イギリス/ストックポート日報 《England/ Daily Stockport》

ストックポートから日替わりでお送りする、イギリス生活のあれこれ。ストックポートってどこ?まずは本文をお読みください。

バルセローナ仕込み!本場イギリスで息子が作ったイングリッシュ・ブレックファースト、ベークト・ビーンズ使用例

2019年08月06日 09時00分00秒 | イギリスの料理、食べ物
昨日の、まあ続きです。
ベークト・ビーンズの一缶。


バルセローナから一時帰国した息子がフル・イングリッシュ・ブレックファースト full Englosh breakfast を作ってくれました。


イギリスではおなじみのイングリッシュ・ブレックファースト 、少し前まで働いていたバルセローナのアイリッシュ・パブの人気メニューだったそうです。
バルセローナのアイリッシュ・パブについて書いた記事です。☟

国際都市バルセローナに行って帰ってきました。明るい南国の太陽の下で悲観するイギリスの今後

マッシュルームのクリーム和えはうちの息子のオリジナルレシピだそうです。
私が作ったフルーツケーキに添えるために買ったサワード・クリーム soured cream になんと!お味噌が混ぜてありました。

お味噌の隠し味はパンチがきいていて悪くありません。
ちょっとお味噌の量が多すぎたような気がしないでもありませんが...



上から時計回りに、トースト、ハッシュト・ブラウン・ポテートズ hashed brown potatoes(冷凍食品を買いました)、ベークト・ビーンズ、味噌クリーム和えマッシュルーム、半分に切ってフライパンで温めたトマト、バック・ベーコン back bacon、目玉焼き fried eggs 。

とてもおいしかったです。
昼食に食べたので「オール・デイ・ブレックファースト all day breakfast 」ですね。

私には充分な量ですが、クイズ;実はフル・イングリッシュ・ブレックファーストに必要なものが二つかけています。さて何でしょうか?

答;ソーセージとブラック・プディング black pudding です。

ブラックプディングというのはブタの血と脂を煮て固めた、太いソーセージ状のブリブリした食感の黒い珍味...輪切りにしてフライパンで炒めて食べます。
塩味が効いていて食べられないことはないのですが、私は苦手です!

盛り付け中の上の写真を見てください。
ベジタリアンの夫にはベーコンのかわりに目玉焼きが二つ、その目玉焼きに注目です。黄身がない

サルモネラ菌が怖い夫は、黄身にも火が通るように半焼けの状態でひっくりすよう、必ず注文します。
そんなこと気にならない私(新鮮な卵しか使っていませんから!)や子供たちにも、白味でとじた硬い黄身の目玉焼きを食べるよう、要求するのです。
(昔はよく卵による食中毒があったのだとか)

さすがにプロの調理師の息子には自分の分しか「完焼き目玉焼き」の注文は出しませんでした。


そういえば、アイリッシュ・パブで働いていた息子にとってイギリス料理は「特別懐かしくめったに食べられない食事」ではなかったようです。
イギリスに帰って、家族のためにイングリッシュ・ブレックファーストを作るのを楽しみにしていたようです。

昨晩は鮭の塩焼きと刻んだキャベツ、日本米(カリフォルニア産)の白いご飯の私の手料理を出しました。
息子は我が家の家庭の味をとても喜んでくれました。

スペインでは北ヨーロッパから冷凍されて輸入される鮭は高級食材なのだそうです。




コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 端正な顔立ちのホレイシオ1... | トップ | 怖い!タバコの害、効果がほ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (石関@ノルウェーサーモンかな?)
2019-08-07 14:15:22
息子さん、嬉しい存在ですね!おいしそうなイングリッシュブレックファースト。今回もステキな記事でした。以前の記事でも豚の血の真っ黒なソーセージのお話が出てましたが、味はしょっぱいわけですか、なるほど。

お母さんのしゃけと白飯。おいしいよね!日本人だ。
Unknown (江里)
2019-08-08 18:09:41
イギリスで食べる 鮭は全てスコットランド産

コメントを投稿

イギリスの料理、食べ物」カテゴリの最新記事