三毛猫シスターズのダイアリー

獣医さんから来た三毛猫姉妹ティアラとジュリアとのファンキーでヤンキーな日々をゆる~く書いて行きます。

「手練手管」

2022-05-16 14:02:56 | ジュリアのつぶやき
私がイヤホンで音楽を聴いていると、見ているような見ていないような顔でぼーっとこちらの様子をうかがってる風なジュリア。
                 

「そろそろおヤショクのじかん」
                     
「でしょ?」
                     
「でしょでしょ?」

私がキッチンに立たないと見るや、思わせぶりに猫部屋に水を飲みに行って、ドアの隙間からチラ見。
                 

「ねー、おなかすいた」
イヤだってまだ8時半だし、お夜食っていうからには、もっと遅くに食べるもんでしょうが。
                 
暫く頑張ってみたけれど、仕方なさそうにキャットキューブに戻って来ました。
                 

「おヤショク・・・くすん
という昨日の話。なでろー、かまえーといつもは濁音の混じった巻き舌で鳴くのに、こういう時は子猫じみた声で口を開けずに鳴いて要求してくるのです。シニアな猫は色々テクニックを駆使してくるんですよ、皆様。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「だまっていても通じる?」

2022-05-12 14:15:23 | ジュリアのつぶやき
「おーい、だれかいますかー?」
いやいや、いたらコワいでしょ。
                 
今日も懲りずに人の目の前に座って「念」を送ろうとしています。
                 

「△&〇★・・・@▼・・・」
                     
「わかんない? △&〇★・・・@▼!!」
                     
「だめか・・・」

お水かオヤツかトイレか、トイレかオヤツかお水か。
                 
ジュリアの狭いおでこから発せられる「念」が、ほんっと全然分かんない。
                 

ずいぃー。「これでも?」
ごめん、分からん。
大人になってもわーわー鳴くのはお家猫だけで、しかも人に対してだけなんだそうですね。そういえば、猫同士で鳴いているのって、威嚇以外は見た事ないなー。ティアラとジュリアなんか、無言の取っ組み合いだったし。ジュリアは今の所、何か要求があるときは大声で鳴くことが多いけれど、もしかしたら私に対しても「念」が通じるかどうかお試し中なのかもしれません。



  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「クロネコニャマト便」

2022-05-09 14:27:19 | ジュリアのつぶやき
行きつけのペットショップから配送してもらった「ジュリ用品」(猫砂、トイレシート、ウェットフードのパウチ、尿路下部サポートのフードなどなど)の段ボール箱を開封していると・・・、
                 

「!」
                     
「にゃー」
                     

自らチェックに来ました。やっぱり自分用だから気になるんでしょうか。
                 

ちら。
                     
「ねー、これでぜんぶ?」
                     
「オヤツ、はいってないんだけど」

オヤツはいいの。別のお店で買うから。そーれーにー、オヤツばっかり食べちゃダメ!
猫用品って結構重量のあるものが多くて持って帰るのが大変なので、ものによって配送してもらうようにしています。例えば、猫砂。紙製とか木のヤツとかあるけれど、うちは来た時から鉱物製のを使っていて、途中で紙製の方が軽いと気づいたのですが、もう遅い。猫は寛容性を持ち合わせていません。特にトイレって拘りのある子が多いから・・・。因みにジュリアはナチュラル・ガーデンの香り(?!)がするトイレシートがお気に入りです。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ケモノの手」

2022-05-05 16:06:27 | ジュリアのつぶやき
キャットキューブでお寛ぎ中のジュリアにマッサージのサービスを。
                 
どうでしょう。気持ちいい?
                 

「・・・わるくにゃいワね」
                     
「あー、そこそこ
                     

いつもの猫グッズと思ったでしょ? ちがーう! これは実は、
                    
ヒト用の「まごの手」でございます。ここ2年位ずっと探し続けるも売っていなくて、偶々立ち寄ったデパートの期間限定販売コーナーでみつけたシロモノです。
                 
先端がヒトの手の形じゃなくて、ケモノの肉球になっています。だから、「まごの手」じゃなくて「ケモノの手」ですな。山桜の材で作られていて、適度な重みがあって使い易いです。そして、時にジュリアにも癒しのマッサージができるって、ステキ過ぎる!


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「幾つになっても」

2022-05-02 14:06:49 | ジュリアのつぶやき
「う~~ん・・・」
ジュリア、力いっぱい伸びるの図。今朝起きたら、リビングの床がちょっと冷たかったので、30分だけ床暖を点けました。こんなにモフモフなのに、なんて寒がり。猫って新陳代謝がよくないんでしょうか。その後ベッドルームで色々片付けものをしていると、ジュリア・コールが。暫く無視していると、どんどんボリュームアップするので、猫部屋へ行ってみたら、
                 

ちんまり。
どしたの、ジュリさん。
                 
もしや下りられなくなったとか?
                 
大体なんでそんな端っこに乗ってるかな。落ちるよ?
                 
キャットタワーの台の端をしっかりつかんだ指が心なしかプルプルしているように見えるのですが・・・、
                 

「うーー」
どうすんの、ジュリさん。下りるの、下りないの?
                 

「いまかんがえてるとこ!」
考えて落っこちられても困るので、即効レスキューいたしました。ジュリアの冒険ゴコロは大事にしてあげたいところではあるのだけれどね。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「 てりぶる・にゅーす」

2022-04-28 14:30:48 | ジュリアのつぶやき
すぴ~、すぴ~ぴすぅぴすぅ・・・。
                     

                     

いびきじゃないけど、すぴすぴ言って爆睡しております。こ~んなに至近距離にカメラが寄っても、
                 

ぐいぃーっ。
起きないんだな、これが。天気もぱっとしないから、寝ても寝ても寝足りないみたいです。
                 
それにしても、国内国外ともに救いようのないニュースばっか。北海道は、ティアラとジュリアが家に来る前は、ほぼ毎年旅行に行っていました。北海道って都市部とそれ以外との落差が激しい所だと思うんですよ。件の知床観光船も乗ったことがあります。ウン十年も昔ですが、船を追いかけてくるカモメの編隊にカッパ海老せんを投げたりして、楽しかった思い出があります。
                 
今回の事故はコロナの感染状況というのも根っこにあるかも。長期間行動規制があって、観光専門業者が兎に角苦境を脱したい思いで、無理な事業展開をしたということもあるだろうし、お客さんの方もずっと我慢していたから、海がちょっと荒れていても船を出してくれる所があれば、乗りたいというのもあっただろうし。
全ての方がご家族の元へ戻って来られるように祈っています。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ブースター接種!」

2022-04-25 14:11:39 | ジュリアのつぶやき
すりすり~~ん(アタシのアタシの!)。
あ、ちょっとそこでスリスリすると、BRDプレイヤーに毛がついちゃうんんだけど。
                 

「シツレイしちゃうな
いやいや、まだ換毛期真っ盛りなんですって。
                 
土曜日の夕方、3回目のワクチン接種をしてきました。横浜ってホント、接種券配布がすごく遅くて、前回の接種から余裕で半年以上過ぎてから届きました。
                 
で、今回はモデルナ・ワクチンだったので、巷で言われているように副反応が出るかもしれないから色々準備しましたヨ。ジュリの必需品やら、人間用の調理済みの食料とかも前もって買っといて。
                 

「ふぅ~~ん」
でも、接種量がめちゃくちゃ少なくて、一瞬で終わる感じで、こういうのを拍子抜けって言うんでしょうか。
                 
念のため、昨日はジュリと一緒に家でだらだらしましたが、注射した箇所の周りが強めの筋肉痛になったくらいで、特に副反応もなく終了。かかり付けのお医者さまによると、重大な副反応が出るのは全体の3割程度なんだそうです。それは兎も角、ワクチン接種っていつまでやるのかな。インフルみたいに毎年? ワクチンじゃなくて治療薬の開発にもっと注力すればいいのに、なんて思ったりして。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「いつものこと」

2022-04-21 14:38:10 | ジュリアのつぶやき
シュパパッ。
目にもとまらぬ速さでお水のボウルの水面を右手で切るジュリア。まるで、時代劇の居合抜きの所作のようですゎ、ホント。そして、
                 

ぺろりん。
                     
「あ・・・!」
                     
「みーたーなー」
                     
「マズいぞ」
                     
「まずいまずい・・・」
                     
「なーんてね。いつものことでしょ?」

そうそう、いつものことです。ボウルの周りをびしょびしょにして、お世話係に拭かせるところまでが一つながりのいつものことです。なんかね、ボウルから直に飲むのはジュリア的に作法に反すると思い込んでいるみたい。一体誰に教わったお作法なんでしょう。しかも、いっつも右手を使うから、ジュリアの右手の肉球は常にしっとり加減なんです。そういえば、猫って女子は右利き、男子は左利きが多いんですって。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「多機能トイレ」

2022-04-18 14:19:25 | ジュリアのつぶやき
どこまでが頭か分からないほど、ぎゅうーっとなってます。平年並みの気温と言われているけれど、猫にしてはちょい寒でしょうか。
                 

ザックザック、ザッカザッカ。
パソコンを使う時、配線の関係で猫部屋に間借りするのですが、その私の後ろでジュリア、真剣にトイレ使用中。
                 
中々トイレから離れません。まだ砂カキが足りないのかな。
                 
猫は腎臓や膀胱にリスクを抱える子が多く、早い子では6歳位で何らかの兆候が出てしまうことがあります。ジュリアは幸い今の所、どちらも正常に機能しているけれど、トイレ使用状況のチェックは人間の務めというわけで・・・。
                 

「でたぁー!」
                     
「・・・」
                     
「あと、ヨロシクゥ」

うちのトイレは、排せつ完了お知らせ機能付きなのです。お知らせが来たら、即効お掃除。水洗トイレ並みの早業ですヨ。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「カラスの事情」

2022-04-14 14:24:08 | ジュリアのつぶやき
近くの少年野球場のわきの土手に菜の花がここぞとばかり咲いています。春というには暑すぎる日が、ここ2、3日続いて、窓を開ける機会も増えて来ました。そうすると、
                 

にょ~~ん。
                     

当然の如くジュリアがやって来まして、
                 

「みーっけ!」
                     

向かいのマンションの一隅にロックオン。丁度ジュリアの位置から見上げた先にカラスがいました。うちのマンションには何故か来ないのですが、お向かいさんはカラスに結構人気の物件です。黒くて大きいカラスは目で捕え易いので、ジュリアもワクワクです。が、しばらくすると、
                 

「あ~あ・・・あ~あ~
                     
「もぉにげちゃったじゃん!!」

だーかーらー、人のせいにしないでくれる? カラスも忙しいんだって。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする