イギリス/ストックポート日報 《England/ Daily Stockport》

ストックポートから日替わりでお送りする、イギリス生活のあれこれ。ストックポートってどこ?まずは本文をお読みください。

新年の初散歩、近所のカモ池でエサ撒き、やってくるのはカモだけではない、今やもう珍しくもないエキゾチックな中国カモ

2019年01月04日 09時00分00秒 | イギリスのあれこれ、生活のひとコマ
1月1日に年初めの散歩に出た時の写真です。



近所のブラモル・パーク Bramhall Parkに湿気たシリアルをひと箱の三分の一ほどもって行ってカモその他にやってきました。


ココア味と普通の味のシュレディーズを家でミックスしてきました。
息子が好きなので同じころにひと箱ずつ買って同時に湿気ちゃいました。息子が朝食を食べずに出ることが多くなったので。

もったいないことです!

堂々と池端に上がってきて食べ物を要求するカナダ・ガンの足元にばらまいても、大きくて不器用なくちばしでは薄いシュレディーズは拾いにくいようです。



水に撒いてもパン屑と違って、すぐに沈みます。
食べにくい、あまり歓迎されないエサだったようです。

「新年の初散歩」で予想通りのちょっとした人出ですが、予想と違ってエサをやる人が意外と少ないためかエサ撒きの人の気配を感じると どっと集まってきます。


イギリスには新年の「初~」という感覚はないようですが。新年もただの昨日の続きです。

20年ぐらい前は珍しかったけど今ではどこでもうじゃうじゃいる外来のカナダ・ガン Canadian goose、野性のアヒル、マラード mallard、黒い水鳥 モーヘン moorhen がおなじみのメンバー。


そして、人目を惹くのがマンダリン・ダック Mandarin duck。


オシドリですよね?

チャイニーズ・ダックと呼ぶ人もいます。

2~3年前は、わざわざやって来て写真を撮る人がけっこういるぐらい貴重な存在で、第一この人目を惹く美しさ、私も大騒ぎで写真を撮って ストックポート日報 に載せたおぼえがあります。



こっそり捕まえて池のある大邸宅に住むお金持ちに売れるかも、なんて思ったこともあるぐらいです!

もう、ぜーんぜん、珍しくない。彼らも確実に数を増やしています。

今まで気を付けて見たことはなかったのですが、この手前の地味~な色のがメスのようです。


ハデハデで一目をひくのはオスだったんですね。

(奥の黒いのはモーヘンです)

「オシドリ夫婦」という表現があるぐらいなので つがいはいつも仲良く一緒にいるものだと思っていたら そうでもないようですね。
どうやらカップル関係は一生続く、ということからの呼び名だそうですがいつもベタベタ一緒にいなくてもいいみたいですね。



池や運河にいる水鳥にパン屑を撒くのは環境上も、鳥の健康のためにもよくないのだそうです。
食べきれず水に沈んだパンは水質を汚染し青藻の発生源になるそうです。

シリアルも実は似たようなものかもしれません。

家にあるものをエサに撒くならオーツやハト麦、グラノーラなどの全粒「健康シリアル」が良いのだそうです。
イギリス中を網の目のように走る(かつての)産業用の運河を管理するカナル・トラスト Cannal Trust がチラシやウエッブサイトで呼びかけています。

ブラモル・パークの丘の上、ブラモル・ホール Bramall Hall(公園や地名とはつづりが違います) 正面のクリスマスツリーには日中から灯がともっていました。




↓↓↓画像をクリックしてください。はい、ありがとう。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 新年あけましておめでとうご... | トップ | 環境について考えて行動に移... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あけましておめでとうございます (花粉症)
2019-01-06 06:22:11
今は、オシドリなんているんですね!びっくりです。15年前はダックばかりだったような。。。。(うちの子がパンをやっていて手を噛まれました)
餌ですが、パンも良くないのでしょうが、”ココア味”なんて絶対NGですよ(糖分)!

ちなみにオシドリというのは、”おしどり夫婦”の語源ではありますが、本当は一夫多妻制。メスが卵を生み終えるまでは”自分の子孫”のためにメスに張り付いていますが、卵がかえれば次のメスを探しに行く浮気者です。
カモ (石関@まだまだ晴天続行中)
2019-01-06 06:48:29
あたし、ハトなんか鳥にエサやるの好きです。綺麗なカモですね。鳥達はなぜ男子が綺麗な模様なんでしょうね。ずるいです笑笑。

日本ではハトにエサをあげれる場所がありません。フンをして近所迷惑だからだそうです。
以前はハトをみると持ってたパンなんかを置くとわさわさと降りてきたものです。

今は上野あたりまで行かないとあげられないのかな。
オシドリ、ほか (江里)
2019-01-07 08:30:10
花粉症さん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
15年前にもすでにカナディアングースが幅を利かせていたはずです!
でオシドリ夫婦、あらら一死ぬまでつがいじゃないんですね。トキみたいに一羽が死ぬともう一羽はそばを離れず飢え死に(あれは伝説?)、からきてるんだと。さすがにそばを離れず、ってことはなくても二度と生殖活動しないのかと…。知らなかった。ちょこっと本文描きかえた方がいいカモ。
ココア味に限らずシリアルはよくないです。砂糖が入っているのはみな同じ。イギリスではすべての加工食品に100グラム当たりティースプーン何杯分の糖分が含まれているか明記することを義務付けようという動きがあります。肥満大国イギリスでは、シリアルとヨーグルトは子供の肥満の隠れた大原因です。

え、鳩にエサあげちゃダメなの?神社、お寺ではエサ売ってませんか!?
日本はだめといわれたら皆やめるのがすごい。携帯電話通話とか歩きたばことか!

でもあれだけ「歩きスマホをやめよう」とそこら中に書いてある!(絶対書きすぎ!国民はガキか??)英語や中国語でまで書かれているのに、みーんな、おじさんおばさんまで歩きスマホやってるのはなぜなぜなぜー!!!!!?????他の人もまだやってるから?
いたかなあ?? (花粉症)
2019-01-09 05:56:13
いたのかなあ?あまり覚えていません。少なくとも、2001年にそちらに移り住んだ頃移した写真は大きいのは白のアヒル(かも?)ばかりです。小さいのは茶色っぽいカモ(カルガモ?)も写っていますが。(逆に江里さんの写真には白いのが一羽も写っていませんね)

鳩の話は,他の方のレスなのでわかりませんが、住宅街などだとうるさいかもしれませんね。ベランダにふんされて布団が汚れたり、野良猫も餌やる人がいるとベランダに入り込んだり、子供を産んだりして苦情がでますから。  神社は。。。。どうなんだろう?昔浅草寺に修学旅行でいったとき、餌もないのに鳩に体中に乗られたことがありますから、あの頃はえさやりしていたのでしょうね。
カルガモ?白いアヒル? (江里)
2019-01-11 09:22:42
私がブラモールに越してきたのは1999年、しょっちゅう行っているブラモルパークに白いアヒルなんて見たおぼえがないです。野生のカモも、カルガモ(東京の皇居にいる細くて首の長いの)じゃなくてすべてマラードなはずだけど。うーん。花粉症さんがいらして写真撮ったの、ほんとにブラモルパークですか!?
神社仏閣での生類へのエサやりは神様や仏様の見ているところで普段殺生をしている小動物への供養をする立派な償い行為のはずでは?今はダメ?
一番上の写真と同じところ (花粉症)
2019-01-12 20:03:07
一番上の写真と同じ場所で写真とってます。
2001年の8月です。茶色系(首のあたりが緑の)の小さいのは一羽も写っていません。写っているのは当時3歳の子の方くらいまでの大きさの白いアヒル(あるいは鴨)と、同じ大きさのカナダガン(でも白いアヒルのほうが数は多い)です。全体的に白系ばかりです。
一番上の写真と同じところ (花粉症)
2019-01-12 20:03:27
一番上の写真と同じ場所で写真とってます。
2001年の8月です。茶色系(首のあたりが緑の)の小さいのは一羽も写っていません。写っているのは当時3歳の子の方くらいまでの大きさの白いアヒル(あるいは鴨)と、同じ大きさのカナダガン(でも白いアヒルのほうが数は多い)です。全体的に白系ばかりです。
白いのは…! (江里)
2019-01-15 18:51:27
カナダガン(canadian goose) と同じ大きさ?3歳児の肩の背丈?じゃあそれはイギリスの農家でかつてはクリスマスディナー用に必ず飼われていた、ガチョウ(goose)です!!
そういえば、かなりたくさんいました!思い出した!生息地は丘を取り囲む林の中の小さめの池。長い池の方にもエサを求めて出てきていました。それで納得。気が荒く、ブラモルパークでも小さい子供を池に引きずり込んだという話が伝えられています。産卵シーズンには小さい池に近づかないという人も確かにいました。今はいません。卵を盗む人もいたとか?一時たくさんいてもオスメスのバランスが悪かったりしたら数代限りですからね、ブラモルパークからは絶滅したかも。

コメントを投稿

イギリスのあれこれ、生活のひとコマ」カテゴリの最新記事