スポーツヲタクの独り言

目指せ毎日アップ。ひねくれものの独白、ぜひ見てね!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

レアル、お疲れ完敗。もう「花相撲」では満足できない日本人

2005年07月25日 23時16分10秒 | サッカー
「銀河系集団」の輝きは影を潜めた。東京Vに0-3で完敗したRマドリードのルシェンブルゴ監督は「本来の力を発揮できなかった。長旅の疲れでコンディションが良くなかった」とあきらめ顔だった。
米国から中国、日本と過密日程の移動で迎えた世界ツアー4戦目。先発にはベッカム、ジダン、ロナウドらが顔をそろえた。しかし前半6分に早々と失点。流れるようなパスワークも、切れのある個人技も見せられなかった。「開始から10分で持ち味が出せないと感じた」(同監督)内容だった。
スター軍団も昨季は無冠。スタンドには空席も見られた。この日午前中のCM発表記者会見でベッカムが言った「日本での2試合には勝ちたい。楽しんでもらうことも大切だ」との言葉は、どちらも実現できなかった。

ベッカム様の人気をもってしても、味スタを満員にするには至らなかったようだ。もう日本人はだまされない。こんなハードスケジュールでの悪コンディションでする「花相撲」に魅力は感じないのだ。
やはりどんな競技も「本場所」の魅力には敵わない。それでも来るべきシーズンに向けてチーム力を高めていくような試合ならまだ理解もできるが、あまりにも「見せてやる」感が強いと、目の肥え始めた日本人には物足りないのだ。
レアルも極東で充分商売してきただろう。今後は日本人選手でも迎え入れないとマーケティング的にはしんどいかもしれない。
ま、それでも同じスペインのどこやらのチームのようにベンチの人数が足りなくなるような貧相な陣容で来日するよりははるかに良心的かな(笑)
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 改革の旗手・貴乃花親方が世... | トップ | 読売、無策のままついに自力... »

コメントを投稿

サッカー」カテゴリの最新記事