木洩れ日通信

政治・社会・文学等への自分の想いを綴る日記です。

狙い撃ちと篭絡

2012年04月29日 | Weblog

小沢一郎議員無罪判決。
小沢氏がやって来たような「政治資金管理」のあり方は自民党議員の殆どと民主党議員の一部がこれまでやって来たことであって、政治資金規正法違反罪で強制起訴されたのはやはり「狙い撃ち」されたということなのだと思う。
実業家でもない小沢氏が億を超える資金を動かしていることには不自然さを感じるものの、それなら他の政治家もやってるだろうという感想だ。
自民党の中枢にいた人であり、日本の支配者側の立場に立って来た政治家だった小沢さんが政治家として何をめざしているのか私にはよくわからない。
しかし「狙い撃ち」されたということは支配者側の何かを変えようとしたからなのだろうと思う。
「狙い撃ち」された先輩に鈴木宗男氏がいる。彼もまたちょっとしたスキを突かれて有罪判決を受け服役までした。
「狙い撃ち」されるのは財界側の立場に立ち、かつアメリカに従う位置から国民の側に立つ主張に変わったそれまで保守とみなされていた政治家達だ。
自民党を離党し、その後いくつも政党を結成し、結局それらを潰してきた小沢氏がたどりついた先が2大政党の一方民主党だった。
無理矢理2大政党を装うために議員を寄せ集めた党である民主党。
その民主党が小沢氏の選挙戦略のもと「コンクリートから人へ」、「国民の生活が第一」という社会民主主義的政策に大きくシフトしたスローガンを掲げ、永久与党の感があった自民党から政権を奪ったのである。
小沢氏が説得して候補者とした「小沢ガールズ」と呼ばれた女性達は、これら社会民主主義的政策に親和を感じて立候補を決意したのだと思う。
そして選挙事務所の立ち上げから選挙活動のノウハウを伝授し、かつ選挙資金も用意したのが小沢氏。
市民派と言われていた菅直人も野田を始めとする松下政経塾組もこと今回の政権交代選挙に何も貢献していない、とこれは私の見方だ。
おそらく彼らでは万年野党のまま、やがて解党の運命が待っていたのでは?
しかし国民が期待した政策は、松下政経組やその他ずるがしこい連中の「民主党乗っ取り」によってことごとく潰され、さらに悪化の道をたどることになってしまった。
その乗っ取り劇を可能にしたのが「小沢政治資金問題」だった。
結果として小沢氏は松下政経組の「消費税増税」、「TPP参加」、「原発再稼働」という3悪政策の実現に手を貸すために「国民をだます」スローガンで選挙を仕切ったのかとふと疑ってしまうぐらいだ。

狙い撃ちされるのが右から左にシフトした政治家だとしたら、篭絡されてしまうのが、国民の立場に立つ主張をしてきた活動家や研究者達だろうか。
反貧困の活動をずっとやって来て「派遣村村長」として人々に知られることになった湯浅誠氏。
戦前からの共産党のトップである宮本顕治を父に持ち、スエーデンの社会福祉政策を研究してきた北大教授の宮本太郎氏。
そして在日2世として生まれ、差別にさらされながらも国際政治、特に東アジア政治の研究者として知られるようになった東大大学院教授のカン・サンジュン氏。
彼らを篭絡するのは簡単だ。「金と地位」。
湯浅氏は当時の菅首相に請われて内閣参与になった。本も売れた。
「反貧困」の活動をしてきた湯浅氏は「社会保障のためには消費税増税も必要」という立場になっているとか。
そしてそもそも貧困の大きな原因のひとつである「派遣労働」の法改正、内閣府入りしながら、今までと変わらない骨抜き法の成立に彼はどう対したのか。声が聞こえてこない。
宮本氏も政府の審議委員となって、やはり「消費増税容認」の立場だ。
彼の研究の対象であるスエーデンの消費税は高い。しかしかの国の「消費税」と日本の「消費税」とは中身も仕組みも違う。
「逆進性」を排する形に精査して運用するとでも言うのだろうか。
カン氏も本がバカ売れしてスターになり、NHKが彼を重用すること。
上に上げた人たちは良心的活動家・研究者として世間的に信用されてきた。その人達が「消費税増税賛成」あるいは反アジアの右翼的言論に対して沈黙するとしたなら、普通の人達はそれが世の趨勢かと思う。

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 命より金。原発推進の思想 | トップ | 低線量被曝と被曝労働こそ原... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事