イギリス/ストックポート日報 《England/ Daily Stockport》

ストックポートから日替わりでお送りする、イギリス生活のあれこれ。ストックポートってどこ?まずは本文をお読みください。

12月のマンチェスター、クリスマスにはまだ ちょっと間がある 平日の午後

2017年12月15日 20時56分14秒 | イギリスのあれこれ、生活のひとコマ
クリスマスまで、あと10日余り、用事がなければ避けたい、人でいっぱいの 12月半ばのマンチェスターのショッピングエリア。

マンチェスターまで足を運ばなくてはならない事情があったのです!

厳密には、用があったのは ショッピングエリアの中心からはちょっと離れた場所だったのですが...

どうせ来たのだし、ものすごい数のショッピング客が目の色を変えて 人込みをかき分け ものすごい数のクリスマスプレゼントを買いあさっている 狂乱のショッピングエリアをちょっと覗いていくことにしました。

平日です。
12月のショッピングエリアで動悸がしたり、めまいを感じた年もあったのですが、この日はそれほど酷い人ゴミでも殺気立った雰囲気でもありませんでした。
まだ、クリスマスまではちょっと間があります。


冬のマンチェスター名物、町中に広がるものすごい規模の クリスマス・マーケット Manchester Christmas Market


...の、ごくごく、一部。

平日なのに、すごい人出です。
お昼時でもあるので、職場の休み時間に抜け出してきた人たちもかなりいるようです。

毎年ドイツ人がこの場所に店を出す、ジャーマン・ソーセージ屋。


イギリスではもう、ジャーマン・ソーセージはクリスマスの風物詩のひとつのようになっています。

日本でソーセージと言えば このドイツ風ですよね。

イギリスでは、一年に一度、この時期、クリスマス・マーケットでしか食べられません。
(もちろん、一年中売っている店や、食べさせるドイツ料理やなどもあるはずですが、クリスマス前にクリスマス・マーケットで店を出しているドイツ人から買って食べるもの、という認識が浸透しているのです!)

イギリスのソーセージは、薄い皮にピンクの裏ごしした豚肉とハーブと小麦粉が詰まった生タイプ。

私が今回食べてみたのは、ドイツのストリートフード、ベルリン・カリ―ボワスト Berlin currywurst  。


ジャーマン・ソーセージの輪切りが、ケチャップでカレー粉を溶いた甘辛いソースにどぶっと浸かっています。
パンと、立ち食いフィッシュ&チップス用の、木の二又フォークが付いてきます。

ものすごーく安っぽい!というか、子供っぽい味でした。
あまり認めたくないけど...おいしかったです!

ドイツでは大人がビールをぐびぐび飲みながら食べるみたいですね!
のどが渇きました。

このくどいソースをソーセージに塗りたくって炙りやきにする食べ方もあるそうです。



ソーセージ屋の前のデパート、マークス&スペンサー Marks & Spencer (M&S) のウィンドウ・ドレッシング(ショーウィンドウの飾りつけ)は、センスが良いと、好評です。


今年のクリスマスキャンペーンには、クマのパディントンが、企業マスコットとして使われています。
今、劇場公開中の 「Paddington 2」とタイアップ、イギリスではあまりみない商法です。



クリスマスのショーウィンドウにはクリスマスプレゼントを使った飾りつけが圧倒的に多いんです。
特に、デパートをはじめとする、商店全般で。

プレゼントを買え!という暗示を消費者にかけるサブリミナル効果でも狙っているのかもしれません。


ちょっと、M&Sのショーウィンドウをご紹介したついでに、明日からはまた、イギリスのクリスマス・ショーウィンドウについて、もう一度書いてみるつもりです。

明日、更新するのかって?
します!








↓↓↓画像をクリックしてください。はい、ありがとう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« クリスマス・カードの題材!... | トップ | クリスマス気分満載!ショー... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カリーボワスト (八幡@やんやーやマクビティーズ)
2017-12-16 17:49:20
クリスマスプレゼントのショッピング客目当ての出店が出るなんて、やはり文化の違いを感じます。
ご存知日本もプレゼントの争奪戦はあるものの、出店までは出ませんし、まして名物なんてないですもんね。
ケチャップにカレー粉。シンプルな組み合わせですが、美味しく感じるのも分かるような気がします。
出店 (江里)
2017-12-16 18:03:08
クリスマスマーケットの出店は、もちろんプレゼント買いをあてにしていますが、それだけじゃないですよ。
ジャーマンソーセージやダッチパンケーキ、パリ風クレープを食べ、ホットワインを飲む、この時期ならではの欧州ストリートフード食べ歩きを楽しみに人が集まる季節のお祭りみたいになっています。
クラフト品や海外の手工芸品など普段 一般の店で見ない商品を見て歩くのも楽しみの一つ。実は二週間前の日曜日に行ったんです。家族で。カメラが例によって不具合で写真は載せられませんが。
すーごい人。プレゼント買いの勢い、すごかったです。
買い物の量は日本では考えられません!

コメントを投稿

イギリスのあれこれ、生活のひとコマ」カテゴリの最新記事