独断偏見妄言録 China's Threat

中国は人類の命運を左右する21世紀最大の不安定要因

反射型ディスプレイの画期的な技術革新:カラー動画再生

2018年01月30日 19時48分15秒 | 科学技術
Oxford University spin-out Bodle scores £6M Series A for its low-powered ‘reflective’ display tech
オックスフォード大学のスピンアウト企業Bodleが低電力・反射型ディスプレイ技術でシリーズA資金600万ポンド(約8億円)を集めた

2018/1/29 by Steve O'Hear
techcrunch.com
シリーズA優先株式は、シード期またはラウンドの初期ステージに投資先企業がベンチャーキャピタル投資家へ最初に発行する株式であり、株式公開(IPO)や会社の売却などの特定の場合に普通株式に転換されることが多い。
シリーズAラウンドは新会社の資金調達において重要な局面である。シリーズAラウンドでの調達額は普通は200万ドルから1000万ドルの間であり[1] 、投資家は企業の10%~30%分の株式を購入する[2] 。シリーズAで調達した資本は普通は製品開発、初期のマーケティングとブランド戦略の実施、社員の雇用及び早期段階での事業運営に着手するための6ヶ月から2年間の資金に使用される。(wikipedia)

Bodle Technologyは低消費電力の反射型ディスプレーの新技術を開発した。

固体反射ディスプレイ(SRD)について、発明者の説明によると、
可とう性物質上およびガラス上での表示が可能である。ピクセルは光を反射するだけであり、画像表示のための電力を大幅に減らすことができる。静止画像の表示には電力を必要としない。画像の色彩は物質構造の干渉作用により作り出すことができる。超薄相変換物質の屈折率の高速スイッチングによりカラー動画の再生が可能である。
同技術はさらに、極薄にできること、低価格であること、戸外での表示が可能であること、液晶や有機ELなどと比較して目に優しいこと、などの利点がある。




反射型ディスプレイの従来技術としてはe-inkの電気泳動方式がある。アマゾンの電子書籍リーダーKindle Paperwhiteなどに応用されている。
e-inkは低消費電力で目に優しいという特徴があるが、白黒画像であり、切替速度が遅いため動画の再生ができなかった。
反射型のカラー表示技術としてジャパンディスプレーの紙のような自然な見栄えで動画表示が可能な反射型LCDがある。バックライトがないため低消費電力であり、液晶とカラーフイルターによるカラー動画の表示が可能である。上記Bodleの技術とは原理的に異なる。

Bodleの技術は開発の初期段階のようである。有機ELは、コダックの研究者による論文発表から実用化まで10年程度を要したことを思えば、SRDの実用化にはかなりの年月が必要かもしれない。しかし、原理的に興味深い特徴を備えており、今後の展開が楽しみである。
日本企業もBodleに出資するなり、対抗技術の開発に着手すべきだろう。

用途の一つとしては新聞の代替がいいのではないだろうか。
新聞記事に特化した表示装置である。
新聞の未来はカラー電子ペーパーにあり

<論文>
An optoelectronic framework enabled by low-dimensional phase-change films
Peiman Hosseini, C. David Wright & Harish Bhaskaran
Nature volume 511, pages 206–211 (10 July 2014)

コメント   この記事についてブログを書く
« 安倍晋三の愚かな決断:平昌... | トップ | 画期的なガン免疫療法の臨床... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

科学技術」カテゴリの最新記事