イギリス/ストックポート日報 《England/ Daily Stockport》

ストックポートから日替わりでお送りする、イギリス生活のあれこれ。ストックポートってどこ?まずは本文をお読みください。

辱めを受けた偉人のその後.....威厳を取り戻した姿を臨むカフェの窓

2019年05月18日 23時29分56秒 | 恥ずかしい!イギリス
地元の英雄、19世紀の国会議員、リチャード・コブデンの銅像が見えるカフェで食事をしました。


はい、先週の記事のリンクです☟。

郷土の誇り、地元選出の国会議員、地元での尊敬の念はいまひとつか?若者に親しまれる堂々たる銅像

ロードコーンをかぶせられ、ビールの空き缶を持たされた手には靴下まではかされ(もう片方の靴下はちゃんと地面の台座の前に置かれていました)、ズボンには怪しげなバッテンマークのスティッカーまで張られたコブデン像の写真を撮った2日後の写真です。
いつの間にかスッキリもとの姿に戻っていました。

さすがお役所、仕事が早い。
カフェの背中合わせのすぐ裏がいくつもの建物に分かれている市庁舎分館です。

セント・ピーターズ・スクエアに面したカフェの名前はずばり、Cafe on the Square 。

カフェにはものすごく大きな鏡があります。


こんな大きな鏡は今まで見たことがないのですが直線がかすかに湾曲して写ります。
もしかしたらガラスではない?

読み応えのある記事を予定していたのですが、昨日今日と忙しくしていて、写真の整理をする時間がなかったので急遽、「事後報告」記事に変更です。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 晴天の日、駐車されている車... | トップ | おなじみバクストンの景勝地... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (石関@明日は嵐みたい)
2019-05-20 21:32:59
こんなに大きな鏡は珍しいですね〜

コメントを投稿

恥ずかしい!イギリス」カテゴリの最新記事