イギリス/ストックポート日報 《England/ Daily Stockport》

ストックポートから日替わりでお送りする、イギリス生活のあれこれ。ストックポートってどこ?まずは本文をお読みください。

雨の日のバス停、荷物のように抱えられてバスを待つ忠犬。

2018年09月23日 09時00分00秒 | イギリスの犬
平日の午後、雨がしとしと降る、ストックポートタウンセンターのバス停で、バスを待ちました。


傘をささなくてもいいぐらいのサラサラ雨がほとんど毎日降り続けるイギリスの秋冬の到来です。
日本の夏の通り雨のようにシャーっと降ってからっとあがる雨はめったになくて、一日中ダラダラ小雨が降ったりやんだり。



金髪の女性の小脇に抱えられ、じっとしているお利口な中型犬。



あまり静かにじっとしているので、イヌだということにしばらく気が付きませんでした。

話をせずこっそり写真を撮ったので、名前も犬種も不明です。

10分近くはこうして待っていたはずです。
片手で重いでしょうに、持ち替えることもおろすこともなく時々ゆすり上げて持つ態勢を多少調節していました。

ストックポート日報でもたびたび取り上げている、バスや電車に乗るイヌ。
ほかの乗客に迷惑をかけない限り、公共交通機関にイヌをのせるのは全く問題ありません。

私の乗るバスが来る前に別のバスにイヌを連れて乗り込んだこの女性、窓際の席に落ち着いたのが外から見えました。

犬は床におろしたようです。
窓の外からは見えませんでした。
膝に乗せると隣に座り合わせた人が嫌がるかもしれないという配慮でしょうか。

バスを待つ間ずっと抱えていたのはイヌの足が濡れるのを防ぐためではないか、と思うのですが。



さてこの女性、一日雨が降り続くこの日、濡らしたくないイヌを連れてタウンセンターのどこで何をしていたのか?

もしかして、職場で、仕事?

4時前です。早朝シフトの終業は3時だし、イギリスではすっかり一般化したオフィスのフレクシブルタイム制、ちょうど早めの退社時間です。

商店や理髪店に飼い主と出勤するイヌの話題もストックポート日報ではおなじみですが、イギリスではどういう事情かオフィスに飼いイヌを連れてくるのも決して珍しいことではないのです。

おそらく上司と同僚の同意は必要だとは思いますがおとなしくしている限り犬連れを禁止する理由は思いつきません。
規律の問題とか考えればあるでしょうけど。

介護の仕事をしていた時、夜勤にたびたびシェパード犬を連れてくる同僚がいました。
引き継ぎミーティングにイヌも参加して、後は一晩中スタッフルームで寝ていたようです。

夫が以前働いていたソフトウェア開発会社には夏休み中の小学生の息子と飼い犬のブルドッグを連れて出勤してくる男性がいました!
ブルドッグ見たさに訪ねたことがあります。

息子は空いた席で一日中コンピューターゲームをしていたようです。
ブルドッグも空いた席に陣取って机の上にあごをのせて寝ていました。




↓↓↓画像をクリックしてください。はい、ありがとう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 突然、消費者啓もう運動に乗... | トップ | クリスマス気分の高揚はクラ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
しとしと雨☔ (石関@帯状疱疹痛い)
2018-09-23 19:04:09
そうですか。だからイギリス製のジャケット類は質が良いのですね。少々の雨も乗り切れる。秋冬到来ですね。

日本は多分、盲導犬以外はケージにいれないと犬猫は運べないはずです。日本の犬は...かなりしつけがなってないかも。バスや電車に乗せれるとはちょっと思えないかも💦

ドックトレーナーがひっぱりだこな日本です。犬がかわいすぎてしつけができないから、お金を払ってドックトレーナーにしてもらうのです。テレビでよくやってます。
長雨 (kakowaka)
2018-09-24 17:44:56
むかし、春も夏も秋も雨が降り、冬は雪が降るなか、たたずむ羊の絵がついたハガキを買いました。
イギリスはいつもいつも雨ばかり、と言いたげな羊さんでした。羊さんは、傘をささないですむ程度とはいえ、憂鬱な顔をしてました。

ところで、日本では、職場に犬を連れてくるなんてありえませんが、以前、職場である現場に子供を連れてくる職人さんがいました。子供は一日中、くるまでの中で遊んでました。外に出たら、普通の街中より危険がいっぱいなので、よくよく言い聞かせられたのでしょう。
雨、職場に子供、え、ジャケットが? (江里)
2018-09-25 07:07:26
イギリスの夏は雨が少ないです。
建築現場に子連れとはいったいどんな事情でしょう。今なら、日本でも法律にふれそうですね、車に一日中閉じ込め(?)とくなんて。休憩所にでも言い聞かせておいとくわけにはいかなかったのか?事務の人やまかないの人に迷惑かかるのを配慮したのか?
息子の以前の勤め先(事務)にもバカ犬がいて、お客さんの前でクッションで疑似交尾をしているお下劣な映像を仕事中に送り付けてきたことがあります。
イギリスのジャケットの質が良い?どこで聞いたんですか?いえ、それなりの値段のものを買えば質の良いものも買えますがもちろんピンからキリですが。日本ではかなり安い衣料でもしっかりできているのは確かですね。力ボタンがついていたり、夏物にも裏地がついていたり。
私が留学する前に、イギリス旅行を何回もしている人にイギリスの衣料は高くて質が悪いので買わないようにというアドヴァイスを受けました。夏にも冬物が、冬にも夏物が片隅に雑然と半額以下で売れるまで永遠に売り場に残っているとも教えてもらいました。行ってみたらウソだと判明。そりゃーそういうところもあったのだろう。しかし30年前は、イギリスの衣料品の質の悪さは日本で喧伝されてたのが事実です。

コメントを投稿

イギリスの犬」カテゴリの最新記事