Studio ORANGE's

スタジオブログ

心の声

2018-12-15 | Weblog
心の声って意外と聞こえにくい。ただ、その人が無心で何かやっている時、ふと心の声が聞こえてきたりするものだと思う。人には聞こえて自分には聞こえないことも多いのではないだろうか?問題はこの心の声を無視し続けると…病気になるのだと思う。いろんな事情があると思う。周りからの圧力が大体の要因だと思うけど…たまに日常から離れてみることはこの心の声に耳を傾けることなのではないかと思う。よく犯罪者が自分の中に声が聞こえてきてその通りにした。と犯行を自供したりするのだが、そうならない前に自分と対話するべきなんだと思う。一時期、自分が本当はどうしたいのか?即答できなかった時期がある。基本的にはなんでも直感で選ぶ私なのだが…多分、直感力が弱っていたのかな?あと仕事は無理してやるもの?的な考えを持っていた時期の仕事仲間は私はあまり発言しない人と思われているようだ。発言する=辞める事になるからだと思うが…今は無理して仕事するのはなるべく避けている。と、いうかそれ以上のストレスを抱えた時、仕事のストレスは抱えられなくなったのだった。人間には許容範囲というものがあるのだ。本当に意見が無くて言わない場合と本心を言う事で状況が壊れるから言わない場合があるのだと思う。そこのところもちゃんと判断しないと…思ってたのと違う!的な事になるのではないだろうか?何事も真意を見極める必要ありなんだと思う。
コメント

命の洗濯

2018-12-12 | Weblog
一足お先に冬休み。これから年始まで突っ走らねば❣️英気も養い自己反省しつつ東京に戻ると以外に寒い❄️ 今年は寒くならないのかと思っていたのだが…自然は容赦なしだ。そこが自然のいいところなんだと思うが…山形県赤湯温泉はふつうに3メートルは雪が積もるらしい☃️都会人には信じられないが…地元の人にとっては当たり前なのだろうな。盆地でワイナリーもいくつかあって温泉もあって、あんなところで育って東京に来たらびっくりするだろうな…
コメント

対人?対自分?

2018-12-09 | Weblog
人の目を気にするのは当たり前なのかもしれないが1番気にして欲しいのは自分がどうしたいか?ではないだろうか?当たり前のことのように思うけど対人を気にする人が明らかに上回っているように思う。そもそもレッスンは自分のためだ。自分が大事にできない人間に人を大事にすることは不可能だと思う。自分を確立することで人も見えてくるのではないかと思うのだが…だいたい人間なんて曖昧なものだ。そんな人間の機嫌をとったりすることは時間と労力の無駄なのではないだろうか?
コメント

2018-12-08 | Weblog
日々暖かく冬を忘れてしまうのだが、12月といえば冬なのだ。11月があっという間だと思ったけど考えてみれば最初の頃、文化の日から月末までかなり色々とあったと今思う。あまりに物事がありすぎても時の流れが早く感じるものなのだろう。今週は2度も上野文化会館にバレエを観に行ったのだが上野までの道のりが楽しかった❣️公演によっては気が重く道のりが苦痛だったりするのだが…やはり内容なのだろう。私は無理して何事もやってしまうのだけどそろそろこれもやめないと…来年は無理に物事をこなすのはやめたいと思う。そうしないととてもじゃないけど芸術活動はできないと今更思った。
コメント

Лебединое озеро

2018-12-07 | Weblog
マリインスキーバレエの白鳥の湖を観てきた。観る前は白鳥の湖、しかもセルゲイエフ版って今もか…みたいに思っていたがあまりの完成度に大満足。ボリショイではなくなっている三幕のキャラクターダンスがふんだんにあって上手い❣️のひと言。もうこのバレエ団以外観てもしょうがないと思った。バレエ学校の先生たちも知ってるのであーこんな成果を出してるんだ〜と益々尊敬。目が洗われるようとはこの事か!ロシアの先生たちが自国の白鳥の湖以外認めないわけもよくわかる。ガラコンサートで???な主役ダンサーも王子は良かった。と言うかちゃんとパートナーをしていた。変わった人なのだろう…きっと。
コメント

バレエ

2018-12-04 | Weblog
マリインスキーバレエのガラ公演を観てきた。ガラってあまり好きじゃないけど以前もマリインスキーでガラ公演を観た時かなり楽しかったのを思い出した。作品一つ一つも面白いし色々なダンサーが観れるのがとても良い。特に若手。バレエ学校の生徒が出たり…そんな期待に反せず楽しいガラだった^ ^ 夏の講習会でお世話になっている先生の息子さんが活躍していたりと見所満載。特にレシルフィードはスタジオでも発表会でやったので興味深かった。こうした古典もちゃんと今風になりつつ上演するところがロシアバレエの凄さだと思う。勿論舞台の隅々まで上手い❣️ただ、スターダンサーと言われる男性には失望。でなければ良かったのに…とすら思った。やはり男性ダンサーで若い頃スターになってしまうと…と思った。技術も態度もほかのダンサーの方が格段上なのだ。しかも、私はこの人の白鳥全幕チケットまで買っているのでなんだか気が重くなってきた。まあ他にも沢山のダンサーが出てくるからその人たちを見るしかない❓感じかな…昔、ロンドンのロシアの先生の稽古場で見かけたのはスターダンサーばかり、そしてなんだかうんざりしたのを思い出した。その人たちだけ見てそれがバレエなのだと思うとバレエが嫌いになってしまいそうだったことを思い出した。彼らだって努力の上に名声を得ているのだと思うけど問題は名声を得た後なんだとつくづく思った。全ての人がこうなるとはいえないけど少なくとも人から夢を奪っていることはたしかだ。
コメント

悔いなく

2018-12-01 | Weblog
誰でも悔いなく人生を送りたいと思っているのだと思うが、一体何が悔いなのか?それを考えると難しい。悔いなく生きるのと貪欲はまた違うのではないかと思う。何をしても満たされないのと悔いを残さないのはやはり全く違うと思う。よく身の丈に合ったと言うがこの身の丈に合う生き方もかなり難しいのではないだろうか?自分を過小評価したり過大評価したり…何が本当の身の丈なのか?私はあるところに行くとやりきれていない、もったいないといわれ、またあるところでは身の丈にあった生き方をしろといわれたり両極端なのだが、こうなるともうなんだかわからなくなる。その双方が何を基準にそう思うのか?それが問題だと思う。やはり自分のことは自分で考えるしかないのではないだろうか?
コメント

損得

2018-11-30 | Weblog
営業?商売人は損得しか考えていない…たしかに今のご時世そうなんだろうけどそれではあまりに悲しい。人に進めることの意味をもう一度考えて欲しい。以前担当だった証券会社の女性、なかなか夢があって良いと思ったがまもなくほかの部署に変わってしまった。その後、担当の営業マンいや女性はなんだか切羽詰まった感じで…はっきり言って引いてしまう。なんだか夢がないのだ。元々営業って人と人をつなぐ夢のある仕事だったんじゃないかと思う。しかも年末になるにつれ切羽詰まった電話ばかりかかってくるとひどくストレスになり…年末の後は年始が来るのに。ともかくこれに押し流されていてはアート活動は不可能なのだ。年々ひどくなっているように思う。なので12月は仕事をしようとは思っていない。掃除もできるところは済ませたし…何事も余裕が大事だと思う。
コメント

師走

2018-11-29 | Weblog
やはり今年も11月はあっという間だった!と言うかかなり長かったはずだが…年末が近づくと切羽詰まった感がハンパない。日々かかってくる怪しい電話の数々☎️やはりどこかで深呼吸して挑まないと押し流されてしまいそうだ。でもスタジオにかかってくる電話の殆どが???なセールスで、今はウェブ?関係が多いのだが先日は電気の自由化に伴った怪しいセールスも。これらの共通点はしつこい?ことだと思う。とにかくしつこいのだ。まともなセールスでそこまでしつこくする必要があるのだろうか?と考えると怪しさが増大するのだが、本当にうんざりする。でもだいたいが声が怪しい。作って電話しているのだろう。世の中、裏と表があるのはわかるけど裏ばっかりにならないようにしないと大変な世の中だ。
コメント

間違え?

2018-11-26 | Weblog
人間誰も正しい?人はいないと思うが問題は間違いに気づいた時だと思う。それを素直に認めるのかどうか?子供のうちはごめんなさい🙏の一言で許されるが大人になり背負っているもの、特に名声とか肩書きがあればあるほど素直になれなくなるものだと思う。富と名誉というがある意味名誉の方が厄介なのかもしれない。そこまではいかなくともなかなか気持ちを正すのは年々難しくなってくるものだと思う。自分がそうならなくともそういう周りに振り回されることだってあるはずだ。特に長いものには巻かれろ…文化の日本では🇯🇵声に出して言うのはかなりの勇気がいると思う。それに気づくことなく一生を終えてしまったら…と思うと本当に難しい問題だと思う昨今。
コメント