イギリス/ストックポート日報 《England/ Daily Stockport》

ストックポートから日替わりでお送りする、イギリス生活のあれこれ。ストックポートってどこ?まずは本文をお読みください。

一個で三色楽しめる怪しげなピーマン、そういえば、イギリスの伝統駄菓子によく似ている!

2019年08月23日 09時00分00秒 | イギリスの野菜、果物
近所のコンビニで、三色ピーマン一袋を買いました。


赤、黄、ミドリのセットで売られていることが多いピーマン(bell pepper)、1ポンド38ペンスは高いです。コンビニ価格です。

夕食の支度をしてくれることになっている息子には「赤、黄、ミドリ」をたのまれていたのですが、赤であるはずの一つの三色変化の魅力には抗いがたく、この袋を選びました。



(ほかのパックはすべて鮮やかな単色の赤、黄、ミドリばかりでした)



息子が昨晩作ったのは、私の得意料理でもあるチリ・コン・カーン chilli con carne。


炒めた玉ねぎ、ピーマン、ひき肉、唐辛子(チリ・ペッパー)をトマトで煮込んだ素朴な料理です。
うちではパプリカ(辛くない唐辛子の粉)とナツメグもたっぷり入れます。

写真☝の小さめの鍋に入っているのがベジタリアン版。肉の代りにマイクロプロテインの「ミンチ」が使われています。
大き目の鍋に入っているのがオーセンティックな牛肉使用。

アメリカ、テキサス発祥のメキシコ料理、でなぜか分類はアメリカの国民食となっています。

日本でも最近はよく食べられているようですが、イギリスでは1960年から70年代にかけて普及したかなり古典的なエキゾチック料理です。

ぼそぼそした長い粒のライスと一緒に食べるのが普通ですが私のうちでは炊飯器で炊いた日本のお米(カリフォルニア産)を使います。

あああ~ ご飯に添えた写真を撮るのを忘れました。
今日は別にお料理の記事をのせるつもりではなかったのです。



...お料理の記事ではないといいつつも、ついでですから牛ひき肉と、小分けにして一食分を解凍したマイクロ・プロテイン(製品名はクオーン・ミンス Quorn mince)の写真をお見せします。


買った時には気がつかなかった、三色ピーマンの「赤」の色が「トラフィック・ライト trafic light」という棒付き飴(ロリ・ポップ lollipop)みたいだ!と言ったら、息子と夕食に招待した息子のお友達も賛成してくれました!!





写真☝はずうっと前にストックポート日報に載せた記事からの転載です。

昔からあるらしい、なめているとだんだん色が変わるイギリス伝統の「駄菓子」、トラフィック・ライト(交通信号!)

今日のカテゴリーはイギリスの料理、食べ物 でも イギリスのお菓子とデザート でもなく、イギリスの野菜と果物 です。
コメント   この記事についてブログを書く
« 不滅です!マンチェスターの... | トップ | シュール!安売り店のただの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

イギリスの野菜、果物」カテゴリの最新記事