Do you really dream of jumping sheep?
(ども 火星人です。株は、やってないお)
Martian Official Weblog



というような話に何か意味があるのかという話ですね。
まあ、「日本」では意味があるようなんですが。

ファッションの話で考えると(ファッショじゃないよ)、ほんとに意味ないですよね。
素敵な服かどうかは、素敵かどうかであって流行っているかどうかとはほぼ別の話。
さらに、その人に似合っているかどうかは、本当に全く別物。関係ないと言っていいですね。

服というものは寒さをしのぐなどの役割が機能して、似合っていればいいわけですよね。あるいは、その服装で何かしらの自己主張をするとか。
主張することと「これ今流行っているんだよ」は正反対と言っていいわけで、結局「流行っている」ものを着たがるという事は何なのかと。
まるっきり「美人投票」ですよね。
せめて「流行っている理由」に何か良い事でもあればいいですけどね。
ファッションの場合は、大抵業界が流行しかけてるわけですからね。同じものを大量生産したほうが儲かるから。
「これ今流行っているんだよ」って、単に業界のまわしものなのか(笑)

ブランド物も似てますね。
ブランド物自体は、まあ質がいいものが多いし、センスも悪くないんですけど、ただブランド名がでかでかと入ったバッグなどが日本では売れたりするんですね。
あれは意味ないですよね。ただCHANELって書いていればいいってもんじゃないでしょ。センスも何もないですよね。

日本ではこの手のが通じてしまうんですよね。
流行に遅れたくないというタイプの人達がたくさんいるのだ。
正しいか正しくないか、良いか悪いか、そういうレベルまで「美人投票」やり出したら怖いですけど、すでに日本はそうなっているようですね。

「時代遅れ」という言葉もありますね。
これも厳密には意味がないんですが、例えば「ミソジニーは時代遅れ」と言うのは通じますよね(笑)
正確には、「ミソジニーは正しくない」んですが、100年前にはそんな感覚を持っている人はほとんどいなかったでしょうからね。

何が正しいか、何がいいものなのか、あるいはセンスがいいとはどういうことか、そういうものは結局流されずに自分で磨くしかないんですよね。

昨日のこれ。
テイラー・スウィフト 1ドル訴訟
「私は自分が人生や社会で恵まれていることは承知しています。また、このような裁判で自分を弁護するために必要な莫大な費用を負担できる能力においても、恵まれているということも認識しています」

「私の望みは、社会が耳を傾けるべき声を持っている人を助けることです。そのために、近い将来、性的暴行被害者の弁護を支援する複数の団体に寄付をしたいと思います」

この立派なコメント。
いや、あちらのセレブはだいたいスピーチするにしてもトレーナーがついていて、「正しい」コメントをするように鍛えられているしライターがいてもおかしくないんですが、これ、日本の与党の議員はこんなコメントできるやつ一人もいないでしょ。
なんですかね、わー国の惨状は。

ダリル・ハンナさんの誕生日なんです。
Blade Runner - I Think, Therefore I Am
I Think, Sebastian,Therefore I Am

Blade Runner - Deckard vs. Pris

ブログランキング・にほんブログ村へ




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )