イギリス/ストックポート日報 《England/ Daily Stockport》

イギリス北西部の歴史ある街、ストックポートから(ほぼ)日替わりでお送りする、イギリス生活のあれこれ。

どう見てもパグ!言われてみればなんとなくビーグル?あまり意味のないイギリスで人気のデザイナー犬、パグル

2018年09月29日 08時00分00秒 | イギリスの犬
昨日、ストックポートのタウンセンターで見かけた犬です。


「パグ?」と飼い主に声をかけたら、「違う、パグルだ」と訂正されました。

パグル puggle は時々見かけるイギリスではけっこう人気の、パグとビーグルを掛け合わせて出来た「デザイナー犬」の一種です。

デザイナー犬というのは異なった種類の犬種どうしかけあわせて、よりかわいらしい見かけのイヌを創作するアメリカではじまった好みの犬種の注文制作のようなブリーディングです。

うーん、これどう見てもパグですが。
哀愁漂う表情といい巻き上がってお尻に張り付いたしっぽといい…ああ、色も。


口吻のつぶれ具合が足りないのとパグにしては大きめなのがビーグルっぽいといえなくもないですね。

名前はデクスター。
偏見か?どちらかというと労働者階級の人がイヌにつけたがる名前の典型です。

「お、マミーが出てきた」


デクスターと飼い主の男性は安売り衣料店の前でデクスターのマミーが買い物を終わるのを待っていたようです。
こちらに向かってくる水色のトラッキー(スエット上下)着用の女性がマミー。

去年ストックポート日報 に載せたパグルの記事です。☟リンクを貼りましたのでぜひ読んで下さい。

もっとずっとビーグルらしい端正な顔立ちのパグルの写真が載っています!

かわいい!パグとビーグルの合体犬、イギリスで大人気


デザイナー犬といっても所詮は雑種です。
よりパグに近いイヌ、あるいはビーグルに近いイヌ、生まれてくるまで見かけは予想がつかないものです。
子犬の時にビーグルっぽかったからといって成犬になってからもビーグルっぽい特徴を保っていられるかどうかも保証がありません。


デクスターは、どう見てもパグです!

純血種は犬種固有の病気を遺伝で持っていることが多いらしいので、悪い遺伝を回避する目的で犬種を掛け合わせることがあるそうです。
しかし、パグとビーグルの組み合わせはどっちの先天的疾患も併せ持つイヌが多く生まれることが報告されているとか?

ジャックラッセル・テリアとパグのかけ合わせも見ものです!名付けてジャッグ!

ずいぶん古い記事ですが写真がありますので見てください。☟

かわいいけどなんかへん、しつけの悪いジャックラッセルテリアとパグの混血  ・

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 青空に映える白い飛行機雲、... | トップ | みごとな紅葉はまだ少し先。... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
夫婦喧嘩は存在しない (浅井洋)
2019-09-19 16:27:21
江里さま
  デックスターが労働者階級に好まれる
そうですか そんな 事が あるのでしょうか

ガリ勉の 管理職を 小馬鹿にして 犬の名前にとか

 トラッカー は 縦に白い線の入った トレーニングパンツかと 思ってました
 
  パーカー(フーディー)見たいのが トラッカーですね  知らない事が 多いので

  読んでて 楽しい  有り難うございます
浅井さんへ (江里)
2019-09-22 05:48:30
「トラッキー」はトラックスーツの略だと思います。トラックスーツはたぶんアメリカでの言い方だと思うのですが、イギリスでは耳にしません。
もっぱら略語だと思われる「トラッキーズ」で通っています。
日本でいうトレイナーとそろいの生地(スエット地?)のズボン(スエットパンツ?)のセットです。
ちなみに、日本では、縦に白い線の入ったジャージのズボンのことをトレーニングパンツといいますよね。(略してトレパン)。イギリスでは要注意です!イギリスではトレーニングパンツというのは、おむつの取れる小さい子供にはかせるゴムの入った自分で上げ下げできるタイプの紙おむつのことです。
ついでです...今では日本でもアメリカ式にズボンのことを「パンツ」と呼ぶようですが(私が日本にいた頃はパンツなんて言うとファッション関係の業界用語みたいに聞こえたものですが)イギリスでは十中八九、「アンダー・パンツ」=下着のパンツのことを指すのでこれまた要注意!です。ズボンのイギリス英語はトロウザーズです。

デクスターの他にも労働者階級に好まれる犬の名前、子供の名前があるのですよ。
日本にもありますよね、「キラキラネーム」とか言ったと思います。
キラキラネームとはちょっと違うかもしれませんが、何となく家庭的背景が見え隠れするものなのです。

興味を持っていただいてうれしいです。

コメントを投稿

イギリスの犬」カテゴリの最新記事