アメノチハレ

都志見隆の果てしない日々の日常

Dear GORO

2017年09月25日 | Tsushimi Takashi

今年も恒例の田原俊彦のコンサートへ行って来た。

これまでも、そして今回のメジャー移籍後も
デビューから38年目のトシは何も変わらない。
言うまでもなく圧巻のダンスと歌で魅了される。

こんなに生き方がブレないアイドルも他にいない。

作品「田原俊彦」を
これからもずっと感じていたいという気持ちは
僕もファンの方々と同じ。

会場では今回のトシのシングル「フェミニスト」の作詞家
阿木耀子さんが僕の右に
通路を挟んで反対側には作詞家の売野雅勇さん
そして僕の左隣には松井五郎

阿木さんとは、昔に一度トシの作品でご一緒したが
結局リリースまでは至らなかった記憶がある。



そして 松井五郎  
彼とは田原俊彦作品に限らず、
これまでコンビとしては
一番多く組んだ作詞家でありパートナーだ。

二人で作った「ごめんよ涙」や
「ひとりぼっちにしないから」を
トシが唄う前で肩を並べて一緒に聴くのは
おそらくリリース以来初めてではなかっただろうか。

レコーディング そして1989年のリリースから
長い時間(とき)を経ても尚
この曲のBメロの感じいいね〜なんて言いながら 
コンサートを一緒に観れるというのも
実に感慨深い。

松井氏が詞の中に置く言葉は
それを聴く人 歌う人がそれぞれ
どんな角度からでも解釈できる自由度を
いつも持っている。

決して難しい言葉を使わず
書き手側から聴く人を限定せず
聴く人が自分なりにその言葉を受け止めることができる。
そんな曖昧さも大事だという。



普通の人が話せば普通の出来事に終わる話を
絶妙な話術と間(ま)でそれをスベらない話に仕立てる
レベルの高い芸人のように
プロの作詞家たちはそれを4分間の
特別な映像にしてしまう。


ほくはまだ純情にこだわるただの男さ
きみはまだ心に花があるただの女さ
だからふれてみれば愛がわかるよ
田原俊彦<ひとりぼっちにしないから>より抜粋

柔らかくて優しくて そして切なくて
そんな言葉たちがメロディーに
力強い輪郭を与えてくれる。

パートナーである前に 
僕はGOROの笑顔と松井作品のファンである。

彼とさらに今後どんな作品を残していけるか
とても楽しみ。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« さようなら ミミ | トップ | 秋日傘 -2017- »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
実は私。。。 (ayumi)
2017-09-28 14:18:33
都志見先生、こんにちは。

田原俊彦さんのコンサート。。。とてもとても有名な先生方のお名前がならんでいてすごいです。

先生は覚えていらっしゃらないかもしれませんが、昔私が、青山での先生の作曲講座を受講していた時に、トシちゃん(あえてそう呼ばせていただきます)の作品、愛しすぎて。ごめんよ涙。などの曲が出来るまでのエピソードを話してくださいましたね。すごいお話を聞けて感動したのを今でもおぼえています。

そして実は、私は何をかくそう35年以上前から田原俊彦さんのファンなのです。

とは言っても単独のコンサートへは行ったこともありません。でももちろん、レコードの時代のEP、LPは都度購入してました( ´∀` )

でも、先生の講座を受講している期間には、そんな自分のことを話せる勇気がなかったです。。。(´;ω;`)
今は年をとり、おばちゃん根性でペラペラしゃべっていますが(笑)

その当時、10代の頃の私は、アイドル雑誌の付録の歌本にトシちゃんの曲のピアノ譜が載っていて、ポロロンと弾きながら、横でトシちゃんが唄ってくれてるのを妄想したりするような、(今考えると、ちょっとこわっ(笑))そんなファンでした。

...とまあ、昔の私事で、長文大変失礼いたしました。

(。。。今は、またまた私事ですがクリスマス曲がんばる、超久々にまるまる一曲作詞もしました。)

今日の雨を境に季節が一気に進むようです。
お身体に気を付けてお過ごしください。

          '17.9.28 横澤亜由美









コメントを投稿

Tsushimi Takashi」カテゴリの最新記事