イギリス/ストックポート日報 《England/ Daily Stockport》

ストックポートから日替わりでお送りする、イギリス生活のあれこれ。ストックポートってどこ?まずは本文をお読みください。

ミステリアスな霧の午後、にぎやかなスーパーはキッチュなクリスマス・ジャンパーの宝庫!

2017年12月19日 09時00分00秒 | イギリスのあれこれ、生活のひとコマ
霧のストックポート、昨日の午後です。
一日中 濃い霧で、見通しが悪く、空気が冷たく湿っていました。

ストックポートのマーケット・プレイスの教会、セント・メアリーズ St.Mary's。





まだ、午後の3時40分ごろでした。



写真を撮ったのは、ストックポート・タウンセンターの、スーパー、アスダの立体駐車場の上階。





魔法の世界のようなミステリアスな外の風景と打って変わって・・・

アスダの内部。入口付近の窓に陳列された・・・


・・・☝アスダのオリジナル ノーム。売り物です。
ノームというのは、もともと北欧伝説に出てくる庭小人というか、妖精なんだそうです。
たいてい、2~3頭身のずんぐりむっくりした白髪白髭のおじいさんで、小鳥を手や肩にとまらせたり、釣り竿を担いでいることが多いです。
レトロでキッチュな庭のマスコットというか、お守りとして、イギリスでは人気です。

通常、緑の上着に茶色いズボンですが季節限定のサンタ衣装。

サンタ夫人まで!
普通は少年のエルフ(サンタのお手伝い小人)まで白髪白髭のノーム版!

変態的な薄気味悪さ!
誰が買うんだろう。

クリスマス・ディナーに招待されたいたずら者が嫌がらせにお土産として持ち込むとしか買う目的が考えられません。

スーパー、アスダは価格が安いので知られる、大手スーパーのひとつです。

クリスマス間近の殺人的混雑を避けて、昨日買い出しに行きました。

必要なものはおおかた買い込みました。
他に思い付いた半端なものは、近所の価格が少し割高の、コンビニ等で買い足してもいいでしょう。

駐車場はぞっとするほどいっぱいでした。

店内は、駐車場の混雑のわりには、空いていました。

通常よりにぎわっていたのは確かです。クリスマスの一週間前ですから。
町にクリスマス・プレゼントを買いに来た大勢の買い物客が、駐車場をちゃっかり利用しているようです。

街なかの、大型スーパーはすべて、5ポンド以上買い物をした客に、無料で2時間まで駐車スペースを提供しています。

この時期のスーパーはキッチュ衣料の宝庫!

クリスマス・プレゼントの定番、靴下!


男性用、もちろんジョークです。
クリスマスが終わって履いている人がいたらお目にかかりたい。

ティーシャツ。


女性用セーター。


「クリスマス・ジャンパー(クリスマス定番モチーフのセーター)」のファッション・バージョンのつもりでしょう。

この裏側にも、もうちょっと恥ずかしさの増す「伝統的な」柄バージョンが多数ありました。

まんなかに雪だるま、ルードルフ(赤鼻のトナカイさん)、クリスマス・プディング、を配したものやサンタやエルフの衣装を模したもの、などです。

男性用のセーターも別の場所にありました。

子供用は、かわいいですね!
  

この日は、アスダ店内に、通常より多めに配置されたスタッフ全員が、店の売り物の「クリスマス・ジャンパー」を着て接客をしていました。
クリスマス・ジャンパーを着て来店した客も多数。

サンタの帽子をかぶったダースべーダーのセーターを着て突っ立っていた男性に「失礼ですが、店員さん?」と声をかけたら、「さっきも聞かれたけど、違うよ!」と言われました。

まぎらわしい。
「濡れ毛布」の私は本当にクリスマスにはうんざり。


比較的、高級志向のスーパー、セインズベリーで。


エルフ elf に self check-out(自分で会計するレジ)をかけた、情けないダジャレ。ちょっとかわいいです。

前回の記事も併せて読んで下さい!説明の補足として。
クリスマス気分満載!ショーウィンドウのあれこれ


↓↓↓画像をクリックしてください。はい、ありがとう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« クリスマス気分満載!ショー... | トップ | イギリスのクリスマスはしゃ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (T子)
2017-12-19 09:49:57
写真がとてもきれいになりましたね。素敵です!
私は世間の流れに逆らって、いまだにガラ携です。
必要がないのに毎月の使用料が今の倍以上になるので替えないんですが、私もかなりの"wet blanket"ですから・・・。
冬の霧 (八幡@やんやーやマクビティーズ)
2017-12-20 02:51:52
針葉樹林の中の湿った冷たい空気を吸うのは、けっこう好きです。
イギリスだと、霧も絵になりますねぇ。

ノーム、Tシャツから、改めてクリスマスのはしゃぎぶりを実感しました。
日本も最近パーティピーポーとかいうお調子者が渋谷辺りで馬鹿騒ぎをしますが、まだまだ叶わないですね。
写真、はしゃぎぶり (江里)
2017-12-21 08:15:05
T子さん、写真を褒められてうれしいです。ありがとう。スマホのカメラ、フォーカスがシャープです!
4年も、息子のお古のスマホを使っていたんですよ。カメラはあまり役に立ちませんでした。もっと早く買い替えていればよかった!買い替えといっても、月々高額の使用料を払うシステムで、2年で支払い契約終了、スマホ電話機が自分のものになります。
う・・・確かに高いです、使用料が。ティ―ンエイジャ―のように四六時中携帯画面に見入っているわけじゃない私、試案のしどころでした。結果的に良かったです。
これを機に、インスタグラムにイラストの投稿もはじめました。
80代の私の母までスマホを購入、パソコンもいじれないのに、今では私のブログを出先で人に見せたり、フェースブックのメッセンジャ―を活用したり、重宝しているようです!

パーティーピーポーの話は以前八幡君に聞きました。日本のパーティーピーポーはさすがに職場でパーティー扮装はしていまい・・・。イギリスでは職場で浮くみたいですよ。濡れ毛布していると・・・介護の仕事をしているときにサンタの帽子をかぶされたのを今思い出しました。その次の年は柊のブーケを襟にさして勘弁してもらった覚えが・・・
グーグルして実態を見てみますね!

コメントを投稿

イギリスのあれこれ、生活のひとコマ」カテゴリの最新記事