アメノチハレ

祇園恋物語〜京都より その参


振り返れば子供の頃から
一見社交的なようで実はそうでもない

なかなか自分から外に出てゆかない

人恋しいのに一人が苦手じゃない
相当な あまのじゃくの 偏屈者だ

そんな偏屈者に会いに
京都在住シンガーソングライターのホリーさん(堀内圭三さん)が
東京にやってきた

今年こそは 来年こそはと
コロナの夜明けを信じながら長い時間が過ぎたが
またこうして再会を喜び合える事が嬉しい


2022.5.27 

2008年に中村雅俊さんに書いた
「涙」という歌が大好きだと言ってくれて
京都の夜 カラオケで一緒に唄った

知り合う前からずっと
そんな人たちの想いの中で生きている歌は幸せだ

彼はKBS京都「ホリー&春さんの祇園恋物語」というラジオ番組の
パーソナリティーであり また地元中心に
ライブ活動も盛んにやっている

思えば2016年 
ホリーさんが一通の手紙をくれたことから始まった

是非彼に会ってみたくなって京都に出向き 
そのラジオ出演をきっかけに交流が始まった

何事もまずは最初の一投から

彼は最初の一球を投げることを厭わずためらわない
興味があることは常に自分からアプローチする

想いの先に何かが起こる事を疑わず行動する
たとえそれが打ち返されずファールに終わっても
そこには経験という財産が積み上がる

彼と話をしているとそんな姿勢がヒシヒシと伝わる

待ち合わせの渋谷ハチ公前

ハチ公にとぐろを巻く人混みの中 
キョロキョロと探すこともなく
目の前の正面にすぐ彼を見つけた

その日も きっと ここにいるぞ〜 見つけてくれ〜と

5年ぶりに京都からまた そんなホリーさんが会いにきてくれた
名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「音楽♪」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
2021年
人気記事