コリアな気持ち

2006年までのブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

LG、ハンファの連勝止める。塩谷選手のSKは雨天中止。

2006-04-11 23:59:49 | Weblog
日本は東京ドーム以外は中止だったようで、
韓国も日本に近い南部地方の2試合は雨で中止。

きのうはチャムシルで14時から、今季より2軍に参入する警察庁野球団と、
サンム(国軍体育部隊)での開幕戦が雨で中止。
その日の朝、滞在していたテグは雨が降っていたものの、
ソウルに着いたときは止んでいたので、てっきり試合があると思って、
球場へ向かうも場外は閑散とした雰囲気。
「式典をやると言ってたのに、やっぱり2軍はこんなものか」と思うが、
球場へ入ると、警備員のおじさんに「何しに来たの?」とのこと。
連絡の行き違いで、中止決定を知らず球場へ。
今季初のチャムシルは、内野にシートが掛かっていた。

そしてきょうは、クァンジュまたは、塩谷選手の遠征先・プサンへ
行く予定も、天気予報を見る限り、長距離の無駄足になりそうな
気配から、チャムシルへの訪問を1日前倒しし、LG対ハンファへ。

今季、弱点を補強し、上昇が予想されるLGと開幕2連勝のハンファの対戦。
試合前、LGに2002年以来復帰の、投手インストラクター加藤初コーチ(元巨人)と、
今季よりLG入りの宇都博之トレーニングコーチ(元巨人)と雑談。もろもろはまた後日。

さて、ゲーム。
両チームともスタメンに、WBC代表組が3人ずついる対戦。
この日の先発は、今季のLGの先発ローテの鍵を握る新外国人・テルレマコと
故障からの復活にかける、ハンファ・チョンミンチョル(元巨人)。

LGはパクヨンテクが3安打2盗塁、
マヘヨンが移籍初となるアーチを「チャムシルでは久々」という、
流し打ちでライトに放りこんだ。1番イデヒョンからの打順は
バランスがよく、今季のLG打線は期待できる。

LG先発のテルレマコは6回を無失点に抑える安定感のあるピッチング。
抑え候補の新外国人・アイバは肘の状態が良くないとのことで、
登板のメドが立たないそうだが、テレマルコの好投は大収穫だ。

チョンミンチョルは5回2/3を2失点。変化球に冴えもあり、
敗れはしたものの、納得のいく投球内容だった。

試合は3-0でLGの勝利。ハンファは開幕2連勝でストップ。
なかなかしまった好ゲームだった。

あすはまた、黄砂が多いとのこと。
球場売店でもマスクを販売中。

☆きょうのあれこれ
・ハンファを率いる、キムインシク監督はWBC韓国代表監督。
日本同様、韓国でも途中からWBCの盛り上がりはすごかったようで、
キムインシク監督の評価もうなぎのぼり。
書店へ行くと「キムインシク リーダーシップ」という本が売れているという。
結構字が大きく、読みやすそうだったので、今度読んでみよう。かな?
キムインシク監督の姿を一目見ようとするファンもいて、
「信じる野球」という言葉も、にわかなブームだ。

そのキムインシク監督。WBC期間中は、日本・アメリカといろいろと
質問をさせてもらったが、久々にお会いしたところ、
きょうは逆に監督から直接、質問攻めにあうことに。
「塩谷は...」「イスンヨプは...」「ウッズは...」などなど。
(タイロン・ウッズ選手の韓国在籍時の監督がキムインシク監督)
その中で「エガワトシオという作家知っているか?」という質問が。
なんでも、サンディエゴでその方の韓国語訳した本をもらったとのそうで、
本の感想については「難しい。。(周囲苦笑)」とのこと。
先程調べたところ、こちらもリーダーの本のようだが、
「なぜ、この本をキムインシク監督が手にしたか?」
ご存知の方はコメントください。

・先日書こうと思って忘れていたこと。
韓国でも一部の球団の多くの選手で「チタンネックレス」がブーム。
(日本の選手が最近、首にしているもの。疲労回復に効果ありとのこと)
これについてもまた改めて。



LG加藤初コーチと宇都コーチ(写真上)
LGの先発、新外国人・テルレマコ(左) ハンファの先発・チョンミンチョル

==============================================
★運営サイト★韓国プロ野球応援サイト ストライク・ゾーン
★著書★おかげ様で3年目。今年も出します韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2006
★個人ブログ★日常生活主義
★個人サイト★室井昌也
『野球』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 開幕2試合目、サムソン対ロッテ | トップ | 塩谷3試合連続安打・連続打点... »
最近の画像もっと見る

関連するみんなの記事