【改題】ひとり公論(IT公論)

アラフィフとなりIT土方卒業したのでタイトル変更しました
ブログを一本化したのでビジネス周辺だけでなく徒然なるままに

子育ては、まず親がウソをつかないこと。

2019-06-03 19:33:01 | 再録
https://ameblo.jp/stevengerrardjp/entry-12365619529.html
子供は、ウソをつくなとしつけてもウソはつく。しかも、軽いウソから重いウソまでひととおりつく。だから、逆に心配すんな。

良い子でも親に気を遣って、あるいは怒られたくないがためにウソをつくし、悪い子は何も考えずに方便でウソをつく。それが子供。

そして、子供のウソを「見破ってあげる」のがオトナ。実際、よっぽど演技派でなければすぐバレるウソつくしね。それを「かわいい」と思ってあげなきゃ。

見破って、さてどうすっかはケースバイケースだよ。マニュアルなんざねえよ。場合によっては烈火のごとく怒る必要があるかもしれないし優しくたしなめるかもしれないし知らんぷりかもしれない。

そんなの考えろよって。親なんだったら。

あそんでね、親がウソをつかないって、苦しいかい?それ。苦しいんだったら子供には押しつけらんないよなあ? まずそれわかろうぜ。子供だって人間なんだから。

でね、親がウソをつかないって、簡単なのよ。なぜかっていうとね、「黙っている」ことはウソつきじゃないからだよ。つまり、ウソじゃないことだけしゃべってりゃそれでいいのよ。

あるいは「わからない」でもいいじゃない。わからないんだったら。

でもさ、ウソは「つけない」ってこと。まあ究極の二択だけど子供に自分はがんなの?ってきかれてそうなんだったらYesと答えなさいよってこと。親なんだったら。命かけて。

まあそんなことって一生に一回あるかないかだけどね。

あ、そうそう、話戻るんだけど子供があ、こいつウソこきやがったな、って感じ取ったときはさ、その理由を考えてみたほうがいいよ。さっき怒るケースもあるって書いたけどその直前にね。怒るにしても。

絶対に、理由はあるはずなんだよね。それを汲み取ってあげないとまずは。

この記事についてブログを書く
« 修行っていうのにものすごい... | トップ | 「動かない」というライフハ... »

再録」カテゴリの最新記事