イギリス/ストックポート日報 《England/ Daily Stockport》

ストックポートから日替わりでお送りする、イギリス生活のあれこれ。ストックポートってどこ?まずは本文をお読みください。

かくれていたカリフラワー、暗がりで花が成長、よく見たらけっこうかわいいクリーム色の花束

2019年03月15日 09時00分00秒 | イギリスの野菜、果物


窓辺のアレンジメントです。
バルセロナに行った息子に託されたゴツゴツサボテンの隣の白いのは…カリフラワーです。


1週間以上前に買って忘れていたカリフラワーが出てきました。
3日前の話です。

なぜか冷蔵庫ではなく、じゃがいもと玉ねぎを入れておく木箱に紛れ込んでいたのです。


カリフラワー、花キャベツとも言うそうですね。

花芯というらしい蕾(食べられる白い部分)が分かれてポツポツ伸び始めていました。
残念、その時の写真は撮りませんでした。

食べるとまずそう、もったいないことをしました!
捨てないで乾いた茎の下を切り取りコップ半分くらいの水につけてみました。

1日ですっかり水を吸い上げ、花が開き始めました!



買った時に花芯のまわりの少し残っていた葉が枯れ始めています。

もうちょっと観察を続けてみようと思います。


コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 日本人のこの私が買った!自... | トップ | イギリス中の善男善女とよい... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kakowaka)
2019-03-15 09:30:26
カリフラワーって、花だったんだ!
って、フラワーだもんね…
成長すれば、花、咲くわけね。
当たり前だけど…

食べられなくなりそう…
Unknown (江里)
2019-03-16 00:23:39
そう、あれつぼみだそうです。食べられなくはないと思うけど栄養がみんな花を開くのに行っちゃってる…?
Unknown (石関@まだ雪が降ってる所あり)
2019-03-16 08:39:45
下のほうのカリフラワーはお店で売ってる感じが強く、食べられそうですね。上の方は分かれているからか、カリフラワーには見えない笑。カリフラワーの天ぷらが大好きです。

持ち主がいなくなったカクタスたち。
持ち主もバルセロナでがんばっているのでしょうか。

コメントを投稿

イギリスの野菜、果物」カテゴリの最新記事