位 父親たちの星条旗 [米] 監督:クリント・イーストウッド


3位 硫黄島からの手紙 [米] 監督:クリント・イーストウッド


4位 太陽 [露] 監督:アレクサンドル・ソクーロフ


5位 うつせみ [韓] 監督:キム・ギドク


6位 ブロークバック・マウンテン [米] 監督:アン・リー
7位 ホテル・ルワンダ [英] 監督:テリー・ジョージ
8位 ブレイキング・ニュース [香港] 監督:ジョニー・トウ
9位 プライドと偏見 [英] 監督:ジョー・ライト
10位 ミュンヘン [米] 監督:スティーブン・スピルバーグ


惜しいけどテンから外したのは「クラッシュ」「シリアナ」「世界」「ホワイト・プラネット」「16ブロック

解説
2006年という年は間違いなくイーストウッドの硫黄島祭りの年として記憶されていくことになるでしょう。だからそのどちらかを1位にしようかとも思ったのですが、やっぱり「メルキアデス・エストラーダの三度の埋葬」というとても奇妙な映画の持つ強い磁力に逆らうことができず、1位としてしまいました。カンヌの脚本賞と演技賞はとったけれども、日本の評論家や観客たちにはそれほどウケてない気もするこの作品にささやかなエールをおくろうと思います。
イーストウッドの硫黄島二作は仲良く、2~3位。世評の高さといい、実際自分が受けた強い感動といい「硫黄島からの手紙」を上位にすべきところですが、デキはかなりいいのに「~手紙」にかすんで評価渋めの「父親たちの星条旗」をあえて上位にしたかったのです。あわせて「~手紙」と「太陽」を並べてみたかったというのもあります。どちらも外国の映画人が、日本の俳優を使い日本語で日本や日本人を描いた作品です。チャン・イーモウの「単騎、千里を走る。」がもっといいデキだったら三作並べることができたのに。
「うつせみ」は笑える芸術映画。引退宣言とかバカなことしないでほしいキム・ギドク監督。
アメリカ映画だけど台湾のアン・リーが撮った「ブロークバック・マウンテン」も心にしみる愛の映画。同性愛ものだってデキがよけりゃ感動できるんだ。
硫黄島二部作と「ホテル・ルワンダ」で戦争なんて美しくもかっこよくもないと再認識。アクション映画ならまだまだ香港が世界トップであることを証明した「ブレイキング・ニュース」。「プライドと偏見」でイギリス映画の層の厚さを思い知り、やっぱり外さないスピルバーグの「ミュンヘン」。
「ミュンヘン」を10位としたけど、もしこれが日本映画だったら間違いなく1位です。今年は日本映画が面白いとか言うけど、外国映画の方が絶対に面白いと思います。「松子」も「ゆれる」も「フラガール」も外国映画のマイベストテン作品と比べたらどうしたって見劣りします。

*******
2006年、外国映画・勝手に個人賞
監督賞 クリント・イーストウッド 「硫黄島からの手紙」
 他に良かった監督…クリント・イーストウッド「父親たちの星条旗」、トミー・リー・ジョーンズ「メルキアデス・エストラーダの三度の埋葬」、ジョー・ライト「プライドと偏見」

主演女優賞 キーラ・ナイトレイ 「プライドと偏見」
主演男優賞 トミー・リー・ジョーンズ 「メルキアデス・エストラーダの三度の埋葬」
 他に良かった人…渡辺謙「硫黄島からの手紙」、イッセー尾形「太陽」、ドン・チードル「ホテル・ルワンダ」

助演女優賞 ミシェル・ウィリアムズ 「ブロークバック・マウンテン」
 他に良かった人…桃井かおり「太陽」

助演男優賞 ドナルド・サザーランド 「プライドと偏見」
 他に良かった人…バリー・ペッパー「メルキアデス・エストラーダの三度の埋葬」、ニック・ノルティ「ホテル・ルワンダ」

脚本賞 メルキアデス・エストラーダの三度の埋葬 ギジェルモ・アリアガ
 他に良かった作品…「父親たちの星条旗」「ブレイキング・ニュース」「クラッシュ」「シリアナ」

音楽賞 レディ・イン・ザ・ウォーター ジェームズ・ニュートン・ハワード
 他に良かった作品…「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」「ミュンヘン」「ブラック・ダリア


解説
「メルキアデス・エストラーダ」が大好きなので監督賞も当然トミー・リーに・・・と思ったけど、監督はイーストウッド、主演男優にトミー・リー、助演男優に「プライドと偏見」のドナルド・サザーランドとすれば、スペース・カウボーイズ再結集じゃないか!!と一人で喜んでそのようにしました。(ジェームズ・ガーナーがいないけど)
今年、男男した映画ばかり観たので印象的な女優がまるで出てきません。だから主演女優は「プライドと偏見」のキーラに決まり。他に思いつかない。目と表情だけの高度な演技を演じきった演技力は実際素晴らしいと思います。同じ様な演技でも「うつせみ」のイ・スンヨンと比べればキーラがはるかに素晴らしいことが判ります。だてにブラッカイマー作品のヒロイン何度も務めていない!!
助演女優もそんなに印象的な人は思いつかないのだけど、「ブロークバック・マウンテン」で夫を男に寝取られ憎悪溢れるキャラを演じて印象深いミシェルに。
それにしても今年は主演も助演も印象的な人思い浮かべたら日本人ばっかりでてきます。
脚本はもちろん読んだわけではないのですが、メッセージ性とかテーマとかよりも、物語構成に独創性を感じたものを挙げてみました。時勢の入れ替えが特徴的な「メルキアデス・・・」に「星条旗」、脇役キャラという薬味で本筋をどんどんヒートアップさせていった「ブレイキング・ニュース」、無意識の悪意・信念の無意味さを群像劇で表現した「クラッシュ」に「シリアナ」・・・どれも捨てがたいのですが、結局映画自体のデキで「メルキアデス・・・」に
音楽はメロディの覚えやすさでは硫黄島二部作がダントツと思うのですが、「レディ・イン・ザ・ウォーター」の美しい調べにジェームズ・ニュートン・ハワードの円熟を感じたので彼に・・・シャマランが少なくとも一人の作曲家の才能を磨きあげていることは間違いありません。

*******
2006年、外国映画ワースト
1位 変態村 [仏・ベルギー] 監督:ファブリス・ドゥ・ヴェルツ
2位 家の鍵 [伊] 監督:ジャンニ・アメリオ
3位 ヴェニスの商人 [英] 監督:マイケル・ラッドフォード
4位 ミッション:インポッシブル3 [米] 監督:J.J.エイブラムズ
5位 007 カジノ・ロワイヤル [英・米] 監督:マーティン・キャンベル


解説
一位は、むしろ皆からワーストに選んで欲しくて作った作品なのかもしれません。観ていて不快な映画でしたが、退屈だったり眠くなったわけではないので、好きな人にはたまらない作品なのかもしれません(ごく少数だと思いますが)。
二位は評論家受けはいいのですが、映像に何の面白みもなくて退屈でした。三位は重苦しい社会派ドラマのごとく撮らないで普通に軽いコメディとして撮って欲しかったです。四位五位には中途半端スパイものを仲良く並べてみました。

*******
2006年度マイベストテン日本映画篇はこちら

バカ映画を勝手に讃えるバカデミー賞はこちら→バカデミー賞2006

*******
↓面白かったらクリックしてね
人気blogランキング

自主映画撮ってます。松本自主映画製作工房 スタジオゆんふぁのHP

コメント (15)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
« 犬神家の一族 [監督 : 市川崑] | トップ | 2006年度 マイ・ベスト... »
最新の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
助演女優賞 (aq99)
2007-01-03 22:50:58
ミシェル・ウィリアムスといえば、本橋さんですが、カーリングの日本選手権のマリリンは、スキップではなくサードでした。
ま、実力どおりですが、彼女のおかげで試合はハラハラする面白展開でした。
しかも、チーム長野のリード、アキバ系だし・・・。
チーム長野には姉妹選手もいて、カーリングはなかなかキャラ立ちのするスポーツだと思いました。
世界選手権もあの世界の面白選手(メガネとか北斗の拳とか)が出てくると思うと今から楽しみです。
TV中継してくれるかどうか・・・。
って、ベスト10に全くもって無関係ですね。
だって、こんな話できるとこ、ないんだもん・・・。
コメントどうもです (しん)
2007-01-04 17:53:06
>aq99さま
はい、マリリン似のミシェルですね。
イギリスのアミバ似のスキップは世界選手権に出てくるのでしょうか?
アミバVSミシェル・ウィリアムズ
トキになれなかったアミバと、亭主を男に盗られたミシェルはそういえば内面的に似ている気がします。しないか
秋葉系リードの長野に対して、青森は萌えっ娘(目黒萌絵)で対抗です。
地元だけにチーム長野も応援したいんですが、やっぱ青森の方が好きです。

全然ベストと関係ない話でしたが、「シムソンズ」がもう少しいいデキだったら関係ないこともなかったんですがねえ
オリンピックでのチーム青森の活躍を映画化してほしいです。小野寺さんの役はチャン・ツィーイで(うそ)
シネコンばっかりです・・ (メビウス)
2007-01-05 20:44:56
しんさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

『メルキアデス・エストラーダの三度の埋葬』は地元のミニシアター系でも上映されていました。でも予告編を見て、復讐映画みたいな感じもして重いのかな~と思ってしまって鑑賞を見送っておりました・・(--;)
去年はミニシアター系でもかなり良い作品があっただけに、今年はシネコンばかりの鑑賞もなるべく抑えようと思います。(^^;)
あけましておめでとうございます。 (冨田弘嗣)
2007-01-06 22:06:04
 トラックバック、感謝します。本当に私の趣味とかけ離れているのがわかります。だからこそ、みんなのベスト10は楽しく読めるのですが。ベスト10とともに、冴えたコメントを添えてあり、本当に読み応えがありますね。末永く宜しくお願い致します。  冨田弘嗣
できました (aq99)
2007-01-06 22:37:32
今年は、「キネ句」より早くを合言葉に、ブロガーが選ぶベスト10を作りました。
どうぞ、見てやってください。
感謝!感謝! (マダム・クニコ)
2007-01-07 16:03:22
記憶違いを度々指摘していただき、有難うございます。頼りにしています(笑)。

日本映画2本、外国映画4本が重なりましたね。

仕事で関わっているため、作品評のアップには注意しています。当然マイベスト&ワーストも・・・。


TB&コメントに感謝!
これからもよろしくお願いします。
TBありがとうございます (lin)
2007-01-08 20:06:47
明けましておめでとうございます。

邦画も洋画も此方とはかなり違うベストを選びましたが、やはり洋画の質の高さに比較すると邦画の力不足は否めないですよね。(興収は邦画が久々に洋画を上回ったらしいですが・・・
此方からもTBお返しさせて頂きました。
今年も宜しくお願いします。
今年もよろしくお願いいたします (sakurai)
2007-01-08 22:30:18
いろいろとTBありがとうございました。
ミシェル・ウィリアムズ!同感でございますが、「ランド・オブ・プレンティ」がランクインしていないのが意外。未見でしたか?
あれは絶品ですので、未見でしたら是非。
雪のない山形の正月なんぞ、しばらく見た事もない景色でしたが、ようやく今日降りました。一ヶ月くらいはずれてる。湯殿山でようやくスキーができたという降雪です。
やっぱ地球はあやういっす。
天候も悪く、フォーラムのソラリスも連日満杯。今年もいっぱい見そうです。
今年もよろしく。
TB&コメント有り難うございます (海音)
2007-01-08 23:53:36
「メルキアデス・エストラーダの三度の埋葬」と「太陽」見逃したんですよ。行きたかったから悔しいなぁ~。2本立てでまわってくるのを期待しないで待つしかないです。
キム・ギドク監督引退なんてしないで欲しいですよね。日本に来たら大人の遊び場ばかり行っているらしいエ○おやじだそうですが、私は心底惚れ込んでいるので新しい作品が見られないと悲しいです。
「硫黄島からの手紙」なんて見せられたら、日本映画との差を思いっきり感じさせられますね。クリント・イーストウッドって、何でも出来て凄い人だなぁ。
コメント感謝!! (しん)
2007-01-09 02:05:37
>メビウスさま
メルキアデス・エストラーダは重いどころか爆笑映画でした。
こっちは逆にシネコンがないので、シネコン鑑賞がうらやましいです。最近はシネコンでしかやんない映画も多くなりましたから

>冨田弘嗣さま
色んな意見・感想を楽しめるのがブログのいいとこだと思います。
こちらこそ今年もよろしくお願いします

>aq99さま
もっと知名度の高いイベントにしたいですね。実際、インターネット投票系のしょうもない映画賞よりはるかに信頼性のある面白いベストだと思います。来年も年始早々にベスト書いて使ってもらえる様にしないと

>マダムクニコさま
ワーストも1本重なってますね。
かぶらなかった作品はだいたいがこちらでは上映しなかった映画です。今年は遠出して映画みることが少なかったのでちょっとさびしいベストになりました。

>linさま
そうなのです。邦画は力不足。一方で制約をバネに小細工したり、力ないならないで力まず気楽に作った作品に佳作が多いのも邦画の特長かもしれません。

>sakuraiさま
「ランド・オブ・プレンティ」は未見です。多分上映もされなかったと思います。山形フォーラムが羨ましいです

>海音さま
私も悲しいです。いちおう「弓」の次の新作が公開待機中ですが
ただキム・ギドク発言良く読むと「韓国では映画を作らない」だったと思います。もしかして活動拠点をどこか外国に移すかもしれません

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

私の映画年間ベスト」カテゴリの最新記事

29 トラックバック

硫黄島からの手紙 (旅立ち)
映画「硫黄島からの手紙」は高評価通りであった。 この映画は父親たちの星条旗と二部作であり、 米国の視点と日本の視点の双方で描かれた画期的なものだと思う。 現在の米国人の立場と価値観から当時の日本軍の視点にたった映画
2006年kossy映画賞 外国映画ベスト10 (ネタバレ映画館)
犬で始まり犬で終わった戌年の映画鑑賞。
2006年のベストテン (Akira's VOICE)
管理人AKIRAが選ぶ,2006年映画のベストテン&ワーストの発表!
2006年映画ベスト10 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
今年も、映画ベスト10を選ぶ楽しい年末になりましたが、忙しくてなかなか手がまわりませんでした。 ムスメが幼稚園に行き始めたので、去年より25%アップで映画見れました。ムスメ、ありがと~。それと、いつも「映画見に行って、ええよ」と言ってくれるヨメ ...
06年下半期ベスト10 (第八芸術鑑賞日記)
 あけましておめでとうございます。  日頃から映画レビュー系のブログ/サイトをいくつか巡回させてもらっているんですが、心底映画が好きだ、って人の情熱には驚嘆すべきものがあって、毎日毎日更新している人も多く見かけます……が、正月早々はさすがに皆さん ...
2006年★ベスト&ワースト映画 !! (我想一個人映画美的女人blog)
今年で9年目を迎えます(笑) migが選ぶ、年末の映画ランキング{/hikari_pink/}{/hikari_blue/} 今年も選んで観たのだけど、いつもよりも{/star/}8の作品多かった~ 10位まで8が占めちゃいました。次点もだけど。 {/cherry_red/}migのBESTは、面白さが一番の基 ...
『2006 無人島に行くならこの10本』 (ラムの大通り)
----ようやく「一年を振り返って…」だね。 確か去年は1月2日と5日に、 2回に分けてやったんだったよね。 今年はどうするの? 「どうしようかな。 ノラネコさんが「2006 Unforgettable movies」として あまりにも見事にまとめてあって、 少し出遅れてしまったなと ...
2006年のすばらしき映画たち (憔悴報告)
【ベスト10】 劇場およびDVDで鑑賞した新作映画134本の中から選出。
今年の映画 2006 (映画を観たよ)
2006年も無事終ろうとしています!
2006年ベストムービー (It's a Wonderful Life)
いつもお世話になってる皆様、1年間ありがとうございました! 年末恒例年間ベストを今年も勝手に選びました。 まぁお遊びなんでお暇つぶしにどうぞ。 基準は「06年1月1日~12月31日に日本で公開された新作で 劇場公開またはビデオスルーのみ」の作品 ...
戯言52:2006年洋画邦画トップ10 (シネマをぶった斬りっ!!)
2006年もあと少しで終わりですね~。ブログを毎日やっていると1週間がとても早く感じてしまうのですが、1年も相当な早さで経過したんだなと錯覚してしまうこの頃です。 個人的に今年も去年と同じく週末『だけ』は結構
2006年 映画 ベスト10 (活動写真評論家人生)
私事情により、前文を削除致しました。コメントをいただいた方には申し訳ありません。削除したのは私の書
2006年 ブロガーたちが選んだ映画ベスト10 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
皆様、明けましておめでとうございます。遅い挨拶ですんません。子供たちと、トランプ、カルタ、すごろく、コマ回し、凧揚げに、日がな興じてたからではなく、年初イッパツ目の記事はコレにしようと思ってたからです。 今年も調べましたよ。39人のブロガーのベ ...
2006年度映画ベスト10 (マダム・クニコの映画解体新書)
2006年に劇場・ホール・試写室で鑑賞した145本の中で、日本映画と外国映画それぞれベスト10を選んでみました。 ・日本映画   三年身籠る  ゆれる  ヨコハマメリー  カミユなんて知らない  LOFT  エリエリ・レマ・サバクタニ  ストロベリーショートケーク ...
2006年度勝手気ままにマイベストシネマ発表!! (ひるめし。)
今年一年間映画館で観た映画のまとめです。
2006 unforgettable movies (ノラネコの呑んで観るシネマ)
早いもので、2006年も間も無く去ろうとしている。 今年も、「忘れられない映画」をピックアップしてみようと思う。 今年の映画にキーワードを付けるならば、それは「戦」だろう。 9.11から五年が過ぎ、あの事件がも
2006 My Favorite Movie 映画一般 (カノンな日々)
今年、邦画、韓国映画以外で劇場で観た作品は全部で106本ありました。邦画の活躍が目立ち、ハリウッド作品はややネタ切れしてるような印象がありましたけど、それでも今年の作品をこうして振り返ってみると欧米作品の質の高さはさすがだなぁと感じます。いわゆる社 ...
私的2006年映画ランキング!♪♪ (Sweet* Days)
メリクリ、メリクリ! パチパチパチ♪♪ って事で、いよいよ今年もあと僅か。皆様どんなクリスマスをお過ごしでしょうか・・・ 今年は念願叶って、随分と映画を見ることが出来ました。しかも映画館で・・・・ DVD鑑賞は以前から出来る限り続けてきたんだけど ...
2006年公開映画マイベスト!! by NUMB (NUMB)
恒例の2006年マイベストです。 劇場鑑賞・DVD鑑賞含め、2006年に劇場公開されていた作品の中から選びました。このランキングは2007年1月2日現在の順位です。 記事タイトルClickでブログの感想記事に飛びます。 ではまず洋
日本インターネット映画大賞(外国部門) (迷宮映画館)
外国映画部門です。
2006 映画総決算 (海を見ていた)
 自分たちで内輪でやっているものの原稿を書くために、先にここで書いた映画感想文を
2006年度 年間ベスト&ワースト (Subterranean サブタレイニアン)
「“年間ベスト”ってのもやってみたいが、観てもすぐ忘れちゃうしなぁ」という他愛のない理由がきっかけの一つとなって始まったサブタレも、今月でそろそろ一周年。よくまぁ続いたもんで。書いたレビュー数も、12月末の時点で288本。我ながら呆れ果ててしま ...
2006(平成18年)私が見た外国映画 (極私的映画論+α)
 今年も残すところあと1週間です。皆様にとってどのような1年でした? ってことで・・・今年私が観た外国映画の紹介です。
極私的ベスト10外国映画篇 (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
続いて外国映画の部。 なんと言っても、グリーモーとプレヴェールへのリスペクトを籠めて アニメの世界的傑作をトップに。
2006年 映画ベスト10 (the borderland )
多くの人がベスト10には入れるであろう、硫黄島2部作、「父親たちの星条旗」、「硫黄島からの手紙」は、日本人なら観て欲しい作品だし、映画自体も秀作だと思います。また映像なら「トゥモロー・ワールド」はダントツの凄さです。 しかし、個人的には、シリ ...
06年に見た映画 その1 (猫姫じゃ)
ま、あたしの場合は、劇場で見るのが、極端に少ないのですが、昨年同様、自分が見た映画の中で良かったというのを、年代無視してあげてみます。 エントリーは 2006年 001~0502006年 051~1002006年 101~1502006年 15 ...
2006年ひらりんアカデミー賞 発表編 (ひらりん的映画ブログ)
ゴールデン・グローブ賞も発表になったし・・ 本家アカデミー賞はノミネーションしたし・・・ そろそろ、ひらりんアカデミー賞も発表しようかなっっっ。
2006年ベストシネマ15(洋画編) (京の昼寝~♪)
 2006年は年間89本(洋画49本、邦画40本)の映画を劇場で鑑賞しました~昨年は年間101本(洋画66本、邦画35本)で、やや本数は落ちてしまいましたが、映画以外活動が多かったもので(笑)少なくなりました。 洋画については本数が一昨年に比べ減りまし...
2006年観て良かった!映画たち (夫婦でシネマ)
2006年のベスト3など、観て良かった!映画たちのラインナップです。どれもオススメの映画なので、未見のものがあったらぜひDVDなどでご鑑賞ください。