Studio ORANGE's

スタジオブログ

小春日和

2014-09-28 | Weblog
秋も深まってきた今日この頃。子供クラスのクリスマス会の振り起こしをせねば!と言うことでVIDEOを引っ張り出して見てみた。第一回の発表会が懐かしい!みんなすごく生き生きと楽しそうに踊っている。技術は今の方が良いと思うけどダンスという意味では1回目が断然良い。ダンスの心が失われてしまったのだろうか?子供達も未熟ながら自主性?が見られる。これは今後の最大の課題だ!やはり慣れというものがこういう結果に至っているのでは?と思う。
先日から読み出した夏目漱石のこころ、過去に読んだ記憶が曖昧なので新鮮だ。読書において内容を忘れることは多々あると思う。バレエのレッスンもこんな感じなのでは?と思う。前にやったこと出来たことを忘れてしまう。だからまたレッスンする必要があるのだと…だからプロは毎日レッスンする必要があるのだ。頭より肉体の方が忘れやすい。しかし肉体は間違った方向に続ければ必ず壊れる。そこが問題だ。私も今までに何回か怪我をしたことがある、その度に反省が生まれそこからまた新たなスタートとなってきている。怪我の功名なのだろう…ある時は忘れることも大事だと思う。いかにリフレッシュして経験を無駄にしないか…これが最も重要だと自分にいい聞かせる今日この頃。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

YSL

2014-09-24 | Weblog
機会あって姜尚中さんの講演を聞き~映画イブサンローランを観た。
姜尚中氏の講演で夏目漱石のこころ~100年!と聞きこころを読み返してみることに…高校時代、現代国語を選択していた私。夏目漱石三部作、読んだのだが…記憶がない(^^;;子供時代の夏目漱石は退屈だった。もっとパンチのある文学が読みたかったと思っていた。しかし、今読み返してみると違った味わいがあるはず。
姜尚中氏がなぜ、夏目漱石なのかと言うと時代が繰り返していると言う提案からだ。マタイの福音書の引用も交えての講演だった。他人に興味がない事の恐ろしさ…人と交わる以前の問題だ。私も人と交流するのは苦手だったけどバレエをやることで交流せざるを得ない状況に陥り現在に至っている。全てに無関心じゃなかったことが幸いなのだろう。自分の感情を素直に受け止められない、表現できない今の都会っ子達の未来は決して明るくないと思う。
講演の内容もさることながら姜尚中氏の腰の低さには驚き!でした。
そして映画『イブサンローラン』を観た!これまた衝撃的なストーリー、ファッションもさることながら彼ってこんな人生おくっていたんだ~と。天才って大変だ(^^;;
よくぞ暴露した?感。
有意義な秋分の日だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

森羅万象(バリアフリーパフォーマンス)~美輪さま音楽会

2014-09-22 | Weblog
芸術の秋たけなわ…カオルコさんのバリアフリーパフォーマンスかなり久々に観る気がする。来月は韓国の障害者フェスティバルに参加するそう!相変わらずパワフルだ。
そして美輪さま音楽会、これも相変わらずパワフルだ。一部は懐かしい日本の名曲そして二部はシャンソン。ボンボワイヤージュや愛の賛歌は圧巻。朝ドラは観てなかったけどまたまたファン層が拡大したのでは?
今年は残暑がないからなんだかさみしい…このまま冬になって行くのかなぁ…
画像は緞帳…素敵。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Super Moon

2014-09-10 | Weblog
昨日は満月!多分昨日こそ中秋の名月なんだろう…
スタジオサイトも復旧でき。一安心、やはりクラウドとかってあてにはできないのだ…紙に書くのが1番です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

jazz礼拝?

2014-09-08 | Weblog
昨日は出身幼稚園?の代田教会でJAZZ礼拝が行われるとの事!早速参加!日本では珍しいみたいです!ニューヨークとかではあるみたいだけど…JAZZトリオ、ベース、ピアノ、ドラムスの伴奏で行われた礼拝、アカペラでのAmazing Graceそしてその後のJAZZコンサート。時間と空間を超えたひと時。JAZZが歌いたくなりました^ ^
LIVEのコンサートってクラシックでもJAZZでもいいものですね~
前に、自覚の話を書きましたが恋でもすれば…と思った恋。なんで恋をする頃から子供って変わって行くのかな…と素朴に思いました。多分初めて人の目、他人の目?を意識する瞬間なんでしょうね。今まで親の顔色伺う位だったのが自分が他人から見てどう見えるのか?魅力あるのか?とか。多分怖いもの無しのおばさんと子供は同レベルなのかもしれません。子供は恋をして変わって行くけどおばさんは永遠なのでした(^^;;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

the dream

2014-09-07 | Weblog
友達のバレエの発表会へ!カプリのパパ振り付けの真夏の夜の夢。カプリのパパもロバのボトムで登場!このスタジオの娘が急成長!まだ6年生だけど大人なパックを演じていた。牧の児童バレエにはいっているのでなんだか懐かしい牧バレエスタイルが身についていた。彼女にはあっているのかも…とにかく良く回る^ ^
お友達の発表会を観に行くと色々と学ぶことあり。共通して言えるのは続けている生徒さんは上達している、と言うこと。継続は力なりなのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

web site

2014-09-06 | Weblog
昨日WordPressの更新に失敗したらスタジオサイトが見れなくなってしまいました(^^;;
便利な反面こうなると面倒くさい(^^;;なんせ管理者にどうにかしてもらうしかないので月曜日までは何もできない(。-_-。)

昨日子供クラスのお母さん達にお花を頂きました^ ^
公演の後日談で…ジュニアクラスのメンバー年齢よりかなり精神的に幼いのだと思う。幼さとは裏腹に成長して行くのでアンバランス?な感じなのだろう…
自覚を持つにはどうしたら良いか?と質問され…恋でもすれば変わるのでは?と思ったけど言えなかった(^^;;
でもそんなところなのだろう。自覚を持つにはやはり他人の視線を気にするようにならないとね。
舞台で人に見られる事が上達につながるのもそういうことなんだと思います。不特定多数の人の目でも成長につながるのだからね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

星灯り

2014-09-04 | Weblog
みずきちゃん出演のお芝居。舞台は久しぶり…と言っていたが…なんと高校生の役。彼女もひとみちゃんも若い役どころが多いなぁ…と思った。アイドル出身だとここから大人の女性の役に切り替えて行くのが難しいのだろう…多分周りの扱いも昔のままなのかも…可愛い子が可愛らしい役は当たり前だものね…やはり芝居を演じると言うことになるとちょっと視点が違うのかも…自分にバラエティーを持ってないと色んな役は演じられないし何と言っても役が来ないとできないわけで…なんとも難しい。なんだか周りのガードが方すぎる気がした。これじゃあ殻は破れないんだろうな…可愛い子には旅をさせろ、昔の人はいいこと言う。
お芝居は一組の夫婦のお話。日本にはよくありがちな話で涙する人もいたが…先週観た芝居もそうだけど、悪くない、でも決定的な決め手がない気がする。劇団の特色と言うか…脚本も悪くないのだけどなんだかイマイチオリジナルじゃないような…日本社会の縮図なんだろうなぁ…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

russkaya

2014-09-01 | Weblog
昨日の骨髄バンクコンサート、沢山の方にご来場頂きありがとうございましたm(__)m無事終了です!
また次の課題に向かっていかねば!ですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加