【改題】ひとり公論(IT公論)

アラフィフとなりIT土方卒業したのでタイトル変更しました
ブログを一本化したのでビジネス周辺だけでなく徒然なるままに

[再々録]単調労働「すら」できない

2013-08-19 19:17:34 | 再録
単調労働「すら」できない
コンビニとか、ハンバーガーショップとかで、ふつうにバイトできて、バイトのチーフになっちゃったりできるヤツが、ふつーのサラリーマンになれると思うんだよ。

ホワイトカラーだと新人のとき実地研修とかあるじゃん? 運送屋のホワイトカラーだったら引越しのバイトみたいなことをするんだろうし。コンビニだったらレジに立つんだろうし。

逆にいえばコンビニとかでふつーにバイト「すら」できねーようなヤツは、サラリーマンに「すら」なれない。そういうヤツは、えてして「サラリーマン」という存在をバカにしているわけだが。。結局なれねーんだから。サラリーマンだって選抜されてんだよ。テメーは選ばれすらしねんだよ。(と、フリーであるオイラがいえばそれほどイヤミではない)

官僚だって、企業戦士だって、選ばれたヒトたちなんだよ。(バブルの時代はちと、違ったけどな)

そして、サラリーマンに「なれない」ホントに器のでけーヒトは、時代に見出されるんだよ。
時代に見出されず、サラリーマンに「すら」なれないやつ、そういうヤツはいったい何者なんだ?(まだ「自分探し中」か?)

そういうヤツは工場の単調労働すら、できねーだろ。オペレータにもなれない。なぜなら、自意識が極度に肥大化しちまってるからだ。
という意味では今の時代の犠牲者かもしれねんだよ。

この記事についてブログを書く
« インフラ屋の独白(笑) | トップ | 完全管理社会ってコワいと思... »

再録」カテゴリの最新記事