イギリス/ストックポート日報 《England/ Daily Stockport》

ストックポートから日替わりでお送りする、イギリス生活のあれこれ。ストックポートってどこ?まずは本文をお読みください。

鉄道橋とその下にたつ、築後200年以上のかわいい六角形二世帯住宅

2016年04月18日 09時00分00秒 | ストックポートとその周辺
昨日の続きです。

ストックポートの町、マープル Marple のそばの散歩道めぐり。

ローマン・レイク Roman Lakes のすぐそばに1865年に建造された、石造りのヴァイアダクト(鉄道橋)があります。

今も電車が頻繁に上を走っています。


道と平行に流れている、ゴイト河 River Goyt は、この渓谷にかつてあった綿織物工場の水車タービンを動かしていた重要な水力減でした。

人口の滝が水量を調節しています。







六角形の水門番のコテージ Floodgate Cottage には今も人が住んでいます。

1804年に建てられたそうです。




入り口が二つあります。

工場の経営者は、19世紀にここに有料道路を通すつもりでした。

このコテージの裏半分が「通行料徴収所」になる予定だったのです。

通行料徴収係とその家族が住むスペースと、水門番とその家族が住むスペースが一棟の家屋を二分する「二世帯住宅」として建てられたのです。

当時 中がどうなっていたか、興味ぶかいですね。

建物のサイズのわりには、煙突が多いのは、2世帯住宅だからでしょうか。

有料道路案は実現しませんでした。

昔のイギリスには私有の有料道路がいっぱいあったようです。

現在はまったく関係のない一所帯が住んでいるみたいです。(一階の窓べにぐるっと一まわり、シリーズのカモの置物が飾られていました。)

ヴァイアダクトの下の小川沿い、ロマンチックですが、ちょっと寂しいですね。

名所のローマン・ブリッジ Roman Bridge を渡ると、すぐ林が始まります。


馬に乗った人は、降りて歩いてわたることになっていました。
橋の両側にあるのが、この石の階段です。

馬に乗るときの、足がかりです。

ローマン・ブリッジの写真はまた明日。

↓↓↓画像をクリックしてください。はい、ありがとう。





コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 静かな池のほとりの、立派な... | トップ | 古代ローマの由来は名ばかり... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
近所です (romiley)
2016-04-23 12:04:07
はじめまして、眠れずに海外blogを検索していたら、ゴイト川、マープル、などなど、我が家の近所でビックリです!ストックポートでは日本人の方を見かけた事がなかったのでもうビックリしてしまって、ついついコメントさせていただきました。こちらの散歩ルートの歴史も大変勉強になりました。また覗きにきますね。
romileyさん、ようこそ (江里)
2016-04-24 07:29:16
ストックポート在住の方のお目にとまって、感激です。実は、はじめて、じゃないかな・・・?地元の方にコメントをいただくの。うれしいです。日本でイギリス情報を探すかたって、コッツワードとか湖水地方とか、ロンドンとか、あるいはフィッシュ&チップスとか知られたキーワードで探す人がほとんど。なかなか新しい読者の方に見つけてもらえないんです。
イギリスには、地元の人しか知らないようなこのマープルの散歩道のような美しい場所「地球の歩き方」にのっていない名所、日本で知られていない食べ物、などなどなど・・・・・・・・がいっぱい。ということを日本の皆さんに知ってもらいたくてはじめたブログです。
イギリスに住んでいる方に読んでいただいて、ご意見、アドヴァイスなどいただけたら、とてもうれしいです。これからもよろしく。2014年の12月にマープルのアクアダクトについても長い散歩記事を載せました。
そのうち再訪記事とその際にはリンクを載せますが「ストックポートとその周辺」カテゴリーをスクロールしていくと出てきますので、もしお時間があったらちょっと見てみてくださいな・・・
読者登録しましたよ (romiley)
2016-04-25 00:40:42
すでに楽しませていただいておりますよ(笑)猫ちゃんたち可愛いですね。

仰る通りですね、日本のイギリスのイメージはロンドンとか、ピターラビットやらロイヤルファミリーばかりで、食事もまずいと決めつけれらていますね(笑)

私は初めてストックポートに足を踏み入れてから12年が経とうとしているのですが相変わらず自分から進んで調べる事がないので、近辺の記事情報がとても嬉しいですよ。また遊びにきますね♪
読者になってくださってありがとう (江里)
2016-04-26 03:15:11
ブログをはじめたときに、どこかに行ったり何か食べたりするたびに感想を書くだけではなく、できるだけ背景や歴史を調べて、調べた知識をご披露するように心がけています。読む方が「今日はイギリスについてひとつ(どーでもいいことだけど!)ならった」とおもっていただけたら、うれしい。私も知らなかったことを発見するのが楽しいです。

どこかでお会いするかもしれませんね。

コメントを投稿

ストックポートとその周辺」カテゴリの最新記事