Studio ORANGE's

スタジオブログ

お江戸

2018-08-13 | Weblog
結局、今年は世界中暑いわけでクーラーがある東京がまだマシな地域とな…花火大会というけど多分江戸時代に自分がいたとしても花火大会には行ってないだろうと思う。庶民の娯楽というけど…どうなんだろうか?今は誰が庶民なんだかもわからない。私は明治の人たちに育てられたのだけど、その頃から比べると日本は🇯🇵画期的に変わったとは思うがなんだか変わっていない部分、変わりようのない部分ってあるんじゃないだろうか。なんだか今の政治も昔に戻ってしまったように思う。どっちみち犠牲になるのは庶民なんじゃないかな?
コメント

難題

2018-08-11 | Weblog
ひさびさに…数年ぶりのスチョーピン先生のアクチョールワークショップへ!やはり難しい!何が難しいかと言うと音の取り方だ。ヤコブソンというソビエト時代の振付家の振付…音楽も難しいし音が均等ではなくどんどん変調して行く+演技もしなくてはならないのが大変だ!こうなってみるとクラシックバレエの演技とか振付ってシンプルだと思う。こういう無理難題をこなすことで余裕でクラシックが踊れると言うことなのだろう。先日のコワリョワ先生とはまた違った難しさだ。本当に奥が深いと思う。バレエと言うか舞台で表現することの難しさを理解するにはやはりこう言うプロセスを通らないとダメなんだろうな〜口ではとても説明ができない。都庁が五輪カラーに。
コメント

まだまだ8月

2018-08-09 | Weblog
ここ数日、台風のおかげで涼しいのだが、そうなるとどっと疲れが出てしまいそれはそれで辛いのだが…まだまだ続く夏に備えて疲れを出しておくのも一案かも。今年の特別に暑い夏、どう過ごすかで今後が変わって来る気がする。なのでなるべく平常通りを務めようと思う今日この頃。しかし、この広島、長崎の原爆記念日を挟んで沖縄の翁長知事の訃報はショックだった。本当に沖縄のためだけに生きた人生だったのだと思う。今後が開けると良いのだが、なかなかそこまでの決意を持った人がいるのかどうか?だ。
コメント

涼しい

2018-08-07 | Weblog
猛暑続きの中の雨の日☂️なんと涼しくて嬉しいことか!最近、どこかで雨乞いが行われたと聞いたけどそのご利益だろうか?ただ暑い事が全てダメなのではなく暑い時だからこそ安易にできることもあるのだと思う。まず、体が柔らかい→吸収も早い事。これは暑い中に努力した人でないとわからない事だと思う。以前、雨が降ると出かけることをしなくなってしまう→幼稚園もお稽古もお休みさせてしまう方がいたが…今、どうされているのかと思う。何より子供もそういう風に育ってしまうのだ。大人が見本を見せるとか大人のプライドはないのだろうか?ともかく、どんなに能力や資質を持っていても努力なくしては成就しないと…これは大人が教えるべき最重要課題だと思うのだが…
とりあえず今日は涼しいので少し体を休めたいものだ。
コメント

火星接近

2018-08-02 | Weblog
この地球規模な異常気象、火星の接近とは関係ないのだろうか?しかし、大きく見えるな…火星。私は以前、股関節が一瞬外れ激痛で救急搬送された事がある。でそれ以来股関節が良くはなったとはいえイマイチな感じだった。先週、コワリョワ先生講習会に混ぜてもらいレッスンしたら外れた足ではない方が筋肉痛になりその後なんだか股関節が痛くなって来た。それも数日で収まりでもイマイチというかもう一歩な感じだったのだが昨日、教えていたレッスン中になんだか足に力が入らなくなりコロンと転んでしまった。その直後はなんだが股関節が痛いような感じだったが特に歩行に問題があるわけでもなく、今朝になったら、多分股関節が定位置にはまった感じだ。何年間も続いていた…というかいつから違和感があるのかもうわからなくなっていたのだが…怪我の功名とでもいうのか今後はもうずれてこないように気をつけるばかりだ。これも火星のおかげなのだろうか?神様は手荒な治療をされる時があると聞いたがまさにこれだ❣️
コメント

夏本番

2018-07-31 | Weblog
ようやく七月最後の日に…まだまだ夏はこれから…と言うのがなかなか厳しい。夏はというか夏休みは子供達の事故も多いので気をつけなくてはいけないシーズンだ。最近、身の回りで起きたことから色々考えるが人間って孤独なだけでは死んだりしないのかと…よく聞くのが精神的な疾患。これは年々身の回りにも増えているから人ごととは言えないテーマだと思う。だいたい人前にいる時はどんな人でもそれなりに振る舞うのではないだろうか?問題は一人になった時、家にいる時にどうしているかだ。今でも家族の病は隠したがる風潮があるから余計にわからないものだが、どんな人でも陥る可能性はあるのだと思う。だからこそ専門家に相談することをためらうべきではないと思う。それでも力不足という場合もあるかもしれないけど自己流または放っておいてどうかなるものではないと思う。そこに都会の孤独が絡んだ場合が事故につながるのではないかと…ふと思った。バレエ、にしてもなんでも強靭な精神がないとできない、精神の鍛錬も必要不可欠だが精神力が強い人間が強い人間かといえばまた否なのではないかと考える今日この頃。今、限定で駅からスタジオが見える!
コメント

孤独

2018-07-28 | Weblog
都会において、いやどこにおいても孤独って存在する。それが家族がいてもいなくても…最近、身近な人が命を絶ってしまった…ようだ。詳細は聞けない。最後にその彼女を見かけたのは人ごみのスーパーの前でお友達と話しているところだった。いつも自分が話しかける時はどうですか?足の具合は?みたいな感じだったのであえて話しかけなかった。なんだかとっても幸せそうだったのだ。それに水を差しても…と配慮したのだったが。私は彼女の人生が充実して幸せに満ち溢れているものだと思っていた。なので信じがたいのだが…
その人にどんな闇があってどうしたらそれが解消されるのか?なんて本当にわからない。そうなった今になって、少し不自然な事があったな?と思い出すくらいだ。とかく都会は隣の人との距離が物質的に近い事で余計に孤独とか闇とか感じられないのかもしれない。
コメント

夏の試練

2018-07-26 | Weblog
今年も講習会の季節に…しかもこの暑さでロシアから来日される先生は…と思いきや、お元気な様子で。スタジオ内は温度低めの設定なので逆に冷える→外との温度差激しい!ともかく一つ目の講習会は無事終了。心なしか最終日には子供生徒の数が減っていたのがやや気になるものの…先生曰く、たった数日で何かが変わるとは思わないけど今後の参考になれば…と。そしてバレエは難しいものなんだからそれを選んでやっていることを認識して楽にやろうなんて思ってはいけません。と…たしかに今の風潮、なんでも楽が良いとされている。でも楽に楽しくできるバレエなんてどこにもないのだと思う。あるとすればそれはバレエではないとも思う。
コメント

副産物?

2018-07-22 | Weblog
酷暑の副産物?というか暑い夏の副産物は体が動く、筋肉が柔らかい、ことだと思う。体の芯から温まっているのでそれほど柔軟をしなくても充分に柔らかい。夏はなんでも伸びる時期なのだろう…努力をすれば、だけど。ヨガやほかのダンスの先生たちも熱中症になったという話は聞かない。年間通して元気だと思う。やはり汗を💦かくことが夏を乗り越える1番の方法なんだと思う。暑いからと言って冷房の中に一日中いて汗もかかない生活が一番健康に悪いのかもしれない。勿論、冷房を使わないでいる事は危険だけどそこから出て汗を流すことが大事なんじゃ無いかな。
コメント

酷暑

2018-07-20 | Weblog
まだ7月半ばだというのに…いつまで続くのだろうか?今年の猛暑。そして猛暑の中、がっかりするような出来事も多いように思う。災害もそうだけど人の心のすさみ具合もひどいように思う。なぜ?人の痛みを理解できないのだろうか?人の痛み自体に優越感感じてるのではないかと思うことが多々ある。その気持ちを他者が変えることはできないと思うが、問題はなぜ?そんな風になってしまったのか?それがまかり通ってしまう世の中自体も怖い。自分の身に降りかからない限り変わらないというのはなんとも情けないというか悲しいことなのではないだろうか?暑い夏、心は寒くなる。❄️
コメント